« 小さん・正蔵 十八番集(ビクター) | トップページ | 圓生 ビクター落語 »

2011年6月 8日 (水)

Do you ...? で質問したくなる

 ずっと以前から子供に質問をして答えさせるのは楽にできるようになりました。質問といっても機械的なものでなく、答えたくなる質問をつくるのが容易になったということです。
 それに対して、子供に質問をさせるのは難しい。教師側から「この質問をしなさい」とした時点で、子供が聞きたいことである可能性がほとんどないからです。

 ただ、Do you ?を学習したのですから何とか質問するチャンスを与えたい。機械的なリピートや反問で練習した後、シールをご褒美に、Do you ?で質問できたらあげるよ、というゲーム式にしました。コインの表裏でYesの答えならご褒美、Noならご褒美とゲーム性を高めて質問できるかどうかを問います。

 1回目は単純な質問に終始します。Do you play baseball? とかDo you like bitter gourd?とか。ここは我慢です。

 2回目は同じ質問で2人のYesと条件のハードルを上げます。まだ単純質問が大部分ですが、Do you play baseball?にevery dayをつけることでYesとNoが変わることにも気づいてきました。

 これでも心底からの質問ではありませんが、自分で質問の工夫をするようになります。次はどういう条件をつけようか。

|

« 小さん・正蔵 十八番集(ビクター) | トップページ | 圓生 ビクター落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Do you ...? で質問したくなる:

« 小さん・正蔵 十八番集(ビクター) | トップページ | 圓生 ビクター落語 »