« フラッシュカードを作る(経過3) | トップページ | ポケモンラリー »

2011年8月14日 (日)

フラッシュカードを作る(経過4)

 ファイル入出力の難関を突破してしまえば、カードをめくるルーチン・めくる順序などはVB6のプログラムからの流用ですぐにできました。これでもう授業には使えます。あとはスピードなどの細かな調整をして、新たにツールバーをつけてせっせと処理ルーチンを書けばできるでしょう。あ、単語と絵のリスト作成機能がまだ手付かずでした。少し時間がかかるかも。

 今回の経験を生かして、自分流のホワイトボードソフトも作れるかもしれません。

Flashcard


|

« フラッシュカードを作る(経過3) | トップページ | ポケモンラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラッシュカードを作る(経過4):

« フラッシュカードを作る(経過3) | トップページ | ポケモンラリー »