2018年5月 1日 (火)

深川江戸資料館の「目で見る落語の世界」

GW向けの企画で6日で終了です。端的にいうと落語イラスト展です。風景漫画家の方(三遊亭好楽の著作の表紙も描いている)の落語を題材にしたイラストが50点強展示されています。それもただ落語をイラストに移したというのではなく、「落語漫画」と称してさまざまなデフォルメが加えられています。たとえば文七の飛び込もうとする吾妻橋は現在の橋だったり、「紺屋高尾」の花魁のバックに描かれた大門は明治期の鉄製の装飾だったりします。
他にイラスト自慢の落語家の描いた作品や過去に資料館でひらかれた落語界のチラシなんかも大量に展示されていました。

会場奥には、三遊亭円朝と古今亭志ん生の高座の人形が控えていて、模型心を刺激されました。

この資料館ではこれは「イベント」の扱いで、ときどきHPを見てはいるのですが、直前まで見落としていました。常設展示の深川の町並みの中で「年中行事・端午の節句」の飾り付けがしてあるのは新鮮でした。写真のような幟で祝われていたんですね。
IMG_2232IMG_2235IMG_2231
解説ボランティアの方が数名常駐しているのもこの資料館の特徴です。申し込みとかしなくても街の中に歩いているので、つかまえて教えてもらうことができます。まえまえからの疑問があります。江戸初期にこの深川佐賀町あたりは微高地でした。広重の江戸百でいうと「深川洲崎十万坪」や「砂むら元八まん」には、当地がまだ湿地帯だった様子が描かれています。かつては深川八幡近くに海岸線があり、江戸市中の塵芥を集めて埋立された場所でした。それがやがて新田になって茄子やネギの産地、さらには町屋に移り変わっていきました。
農作物には塩分は厳禁です。どうやって江戸時代には塩を抜いたのかちょっと当たっただけではわからなかったのでガイドさんに聞いてみたのです。答えは意外なものでした。
「塩が抜けるまで待つ」のだそうです。土木機械ではなく時間を使う、そんな発想が自分にはできませんでした。雨が降って、深川にめぐらされた運河を水運だけでなく塩の排出にも-役立てる。どれくらいの時間が必要かはわかりませんが、江戸時代の人の忍耐に脱帽です。(でも自明のことだから資料が見つからなんでしょうね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芭蕉記念館の「江戸名所」

両国回向院の角を曲がると一ノ橋。そのまま進んで小名木川を渡る万年橋にさしかかる手前を曲がると芭蕉稲荷神社があります。ここにはかつて芭蕉が庵を結んだと伝わります。のちに武家屋敷となりやがて大正時代、洪水のあと、芭蕉が愛でたという蛙石が見つかったので、社を立てて祭ったものです。すぐ近くに古くからの地域の鎮守もあって、その先で隅田川堤防に上がると、そこは芭蕉庵史跡展望庭園です。眼前に隅田川が広がり、清洲橋が正面に見えます。時間によって向きを変える芭蕉像が川面を向いています。小さな水たまりのような池にはオタマジャクシが泳いでいるので、やがて親になるのでしょう。
IMG_2224IMG_2227IMG_2228
芭蕉記念館がほど近くにあり、チラシで「江戸の名所と俳諧」と題した企画を知ったので出かけてみました。詩歌とは縁遠い生活ですが、江戸の名所と絡めてくれれば興味がわきます。
初めて入館しましたが、ずいぶん古い建物です。3階に常設展、2階にその企画展会場です。2階は吹き抜けになっていてぐるりと板葺の庇がとりまいて庵の風情です。江戸名所図会のさまざまなページが開かれて掲示され、その場所に関連する俳人や作品が説明されていました。
IMG_2223 IMG_2220

芭蕉は300年前の作品が伝わっているだけで凄いと思ってましたが、常設展示で「自筆の奥の細道・野坡本」が残されていて、数年前に発見されたというのは驚きました。(ネットで調べると異論もあるようです)

三館共通券を買ったので、近くの深川江戸資料館に移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

江戸東京博物館のミュージアムトーク

再オープンしたので、かねがね考えていた「友の会」に入会しました。目的は常設展への年間パスで展示がえやイベントの時に気軽に入場できるようになります。区内の北斎美術館・たばこと塩の博物館では必ず会期の前・後期、両方に入場していますし、スタッフや外部講師の解説・講演(特に落語会)とたびたび出かけることができます。
ただ、江戸東京博では博物館が年間パスを売るのではなく、友の会に郵便振替で申し込んで、会から会員証と規約が送られてくるのを待つことになります。今回は送付まで2週間ほどかかりました(だから有効期間は日付ではなく入会月)。

とどいた翌日に「写楽の目、歌麿の恋」についてのミュージアムトークがあって、ギリギリ間に合いました。
たいていの美・博物館のイベントが土曜日に開催されるのに対してここはどうも金曜日固定のようです。土日の入場数をみるとそれもうなずけます。どの展示も人だかりがすごいですから。

4時開始のトークを日本橋の下で待ちます。時間にワイヤレススピーカーと幟がやってきてたちまち20人ほどが集まりました。「写楽…」の展示場、日本の美ルームに移動します。そこで作品を移りながら学芸員が解説をしてくれ、芝居と遊郭コーナーまで歩くわけですが、平日の会場とマイク・スピーカーのおかげで集団と行動を共にしなくても話がよく聞こえました。途中から合流しても、早めに離脱してもOKです。
作品の解撤は展示の場所に十分書かれているわけですが、そこは学芸員、エピソードを豊富に持っていて時間が押してくるほどです。
IMG_2185
写楽の「市川蝦蔵」はこの博物館のロゴマークの基になっているのですが、この度ようやく入手できたのです。学芸員さん曰く「後発の博物館は写楽のような現存数が少ない作品は入手が困難で、江戸東京博には2点しかない」 なるほど悲願の作品だったのでしょう。借用ではすませたくなかった結果、所蔵して(フラッシュなしでの)写真撮影が可能でした。
遊女の浮世絵には、吉原細見の該当するページがわきに開かれています。しかしその名前は半年後の細見にはもう見ることができない。そんな情報もミュージアムトークならでのものでした。めったにな幸せな見受けをされたか、よくある悲しい運命が見舞ったのか。
IMG_2191
次回は「NHKスペシャル 大江戸の見どころ」が27日に予定されているので見逃せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

相撲博物館の「大相撲の幕開け」

いつでも行ける=行かないの法則で足を運んでいなかった相撲博物館。ファンサービスで本場所のとき以外は無料ですが、土日は開いてなかったりということもあります。
IMG_2181
相撲博物館では資料の豊富にある、現代の展示をすることが多いのですが、今回は「大相撲の幕開け」というテーマで江戸時代の資料が豊富です。そして目玉が「釈迦ヶ嶽」の肖像。落語の主役の一人でもありますし、その等身大の絵が修復されて公開されているとあって見逃すわけにはいきません。

博物館は1室だけで、それほど広くはありません。事務室の前を通って入口左手の壁面から展示が始まります。相撲の幕開けですから工業が成立する前の「辻相撲」の絵巻物、師宣の浮世絵にも土俵が埋め込まれていない古い時代の相撲を描いています。次の壁面には目玉の釈迦が嶽像。実物大肖像の前に建つと迫力があります。ただでさえ2mを超える巨人がさらに高い場所から見下ろします。よく残っていたと思うものが14歳、20歳、21歳の時の手形。贔屓筋が大事にとっといたのでしょうね。さらに、手形の「写し」まで残っています。
そこから次の壁面には勝川派の力士の立ち姿の浮世絵が壁面に並びます。2人組で9枚、土俵入り、立会いの図が続きます。部屋中央のケースの中には大相撲黎明期の軍配・番付や秘伝が展示されています。小野川の勝敗表には稲川や谷川の名も見えます。
入口右手の壁面には歴代横綱の写真が置かれ、これは常設なのでしょう。

これは4/20までで終わり、その次も「寛政」のテーマで雷伝為衛門なんかを取り上げる予定ですから、続けて訪問しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

天理ギャラリーの「諸国名所絵図めぐり」展

博物館や美術館の催しを知るのはネットでなく文化施設においてあるパンフであることがほとんどです。ネットだと存在を知らないイベントは見つけづらい。パンフはクリアフォルダーに想定訪問順に並べて、そのあとはスキャンしてPDFで保存します。本ももう電子書籍か図書館だし、物をためて残さないように心がけています。
天理ギャラリーという施設はそんなパンフを見た時まで知りもしませんでした。神田ですからすぐですが、気づいたときは会期ももう終了間近です(明日14日まで)。

江戸後期から明治に至る地図・案内図の一枚刷りを集めたもので、天理教の所蔵品を20年ぶりに紹介するとチラシパンフに書いてあります。確かに入り口のラックには今回の解説図と20年前のものが並んでいます。

庶民が商売や物見遊山に使った絵図が、日本・江戸・日光・鎌倉などのエリアごとに数点ずつ全89点を誇ります。順路最初は「大日本国図絵」宿場の並びを見るだけで楽しいですが、日本全部を確認したら数時間はかかるでしょう。各地の案内も観光のため、観光といえば社寺だということがよくわかります。
古くからの大観光地、奈良には東大寺の門前に、専門の地図出版社・絵図屋庄八があって奈良のみならず全国の案内図を発行していたのは驚きでした。その絵図の表紙にはイラストが配置され、奈良の鹿と柱の穴くぐりの2バージョンあるとは、現代と変わらないと感心しました。
二代目広重の日本全図も地形的正確さは望むべくもない時代ですが、明治になって教科書として使われたとは意外です。

地方のものでは富士山のお鉢巡り、善光寺、松島、金毘羅、兼六園、立山…観光好きは昔からとあらためて認識しました。

順路最後に奈良の案内図が独立していて、その中にしっかり昭和初めの天理教団が描かれていて、抑えこんだ主張を感じてうれしくなりました。

宗教関係の施設とあって入場する前は構えてしまいましたが、アンケートもない全くニュートラルな施設でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

桜の誤算と大横川の和船

予定が大きく狂った各地の桜祭りの終末をさらに確かめて回りました。墨田川土手はすっかり葉桜で町会の出すテントが二張。人出はほとんどなく、墨田区役所前の広場で月いちで開かれるマルシェのほうが盛っていましたが。立て看板には「緑見」と表記が。台東区側は桜にかかわらず人は集まっていました。墨田区側の観光協会で勧められたスタンプラリーをこちらで完了し、扇子をもらいました。
IMG_2099

錦糸公園ではライトアップの照明が数本残る八重桜の周りだけに減ってました。
IMG_2106

この週末二日だけが予定だった北斎美術館前ではまばらな客にフードバンから呼びかけがかかりました。桜に期待をかけて準備しただろうにこれは気の毒です。美術館の出すテントで、去年と同じ3色スタンプの赤富士カードづくりをやっていましたが、それに加えて缶バッジづくりもありました。缶バッジって子供の描いた絵とか、その場でブリキとプラスチックで挟んでプレスするだけでできるんだ…。
IMG_2103

裏浅草のおいらん道中ルートの通りのイチヨウザクラもすっかり葉が茂ってあと数日持ちこたえるかどうか

江東区、深川エリアでも「お江戸深川さくらまつり」を3/24~4/11まで実施しています。もちろん小名木川両岸のかぶさるような桜は散ってしまっているでしょうが、ここには舟遊び体験ができるのがめずらしい。定期便もある「がれおん」という動力船と櫓漕ぎの和船が用意されています。大横川が会場でかかる石島橋上では深川飯などの門仲商店街の屋台が出ます。船の発着は黒船橋で駐輪場もすぐ裏側でした。
9:30の会場すぐに到着して、500円払って和船にせてもらいました。これは以前乗ったことのある横十間川のクローバー橋下の和船の会が舟を移送して開催しているものですが、ま、場所が変われば気分もかわるというものです。
竪川・大横川・北十間川・横十間川…は江戸時代からの水路で小名木川と連絡して物資輸送の任を担いました。でも今は埋め立て、分断、水門などで自由に行き来はできず、クレーンでトラックに載せて運んできたそうです。だから本来の船着き場はからっぽ。大勢の船頭さんが待機していました。桜のあるうちは大忙しだったことでしょう。でも土曜日の強風もおさまって青空の下、わずかな客を乗せてゆっくり櫓漕ぎで進むのはのんびりと優雅でした。
IMG_2109IMG_2114IMG_2119舟遊びは会期最後の11日水曜にも体験できます

舟が戻るとまだ駐輪機は無料でした。石島橋の屋台もまだ準備中で、年寄りを置いてきている身では待つ暇はありません。すぐに帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

内藤家の池と週末の桜

きっかけは二つ。台東区役所に「おいらん道中」(4/14)「流鏑馬」(4/21)のパンフをもらいに行って近隣の区のさくら祭りのものをもらったこと。アド街ック天国で新宿御苑の桜はこれからこそが見どころと教えてもらったことです。   
すでに隅田川堤のソメイヨシノはすっかり花が散り、今週末まで予定されていたさくら祭りに合わせて出店していた花街の屋台は引き上げられ、地元商店の屋台は土日以外は閉じていて、個人業者のものだけが営業を続けています。北斎美術館前のさくら祭りや15日までライトアップ予定の錦糸公園はさびしいものなんじゃないかなぁ。    
でも荒川区尾久の原公園の祭りは明日7日土曜開催、文京区播磨坂では8日まで期間が続いていて実際を確かめてみようと思いました。    
   
尾久が原公園は明治通りを北上して荒川区役所をすぎてわりとすぐ、右折して隅田川につきあたったところでした。ここもソメイヨシノはすっかり花を終えていましたが、主役はシダレザクラです。公園の遊歩道両脇に若木が見事な並木を作っていました。公園を出た河畔でも満開です。ステージショーや模擬店、抽選会とイベントも盛りだくさんのようです。    
IMG_2023IMG_2033IMG_2037    
   
播磨坂はサクラの季節以外ではなんどか訪問しています。走る車が少ない静かな道路です。さすがにここはソメイヨシノが並木のほとんどで、終わりを迎えていました。しかし今 年の早咲きを見越したかのように、歩行者天国とメインのパレードは先週すんでいました。何本かの八重系がありますがもう花見には向きません。でも通りに美味しいケーキカフェがあったのでスイーツを楽しみました。    
IMG_2095   
   
新宿御苑は内藤家の屋敷跡でいつか来ようと思っていたを場所でしたからいい機会です。靖国通りを西に向かいました。靖国神社の塀の向こうには葉桜ばかり。大学入学式が開かれていた北の丸公園ももう散った後でした。スカイツリーからほぼ1時間で到着しました。    
いくつか入口がありますが、新宿門に着いて大木戸門へ移動しました。この間には玉川上水をイメージした内藤新宿分水が流れている散歩道になっています(自転車乗車禁止)。玉川上水は外側の道路下に暗渠として残っているようですが、分水の水は御苑トンネルの湧き水をくみ上げています。    
IMG_2070IMG_2076    
駐輪場に自転車を置いて、券売機にむかうと荷物チェックがあります。バッグを大きく開けて中を見せました。チケット(200円)のQRコードを読み取る自動改札を通ります。(当日は再入場可能で、その際スタッフに申し出てスタンプを押した再入場カードをもらいます。チケットの日付を読み取れば済むんじゃないかと思います)    
   
木々の向こうに桜が見えます。芝生を取り巻く桜が満開でした。シダレ、イチヨウ、カンザン…。早咲きのカンザクラから始まって2か月以上にわたって楽しめるようです。アド街によると皇室の観桜会をきっかけに献上木として多種のサクラが植えられたそうで、60種以上千本を超えます。    
IMG_2039IMG_2042IMG_2046    
御苑の目あては実は大木戸門を入ってすぐの玉藻池でした。これが内藤家に合った玉川園という庭園の一部です。石灯籠と橋が江戸の名残です。
Img_2067
御苑は南側・千駄木方面に向かって起伏しながら下っています。底部には上・中・下の3つの池が連なっています。重ね地図で見ると内藤家のころは屋敷の南端で川が流れていたところです。    

内藤家が屋敷を返上した後明治政府は農業試験場を置き、皇室の農園になりました。イチゴやメロンも栽培したそうです。苑内のレストランでは江戸野菜の料理に力を入れていて近年復活した内藤トウガラシも活用されています。なかにはイチゴ+トウガラシのスイーツも。内藤トウガラシを練りこんだソーセージをはさんだ、「内藤ドッグ」を食べました。    
休憩所でも「内藤トウガラシせんべい(大辛)」を売っていたので買いました。 内藤家は桜で有名な信州高戸藩の藩主で、トウガラシはそちらから持ち込んだもので、現在でも高遠との関係は続いており、寄贈された桜の木と碑がありました。    
IMG_2055IMG_2050    
大木戸から出ると目の前に区民センターがあり、その土地はかつて玉川上水の水番小屋があり市中に入る最後のチェックがなされました。そこに建つ水道碑記は明治のもの。すぐ裏には四谷大木戸の碑もありますが、実際の大木戸は今の交差点のところでした。    
IMG_2078IMG_2079IMG_2080    
御苑東側の道を降りていくと多武峯内藤神社があります。かつて邸内にあったものが移されたもの。家康が「馬で走った範囲を屋敷とする」という話を後世に伝える駿馬塚も一緒です。
IMG_2084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

江戸東京博物館 再オープン

新年度が始まり、半年近く休館していた江戸東京博もオープンしました。9:30の開館時刻前にはもう50人以上が待ち行列を作っていました。ここは入り口が5階にあるので時間が来るとエレベーターでピストン輸送が始まりました。
IMG_1993IMG_1979
4月1日、初日だけ無料開放でした。入り口で記念品のトートバッグを先着500人に配っていましたが、それは望外でした。今回の休館では展示物の模様替えはほとんどない(体験できる纏の材質が変わったとか)そうで、食事・喫茶の業者が変わったことが目につきます(そういえば開館当時は八百善がプロデュースしていた記憶があります)。他は展示以外の利便性を図ったとのこと。HPで見るライブビューのカメラが付いたと説明がありました。ミュージアムショップはすっかり模様替えしています。

今回の楽しみは企画展示「大江戸展」です。NHKスペシャルとの連動企画で、紹介映像も場内で上映されていまた。このところ「人体」も科学博物館と連動ですし、次の「人類」もおもしろそう。4月末から3回予定の「大江戸」は高精細の江戸CGがふんだんに見られそうで最高画質での録画決定です。
展示は江戸開闢前の「浅草寺縁起(複製)」からはじまり、太田道灌の像や北条氏の書状。家康像の軸に江戸古地図が並びます。松江城の「江戸始図」もあります。(「江戸今図」は後期に展示替え予定)次のパートには浮世絵。雪見・花火・花見と主に隅田川沿いの観光名所が有名どころをそろえて目を楽しませます。6年前、「日本橋展」でみた「隅田川風物図巻」に再会しました。裏から光を当てて夜景を見せてくれる作品です。
IMG_1986IMG_1992
江戸末期の写真帳やガラス乾板がしめくくりです。最後に出口で新発見の古写真をとりあげたNHKスペシャルの映像に出会って大いに驚かされました。番組のCGのもとにもなったようですが、精細なもので、その中に1枚愛宕山からの風景写真が紹介されていましたが、会場外のベアトのものと比べるとディテールが全く違います。
IMG_2010

もうひとつ、「写楽の目・歌麿の恋」という企画があって、芝居・遊里ゾーンの陳列棚に作品が並べられていました。江戸博のロゴは写楽の市川海老蔵の目をイメージしたものですが、その作品や吉原遊女の浮世絵が並べられています。
IMG_1982
日本橋下でイベントも行われていました。太棹に合わせたマンガ家しりあがり寿のパフォーマンス。収録もしていたようです。
IMG_1994
オープンを機会に友の会に入るつもりでしたので早速申し込みました(ここは振替で申し込みなので時間がかかる)。大江戸も写楽も学芸員によるギャラリートークが予定されているようで訪問回数が増えそうです。なお特別展はなおホール改修中で来年度からの開催です

IMG_2014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

向島墨堤組合のさくら祭り

隅田川の歩行者専用橋、桜橋のたもと、高速道路下にさくらテラスと呼ばれる場所があります。例年そこは墨田区関連の屋台がでます。地元の商店会や郵便局(切手販売)そして向島検番と料亭が組織する墨堤組合の茶屋です。
IMG_1966IMG_1972 
今年は早く咲き始めたソメイヨシノは盛りを過ぎてしまいました。浅草寺では枝垂桜は満開ですと看板が立っていてずいぶん久しぶりに伝法院庭園公開に参加して大絵馬ともども鑑賞してきました。確かに花の具合は違いました。花川戸公園のカンザンなんかまだ蕾ですしね。
IMG_1964IMG_1963IMG_1969IMG_1970
最初、組合が屋台を開くのは1日から8日だったのですが、桜に合わせて2日前倒しにしたようです。実はこの団子で500円(お茶付)ですから、普段は手を出しません。でもお姉さんたちに接待をしてもらう、という経験をしてみたくって。お座敷に宴席を設けて芸者を呼んで遊ぶという身分じゃないですし、楽しめる気がしません。世界が違うってことでしょうね。
で、きれいどころがかいがいしく立ち働いて、お茶を運んで一言お礼を言ってくれる。気分だけ味わいました。もしかするとこれって、茶店の看板娘めあてに集まった男たちと同じ経験をしているのかも。

お願いして写真を撮らせてもらいました。

IMG_1974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

半鐘の音のサンプル

昨年6月に半鐘の音をさがして見つからなかったことを記事にしました。   
○-○-○、○○○○などの記号表現ではなんとなく想像はつきますが、音で聞いてみたいものです。    
市販されている効果音CDにはたいてい「半鐘」の音が含まれていますが、1種類だけで「カーン」と一つ打つ音だけです。フリーの効果音サイトも同じで、編集すれば何回でも繰り返せるのでしょうが、自分で作った音を「これが半鐘です」というわけにはいきません。    
   
それほど時間がかからずに音源販売サイト「eeon」というところに半鐘の音がそろっていることを見つけました。早速購入しました。システムがちょっと複雑です。○まず会員になる(無料)○銀行振り込みでポイントを購入(3000~25000円)○希望の音源をカートにいれ、ポイント以内で購入する ○4日間ダウンロードが可能になる    
こんな感じですが、振り込んだ後なかなかポイントが有効にならず、メールで問い合わせてやっと使えるようになりました。使えない残高に微妙な気持ち。    
   
一つ半(火災発生)・二つ半(近隣火災)・三つ半(区域内)・擦り半(近火)・鎮火を購入、ダウンロードしました。    
しかし。このサウンドってそのままネットで公開できませんよね。元データは数十秒ありますが、1サイクルでも紹介すればそれだけで営業を妨げちゃうでしょう。    
   
そのまま長らく放置していましたが、音源合成フリーソフトを探しました。それでフリーの火事音源+風音源と合成してみました。 
   
一つ半  
二つ半  
三つ半  
擦り半  
鎮火 

最後の鎮火が「おじゃん」の語源説のひとつです。コントのオチの「チャンチャン」とは全く違います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東博のスタンプラリー