« にっかん飛切落語会名人撰(竹書房) | トップページ | フラッシュカードを作る(途中経過) »

2011年8月 8日 (月)

how manyで質問させたい(4)

 授業の場でバッパと資料を生徒が作る、そのためにシールを使うことも考えました。しかしシールは図柄が女の子向けの可愛いものばかりです。あの手帳とかに貼る。単なる○のカラーシールを自由に貼って、How many blue circles? とかならいけるかもしれません。
 ダイソーを物色していたらいろいろな形のパンチが見つかったので、今回はそれを利用することにしました。星・ハート・花・リボンと少しメルヘンは入ってますが、子供が自分で資料を作るスピードはなかなかです。自分のカードに穴を開けるだけ。それを他の生徒に渡して How many hearts? などと質問します。ここで答えるほうに、やはりダイソーで買ったアイマスクをつけさせてゲーム性を加えます。手探りでハートの形を見分けて答えます。


 Punch


|

« にっかん飛切落語会名人撰(竹書房) | トップページ | フラッシュカードを作る(途中経過) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: how manyで質問させたい(4):

« にっかん飛切落語会名人撰(竹書房) | トップページ | フラッシュカードを作る(途中経過) »