2018年7月 5日 (木)

西郷どん展

上野の山に自転車で登るのに斜面が折り返すルートがあります。今の自転車だとちょっと苦労だし強い逆風にも悩まされました、芸大の「西郷どん」展は見ごたえたっぷりでその疲れはふきとびました。

IMG_2405

地下の第1会場に降りると、石川静正による肖像画迎えてくれます。これは面識のある士族が思い出して描いたものです。有名なキヨッソーネのものは近親者の写真を基につくられたものですが、面影は共通のような気がします。

3Fの第2会場の入り口には禁門の変の屏風絵が出迎えてくれます。
西郷は幕末の動乱の立役者の一人として価値を認められているわけですから薩摩のみならず、雄藩や幕府の動きも追う展示となっています。当時の鹿児島の資料や薫陶を受けた斉彬、対立し同盟した長州、勝海舟や慶喜の資料が整理してまとめられています。篤姫の調度品など何度か博物館で目にした品物もあります。
木製の大砲なんて珍しいものがありました。西郷や薩摩藩が使ったわけじゃないでしょうが同時代品として展示されています。「風雲児たち」にもちゃんと描かれていたものなので実物を見る機会を得てとても興味深いものでした。
    
「漂巽紀略」があったのは感嘆しました。アメリカから帰ってきたジョン万次郎が琉球・薩摩を経て土佐に戻った時に川田小竜に体験を伝えたものです。なんだか「風雲児たち」の世界を追っている気分でした。  
   
維新ののち、西南戦争が西郷にとってもこの国にっても重大な影響をもたらしたわけですが、日本赤十字のコーナーがあります。そういえば博愛社の設立はこの西南戦争をきっかけとしたことを思い出しました。上野戦争や会津戦争では敗軍の死者はあえて見せしめに放置されたことが伝わります。それが負傷者であればどちらの側でも救護するように意識が変わり始めました。
でも西郷の敗北して自決するという行動に至る気持ちはまだ変わってなかったんですね。

この展覧会は17日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

豊島の長崎富士

恒例の山開き、今回は千川に足を延ばしました。去年雨で断念した富士塚です。時間の都合で電車を使いましたが天気が良く、帰りは下りの行程なのだから自転車をたたんで持ってくればよかったと反省しました。   
駅を出て広い千川通りを左に折れると、ずっとまっすぐ続く住宅街の中の通りが社庫に突き当たり、駐車場の合間から姿を望めます。児童公園を回り込んむとフェンスに囲まれた富士塚があります。    
IMG_2414 IMG_2415 IMG_2417 IMG_2418   
現在は無住となっている浅間神社はこの山開きのとき(7月第一土日)だけ、扉があけられて上ることができます。鳥居の後ろの石灯籠もフェンスでおおわれています。右手に浅間神社本殿、正面奥には三峰神社の社、左に富士塚入り口の小さな鳥居があります。   
1合目からジグザグに山道が削られ、あちこちに奉納の石碑や石像が置かれています。たいへん状態がよく、修復の記録に石碑も文久、昭和・平成と何度も繰り返していることがわかります。町の人の強い思いなんでしょう。長崎村の南端の椎名町のひときわ大きい碑がいくつか残されています。    
小野照先神社の下谷富士とこれ、練馬の江古田富士の三つが都の文化財となっています。      
IMG_2420 IMG_2421 IMG_2430 IMG_2432   
山頂までの道は、(あえて?)歩きづらいところもあって、デジカメ片手に降りるときは足元にヒヤリとすることもありました。   
3、4人立つといっぱいになる頂には祠がしつらえてあります。当地は江戸時代には農村地帯でした。畑と雑木林が周囲に広がっていたでしょうし、かなり遠くから山容を見ることもできたでしょう。   
IMG_2437 IMG_2439 IMG_2440   
滅びる運命を逃れて過去をよみがえらせてくれる、この日の参拝者の中にも同じような気持ちの人がいたはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

大江戸今昔めぐりを仮想Androidで

出かけるときにはタブレットPCもスマホも両方持って出かけるようになりました。バッグからPCを取り出すにはちょっぴりだけど手間。   
スタンプラリー機能の、浅草七福神めぐりの残りを完走しましたが、GPSで現在地にジャンプしてスタンプボタンを押すという手順はらくちんです。(アイコンが込み合って押しづらい時もありますけど)   
     Screenshot_20180704053653
なお、スタンプを全部集めても「参加中」のままだとわかりました。これでは一遍きりで、二回目ができません。毎年同じ七福神巡りをするという使い方には向きません。ユーザーが多く希望する人が多くなれば、そういう要望も通るかもしれないのが、スマホの希望です。もうPCソフトにワクワクするものは出ないのかもと思ってしまいます。    
   
でも単に現代地図と江戸地図を見比べるにはタブレットPCの人い画面にはかないません。    
   
そこでWindows10にAndoroidoエミュレータをインストールしてその上で今昔めぐりを動かしてみることにしました。使用したのはNoxです。ゲームを主な目的にしているようですが、これだってゲームのようなものです。無事に起動できましたが、PCがATOMなんで動作はぬるぬるです。タッチでアイコンは反応しますし、画面スクロールも追従します。ピンチで拡大縮小がかなりのタイムラグがあります。残念ながら期待した画面の比率がスマホと変わらず広範囲に地図を見られませんでした。PC本体のGPSとも接続できないようでした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか)

スマートフォンを使い始めて半年たちます。SIMなしでwifiルーター経由でネット接続するだけという使い方です。ノートPC(内)とタブレットPC(外)を使っているのですが運動量の記録アプリ一つだけのために入手しました。通話は携帯さえめったに使わないですし。   
スマホを持ち歩くようになると少しずつ役割も変わってきます。外出時の音楽再生がスマホに移りました。もともと移動中は携帯でそしてタブレットで落語を聞いていたのが、BTヘッドフォンがwindows10になってから8.1より不便になったのです。   
   
そして以前から気になっていた江戸ー現在連携地図「大江戸今昔めぐり」(2017)をダウンロードしました。地図原本の作成は中川恵司さんで、同氏の手によるPCの「江戸明治東京重ね地図」(エービーピー:2004)と比べてみましょう。ほかの切絵図ソフトによくあるように江戸切絵図をそのままつかわず、現代と位置合わせがしてあるところが最大の長所であることは同じです。    
データは江戸の地図はPCのものを流用してるように見えますが、表示範囲が少し広がっています。PCでは荒川までだったのが江戸川までとなったり、南も羽田まで北は朝霞・新座まで含まれます。「今昔散歩 重ね地図」(ジャピール) や「今昔散歩」(Bemap)は販売停止になっているので確認できませんが、10数年のうちに江戸再現地図は広がってきたのでしょう。   
New2江戸明治東京累地図の範囲    
mainimage_02v2今昔めぐりの範囲(HPから)点線が重ね地図の範囲とは!
   
   
インターフェースは進歩していて、指のピンチ操作でズームします。GPSで現在地にジャンプするのは当然ですね。東京の外にいるときは江戸図のほうは範囲外となります。    
現代地図はPCと違ってグーグル地図を表示しています。ランドマークは地名や限られた公共施設だけが置かれているのは使用ライセンスの関係でしょうか。二つの地図の透明度をバーで指定して重ねます。また両地図を並べて表示するモードも設けられました。どちらか一つの地図だけにも切り替えられます。    
どちらもネットで動的にダウンロードしているので接続がないところでは使えません。    
New3重ね地図
Screenshot_20180604-043952Screenshot_20180604-164017二画面表示
Screenshot_20180605-145235   

江戸地図にはいくつかの独自アイコンが並べられ、社寺や屋敷、史跡、坂、橋などをタップすると情報ウインドウが開きます。ただ、墨田区の秋葉神社の史跡アイコンが名所江戸百景「猿わか町よるの景」紐づいていました(同「秋葉の境内」のアイコンもある)。報告すると直るのかな?    
Screenshot_20180604-043854   

スマホではやはり画面の小ささが不満です。23区ぶんはスクロールできますが、視認性はタブレットに負けます。とくに二画面モードは小さい。PCソフトが進化することはもうないのかもしれませんが、アンドロイドタブレットまで手を出すことは容易ではありません。   
   
これが無料アプリなのはありがたいが採算が不思議です。アプリ内に広告もなく首をかしげていたら、今日から両国の商業施設のクーポンが配布され始めました。これからそういうタイアップが充実していくのかもしれません。スタンプラリー機能もあらたに加わったもののようで、法人が有料で登録できるシステムです。   
現在は「縁結びラリー」「鬼平ラリー」「元祖山の手七福神めぐり」「浅草七福神めぐり」「日本橋七福神めぐり」に参加できますが、ちょっと不足ですね。広告効果を狙った企業を呼び込むのかもしれません。   
   
すぐ近くの「浅草七福神」でラリー機能を試してみました。参加を選択すると、目的地の一つに近づいた時(250m以内)スタンプを記録できます。地図上のスタンプマークをタップするのですが、二つのラリーのポイントである今戸神社にはさらに情報マークも置かれていて地図を拡大して確実にタップできるようにしたほうがいいです。   
Screenshot_20180607-074717Screenshot_20180607-064215Screenshot_20180607-064244Screenshot_20180607-064354   
気になるのは一度参加を選んだら解除する方法がないことと、ラリーを制覇したら二巡目が可能かどうか不明です。七福神は毎年巡る人もいますから。おいおい試してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

NHK「大江戸」

放送を逃すまいと2台で録画しました。期待した通りのクオリティの江戸CGでしたが量は物足りません。あと2回の放送でどんな姿を見せてくれるか楽しみにしていたところ第2回は米朝会談で飛んでしまい、6月10日に延期になりました。 
    
Softdma_20180606_090702108
冒頭に江戸時代以前から町が出来上がっていく俯瞰図を見せてくれたのがよかった。俯瞰CGが一番好きです。水道橋からの神田川や愛宕山から武家屋敷のCGは事前番組でも流れていましたが、精細写真が残っていて近年注目され、そのデータを使って3Dに起こせるようになったのは巡り合わせに感謝です。このCGの中を歩き回りたい! 
Softdma_20180606_091636611 Softdma_20180606_091646855   Softdma_20180606_091902129 Softdma_20180606_091903864 Softdma_20180606_091907702
 
第3回「江戸の火災」の予告映像だと火災旋風が描かれるようです。江戸の町にどのように広がったか時間・地域をおって俯瞰で見せてくれるといいなぁ。    
   
事前に江戸東京博物館の「大江戸」展のミュージアムトーク(学芸員の解説)にも行きました。友の会だとこういうのにもこまめに参加できます。終わってダッシュで帰宅すれば年寄りのデイサービスもどりに間に合います。    
今回のNHKとのコラボは先方から話があったものだそうですが、博物館には資料協力を求めるものの内容はまったく通知がないのだそうです。だから企画展示の「大江戸」のほうは博物館独自で構成したものです。展示後期には「江戸始図」が置かれていますが、博物館で検討したところだと城門の変遷から見て江戸城最古期の姿とはいえないのではないか、NHKではどう紹介するか楽しみといっていました。番組で「始図」はチラリと映しただけでしたが、そこから3Dに起こしてはいましたね。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

火の見櫓

昔から時代劇にでてくる火の見櫓といえば垂直の梯子のてっぺんに半鐘が吊るしてあるものでした。だから江戸に興味を持つようになってから屋根つきの見張り台がある形式を知りました。浮世絵にはちゃんと描かれているんですけどね。

ではそれは今はどこで見られるかというと、深川江戸資料館に実物大で再現されています。上ることはできませんが。この春、和船に乗った深川の河岸に火の見櫓を模した物置を見ました。そのうちに江戸川区の公園に再現火の見櫓があることを知りました。
SH3I0113 IMG_2125

場所は新船堀橋を渡って少し南に下がったところ。江東区の中川船番所資料館と相対する位置です。資料館は小名木川が旧中川と交わるあたり、もともとの番所近くです。小名木川はそこで終わっていますが、行徳の塩田へ続いていたわけです。江戸川区側のその新川のあとに親水公園として整備され、江戸を思い起こさせるモニュメントとして火の見櫓が置かれました。
IMG_2298 IMG_2337 

終了日に船番所資料館の江東の浮世絵展を見るついでにその親水公園に足をのばしました。浮世絵展は江東の各地ごとに作品を並べてあり、見ごたえがありました。つい先日、太田記念美術館で広重生誕150年で名所江戸百景全作をみましたが、江東区の持つ江戸百もきれいな状態です。

公園はは休日にもかかわらず人がほとんどいませんでした。火の見櫓には土手に上がって駐輪し、階段を下りて向かいました。つつじもまだきれいでしたが、塀のつくりも江戸を意識したような場所です。土日は内部に入れるようになっていますが、係が「巡回中」と看板を残してしばらく待つことになりました。
中に入ると、再現度の高さに驚かされました。土台がコンクリなのはしょうがありませんが、ちゃんと木造です。釘も和釘(?)を使っています。窓板を跳ね上げて止める金具も古風です。現代のビスはわずかにしか確認できませんでした。残念ながら半鐘は展望室にありませんでしたが、眼下に親水公園が延びていて気持ち良い景色でした。
IMG_2305 IMG_2334 IMG_2310 IMG_2320
IMG_2324
あとで二つの橋にも行ってみましたが、すべて(見る限りは)木造で、その徹底ぶりに驚きました。
IMG_2345

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

竹内誠先生の講演を聞く

ここしばらくTVでもお見かけしないと思っていたら,体調を崩されていたそうです。江戸東京博物館友の会の総会・記念講演会で元気になったお姿を見るチャンスを得ました。。家に年寄がいながらノコノコ出向いたのはこの講演が予定に入っていたからでした。

今回の話は「西郷因縁話」と題し、まず大久保と西郷の和解の件から。大久保没140年の法要をめぐってひと悶着あったけれど妥協と歩みよりがあり、法要が西郷慰霊塔の前でおこなわれ安どしたそうです。

恩讐をのりこえるというと赤穂と吉良では合同で祭が行われたり、水戸と彦根するけれど、会津と長州の間では大相撲の巡業でも出身力士の宿を遠くにとるなど苦労があり、先年は自治体レベルで和解を見送るまで行きました。

続いて高村光雲と上野の西郷象の話、西郷生存説などに話題が移りました。

あと5冊著書を上梓するつもりだったのにまだ果たせていない、のだそうです。意欲満々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

深川江戸資料館の「目で見る落語の世界」

GW向けの企画で6日で終了です。端的にいうと落語イラスト展です。風景漫画家の方(三遊亭好楽の著作の表紙も描いている)の落語を題材にしたイラストが50点強展示されています。それもただ落語をイラストに移したというのではなく、「落語漫画」と称してさまざまなデフォルメが加えられています。たとえば文七の飛び込もうとする吾妻橋は現在の橋だったり、「紺屋高尾」の花魁のバックに描かれた大門は明治期の鉄製の装飾だったりします。
他にイラスト自慢の落語家の描いた作品や過去に資料館でひらかれた落語界のチラシなんかも大量に展示されていました。

会場奥には、三遊亭円朝と古今亭志ん生の高座の人形が控えていて、模型心を刺激されました。

この資料館ではこれは「イベント」の扱いで、ときどきHPを見てはいるのですが、直前まで見落としていました。常設展示の深川の町並みの中で「年中行事・端午の節句」の飾り付けがしてあるのは新鮮でした。写真のような幟で祝われていたんですね。
IMG_2232IMG_2235IMG_2231
解説ボランティアの方が数名常駐しているのもこの資料館の特徴です。申し込みとかしなくても街の中に歩いているので、つかまえて教えてもらうことができます。まえまえからの疑問があります。江戸初期にこの深川佐賀町あたりは微高地でした。広重の江戸百でいうと「深川洲崎十万坪」や「砂むら元八まん」には、当地がまだ湿地帯だった様子が描かれています。かつては深川八幡近くに海岸線があり、江戸市中の塵芥を集めて埋立された場所でした。それがやがて新田になって茄子やネギの産地、さらには町屋に移り変わっていきました。
農作物には塩分は厳禁です。どうやって江戸時代には塩を抜いたのかちょっと当たっただけではわからなかったのでガイドさんに聞いてみたのです。答えは意外なものでした。
「塩が抜けるまで待つ」のだそうです。土木機械ではなく時間を使う、そんな発想が自分にはできませんでした。雨が降って、深川にめぐらされた運河を水運だけでなく塩の排出にも-役立てる。どれくらいの時間が必要かはわかりませんが、江戸時代の人の忍耐に脱帽です。(でも自明のことだから資料が見つからなんでしょうね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芭蕉記念館の「江戸名所」

両国回向院の角を曲がると一ノ橋。そのまま進んで小名木川を渡る万年橋にさしかかる手前を曲がると芭蕉稲荷神社があります。ここにはかつて芭蕉が庵を結んだと伝わります。のちに武家屋敷となりやがて大正時代、洪水のあと、芭蕉が愛でたという蛙石が見つかったので、社を立てて祭ったものです。すぐ近くに古くからの地域の鎮守もあって、その先で隅田川堤防に上がると、そこは芭蕉庵史跡展望庭園です。眼前に隅田川が広がり、清洲橋が正面に見えます。時間によって向きを変える芭蕉像が川面を向いています。小さな水たまりのような池にはオタマジャクシが泳いでいるので、やがて親になるのでしょう。
IMG_2224IMG_2227IMG_2228
芭蕉記念館がほど近くにあり、チラシで「江戸の名所と俳諧」と題した企画を知ったので出かけてみました。詩歌とは縁遠い生活ですが、江戸の名所と絡めてくれれば興味がわきます。
初めて入館しましたが、ずいぶん古い建物です。3階に常設展、2階にその企画展会場です。2階は吹き抜けになっていてぐるりと板葺の庇がとりまいて庵の風情です。江戸名所図会のさまざまなページが開かれて掲示され、その場所に関連する俳人や作品が説明されていました。
IMG_2223 IMG_2220

芭蕉は300年前の作品が伝わっているだけで凄いと思ってましたが、常設展示で「自筆の奥の細道・野坡本」が残されていて、数年前に発見されたというのは驚きました。(ネットで調べると異論もあるようです)

三館共通券を買ったので、近くの深川江戸資料館に移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

江戸東京博物館のミュージアムトーク

再オープンしたので、かねがね考えていた「友の会」に入会しました。目的は常設展への年間パスで展示がえやイベントの時に気軽に入場できるようになります。区内の北斎美術館・たばこと塩の博物館では必ず会期の前・後期、両方に入場していますし、スタッフや外部講師の解説・講演(特に落語会)とたびたび出かけることができます。
ただ、江戸東京博では博物館が年間パスを売るのではなく、友の会に郵便振替で申し込んで、会から会員証と規約が送られてくるのを待つことになります。今回は送付まで2週間ほどかかりました(だから有効期間は日付ではなく入会月)。

とどいた翌日に「写楽の目、歌麿の恋」についてのミュージアムトークがあって、ギリギリ間に合いました。
たいていの美・博物館のイベントが土曜日に開催されるのに対してここはどうも金曜日固定のようです。土日の入場数をみるとそれもうなずけます。どの展示も人だかりがすごいですから。

4時開始のトークを日本橋の下で待ちます。時間にワイヤレススピーカーと幟がやってきてたちまち20人ほどが集まりました。「写楽…」の展示場、日本の美ルームに移動します。そこで作品を移りながら学芸員が解説をしてくれ、芝居と遊郭コーナーまで歩くわけですが、平日の会場とマイク・スピーカーのおかげで集団と行動を共にしなくても話がよく聞こえました。途中から合流しても、早めに離脱してもOKです。
作品の解撤は展示の場所に十分書かれているわけですが、そこは学芸員、エピソードを豊富に持っていて時間が押してくるほどです。
IMG_2185
写楽の「市川蝦蔵」はこの博物館のロゴマークの基になっているのですが、この度ようやく入手できたのです。学芸員さん曰く「後発の博物館は写楽のような現存数が少ない作品は入手が困難で、江戸東京博には2点しかない」 なるほど悲願の作品だったのでしょう。借用ではすませたくなかった結果、所蔵して(フラッシュなしでの)写真撮影が可能でした。
遊女の浮世絵には、吉原細見の該当するページがわきに開かれています。しかしその名前は半年後の細見にはもう見ることができない。そんな情報もミュージアムトークならでのものでした。めったにな幸せな見受けをされたか、よくある悲しい運命が見舞ったのか。
IMG_2191
次回は「NHKスペシャル 大江戸の見どころ」が27日に予定されているので見逃せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«相撲博物館の「大相撲の幕開け」