« CDを借りるときの参考 | トップページ | 圓生百席 »

2011年2月15日 (火)

3Dイラストを実際に使ってみました

 当初の目的、this / thatではなく、別のところで3Dイラストソフトが役に立ちました。箱とリンゴのパーツを組み合わせて場所を表すイラストを授業前のわずかな時間で作ることができました。もっと複雑なパーツも用意すればあとは置くだけで必要なイラストができちゃいます。
Places

 それぞれ、in, on, out of を表すイラスト。これをカードにして、手にした生徒が次の生徒に、英文を言わせます。次の生徒は英文を聞いて、小箱とクリスマス飾りのリンゴでカードの状態を再現します。
 ドリルですが、少しコミュニケーション要素を盛り込むことができました。これが次回の布石になります。

|

« CDを借りるときの参考 | トップページ | 圓生百席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dイラストを実際に使ってみました:

« CDを借りるときの参考 | トップページ | 圓生百席 »