« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

正蔵 人情噺集成(クラウン)

 5枚のCDですべて独自音源(ビデオになっているものもあり)です。「鰍沢」「名月若松城」「菊模様皿山奇談(親子地蔵の場)」「同(桜門の場)」「戸田の渡し」「累草子」「五月雨坊主」「笠と赤い風車」「めだか」と珍しい演目がならびます。

 おいてあるのは、葛飾区・八王子市・大田区・立川市・東久留米市に全5巻。江東区・墨田区・三鷹市・新宿区・中央区・羽村市・武蔵村山市・練馬区・豊島区・杉並区・北区・荒川区(カセット)に一部と若干圓生と異なります。埼玉県は春日部市と川越市に全巻、県立・越谷市・蓮田市・草加市・鳩ヶ谷市に一部が見つかります。千葉県には全巻そろっているところはなく、浦安市・白井市・横芝光町・市原市に数枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

圓生 人情噺集成(クラウン)

 やはり圓生・正蔵がシリーズの中核となっています。全30巻で神田伯龍の講談も含まれます。他社音源と同じものも多く、中には音質の悪いものもあるようですので、すべてを聞く必要はありません。また図書館でも資料の散逸が見られるなど全容をつかむのに苦労したので演者別に見ていきましょう。(参考に録音エンジニアの草柳氏のサイトを利用していましたが、現在はリンク切れとなっています)

 圓生に関しては独自音源が多く、「紺屋高尾」「おさん茂平」「髪結新三(上)」「(下)」「唐茄子屋政談」「水神」が他社にありません。ただし「髪結新三(下)」は正規の録音とは思えない音質です。
 また「百年目」は「落語研究会DVD」やそれ以前のビデオ・レーザーディスクに映像が収録されているものです。「阿武松」はダウンロード販売があり、ずっと音質が良いです。

 独自音源の5巻を図書館で探しましょう。北区・東久留米市・荒川区(カセット)・葛飾区・大田区・新宿区・武蔵村山市・立川市・三鷹市(カセット含む)でそろえることができます。練馬区・豊島区・八王子市・港区には一部。
 春日部市・川越市に全部、埼玉県立・さいたま市・草加市・久喜市・八潮市に一部。横芝光町・市原市(カセット)に一部。

 この状況ではすべてをCDで借りることはできず、「髪結新三」だけ、春日部市の視聴室できかせていただきました。ここは4席ほどの試聴卓のある部屋で室外に持ち出すことはできません。


Ninjo_2

 なお、会社名なしで検索するとCBSの圓生・人情噺集成がひっかかることがありますが、これは百席の前身のレコードあるいはカセットです。

追記:圓生・円生調整済み


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

圓生・正蔵 仮名手本忠臣蔵(クラウン)

 忠臣蔵を題材に取った落語を、少々の無理をまじえて集めたこのオムニバスの中核を担っているのがこの二人。いろいろな反目があったのも、このようにネタが被るところがあったからでしょうか。
 圓生が「淀五郎」「四段目」「五段目」「能狂言」「鹿政談」、正蔵が「中村仲蔵」「村芝居」「九段目」を使われています。他に馬の助や円歌の音源も入っています。
 全12巻で、うち圓生・正蔵がからむのは8巻あります。ただし正蔵「芝居風呂」はビクターの十八番集の音源ですからそちらで。

 発行のクラウンは、落語音源の使用に問題があったようで、いまはすべて廃盤となっています。かの「志ん生全席落語辞典」ではクラウン音源のデータを著者の保田さんは抜いています。現在は落語からはほぼ手を引いていて再販は望めません。それだけに他で手に入らないもの(「四段目」)もあるわけで、新たなコレクターは図書館でしか聴くことはできないでしょう。

Chusin

 全巻揃い:東村山市・板橋区・江戸川区・渋谷区・千代田区・港区・荒川区(カセットを含め)・大田区(カセットのみ)、市川市、埼玉県立・久喜市・さいたま市・草加市
 一部分なら:豊島区・北区・文京区・府中市・江東区・八王子市(圓生・正蔵そろい)・三鷹市・新宿区・東大和市、八潮市・蓮田市・川口市

 今回記事にするにあたって、検索しなおしました。「仮名手本忠臣蔵」では本家の歌舞伎・義太夫も網にかかるし、他の落語家さんも取り組んでいるので「クラウン」を検索語に指定したら、板橋区をはじめいくつかの東京の区が引っかかりません。会社名が「空欄」あるいは「日本クラウン」で記載されているためでした。理由が分からないところもあるので、こまめに条件を変えて検索してください。

追記:圓生・円生調整済み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

圓生ほか 席亭ゆめの寄席(コロムビア)

 立川談志家元が好みの高座を集め、色物も組んで、仮想の番組を仕立てたものです。以前記事にした三木助の火事息子は、小学館の全集に収録されましたが、第1集馬生「目黒のさんま」・第5集金馬「花見の仇討ち」・第6集圓生「包丁」・第7集小さん「万金丹」は他では収録されていません。圓生の出の前には、談志が「本当の名人」と紹介しています。他にも金語楼や漫才などの珍しい演目もあり、コレクションの価値があるでしょう。なお文楽や志ん生は重複音源です。

 これが借りられるのは、大田区・品川区・中央区・北区・葛飾区・江戸川区、立川市・府中市・調布市で全10集、板橋区・文京区・墨田区・目黒区、日野市・三鷹市で一部分となっています。埼玉県立・春日部市・幸手市・川越市・鴻巣市・草加市で全10集、川口市・さいたま市では欠巻。浦安市・流山市に全10集、市川市は第5集が欠けている状況です。一部図書館では竹書房発行となっています。

 Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

フラッシュカードが完成しました

 塾もお盆休みでした。その間、寝る間も惜しんでソフトを完成しました(細かな調整はまだですが)。PictureBoxとTextBoxでデータグリッドもどきを実装するのに手間がかかり、エディタ部分には4日間費やしました。その分これからデータの管理が楽になるでしょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

柳家小さん落語全集(小学館)

 収録の53席が他の音源とまったく重ならず、お買い得です。「看板のピン」、それに放送では繰り返し聞いた覚えがありますが、「本膳」はこれでしか聴けません。他に「落語協会分裂について」などの資料音源をはさんであります。

 この全集は人気のある小さんなのに、東京で目黒区が貸しているのみです。全10巻を分けていますが残念なことに5・9巻が欠損です。
 JRの駅に近い図書館が目黒区にはありません。だいたい目黒駅も目黒区ではないのですから。だからというわけでもありませんが、都内各地の図書館で借りだす時に、自転車で縦断を何度かしました。上中里で自転車を降ろし、北区滝野川図書館・豊島区駒込図書館・文京区本駒込図書館・千代田区昌平図書館から東京タワーわきを通って目黒通り、そして目黒区民センター図書館へと。

 他には唯一、流山市が全巻をそろえています。目黒区で欠けたぶんはこちらで聴かせてもらいました。その日、試聴卓をたまたま使う人がいなかったので、一度で聴き終えることができました。
 これは余談ですが、ここでは「柳屋」小さん落語全集として登録されていたため、検索では引っかかりませんでした。「CDブック柳家小さん落語全集」なので、分厚い解説本がついています。それだけは正しく「柳家」で登録されていたので、CDもあるのではないかと思って、近くに行ったときに寄ってみたのです。視聴する際に指摘すると、聞き終わるころには訂正をしてくれていました。検索にはそんなこともあるということで。

Kosanzenshu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ポケモンラリー

 山手線の駅で降りたら、夏恒例のポケモンラリーに親子が集まっていました。もう十年以上の長寿企画でしょうが、今年は駅数が減ったそうです。一つ目の図書館で用をすませ、別の図書館に移動して、最寄の駅で電車に乗ると当然そちらでも。

 涼しい時期なら、全部自転車で回っても面白いだろうと思い台紙を一枚もらいました。

Pokemon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

フラッシュカードを作る(経過4)

 ファイル入出力の難関を突破してしまえば、カードをめくるルーチン・めくる順序などはVB6のプログラムからの流用ですぐにできました。これでもう授業には使えます。あとはスピードなどの細かな調整をして、新たにツールバーをつけてせっせと処理ルーチンを書けばできるでしょう。あ、単語と絵のリスト作成機能がまだ手付かずでした。少し時間がかかるかも。

 今回の経験を生かして、自分流のホワイトボードソフトも作れるかもしれません。

Flashcard


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

フラッシュカードを作る(経過3)

 新しいフラッシュカードを作るには、既存画像を読み込む・WEBからD&D・クリップボードから貼り付けるが考えられますが、基本的な既存画像を読み込むところでつまってしまいました。
 いや、読み込むのはできるのですが、

 Dim fs As New System.IO.FileStream(Fullpath, System.IO.FileMode.Open, System.IO.FileAccess.Read)
 FlashCardData.Add(New FlashCard("テキスト",Image.FromStream(fs)))

読み込んだものをこのルーチンで保存するとGDI+エラーになってしまうのです。

 これはぐぐるといくつかの報告がヒットし、FromFileで読み込むとおきないことが分かりました。ところが今度は読み込んだ画像ファイルにロックがかかってしまう弊害があります。実害はないとはいえ、気持ちがよくありません。これもあちこち調べて

 Dim fs As New System.IO.FileStream(Fullpath, System.IO.FileMode.Open, System.IO.FileAccess.Read)
 Dim Bm As Bitmap
 Bm = New Bitmap(Image.FromStream(fs))
 FlashCardData.Add(New FlashCard("テキスト", Bm))

いったんビットマップオブジェクトにしてから読み込むとGDI+エラーが回避できることが分かりました。作成再開にこぎつけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

フラッシュカードを作る(経過2)

 テキストとイメージを一緒に保存する方法が分からず、プログラムはずっと進みませんでした。せっかく買ったVB.NET2003もインストールしないまま。書籍を探してもウエブでも情報が見つかりませんでした。
 申し訳ないと思いつつサイトで質問すると翌日には返答をいただけました。

クラス
   Private Class Sample
     Public Text As String
     Public Image As Image
     Public Sub New(text As String, image As Image)
     Me.Text = text
     Me.Image = image
    End Sub
   End Class

を宣言して
   Dim data As New List(Of Sample)()

作成し、ピクチャーボックスの絵をクラスに読み取る。
   data.Add(New Sample(Label1.Text, PictureBox1.Image))
   data.Add(New Sample(Label2.Text, PictureBox2.Image))
   data.Add(New Sample(Label3.Text, PictureBox3.Image))

それをファイルに書き出すと
   Dim bf As New System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary.BinaryFormatter()
   Using fs As New System.IO.FileStream("ファイル名", IO.FileMode.Create)
     bf.Serialize(fs, data)
   End Using

そのあと、クラスに読み込んでピクチャーボックスに表示する
   Dim bf As New System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary.BinaryFormatter()
   Using fs As New System.IO.FileStream("ファイル名", IO.FileMode.Open)
      data = DirectCast(bf.Deserialize(fs), List(Of Sample))
   End Using

   If data.Count >= 1 Then
     Label4.Text = data(0).Text
     PictureBox4.Image = data(0).Image
   End If
   以下、PictureBox5にはdata(1)、6にはdata(2)を読み込み

これで大前進です。世の中には人材があるものだなあと感じ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

フラッシュカードを作る(途中経過)

 単語をパッと見せて切り替えるカードをフラッシュカードといいます。中学校では英単語だけのものをフラッシュカード、絵のカードをピクチャーカードとよんでいましたが、小学校では文字を扱わないため、絵のカードを切り替えて練習するのでフラッシュカードとよんでいるようです。

 もういつからか思い出せませんが、昔から単語だけのフラッシュカードはパソコンで表示していました。その授業で使うカードを用意するのが結構面倒だからです。5年くらい前に絵も表示できるようにしました。VB6.0はテキストの読み書きは簡単ですが、複数のイメージを一つのファイルにする機能を標準で持ちません。だから単語と絵のファイル名を結びつけたテキストファイルを読み書きするソフトにする予定でした。その前段階として、絵のファイル名を単語なるように書き換えておいて一つのフォルダに集めて、まとめて読み込む機能をつけたところ、それで用が足りてしまったのでそのまま使っています。

 で、このたびヒマもあることだしVB6もいつまで使えるかわからないので、VB.NET2010で作り直すことにしました。今更ながら勉強開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

how manyで質問させたい(4)

 授業の場でバッパと資料を生徒が作る、そのためにシールを使うことも考えました。しかしシールは図柄が女の子向けの可愛いものばかりです。あの手帳とかに貼る。単なる○のカラーシールを自由に貼って、How many blue circles? とかならいけるかもしれません。
 ダイソーを物色していたらいろいろな形のパンチが見つかったので、今回はそれを利用することにしました。星・ハート・花・リボンと少しメルヘンは入ってますが、子供が自分で資料を作るスピードはなかなかです。自分のカードに穴を開けるだけ。それを他の生徒に渡して How many hearts? などと質問します。ここで答えるほうに、やはりダイソーで買ったアイマスクをつけさせてゲーム性を加えます。手探りでハートの形を見分けて答えます。


 Punch


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

にっかん飛切落語会名人撰(竹書房)

 同じにっかん飛切落語会の音源がCD化されました。今度は竹書房発行です。これは板橋区と文京区(セット貸し)にしか見つかりません。(ポニーから圓楽の死に際して発行されたCDはいろいろな図書館にあります)

 やはり第1巻は圓生で始まり、小さん・馬生・圓歌・柳昇・圓楽・志ん朝・柳朝・円蔵・談志までの全10巻です。そしてこの落語会の音源はダブりません。志ん朝で「王子の狐」が聞けるのはこのセットだけです。

Nikkan1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

小説「円朝」とその後

 小島政次郎の「円朝」上・下(1959)も「志ん生一代」に次いで、現在の愛読書です。「志ん生一代」が評伝を目指して叶わずに小説の形をとったとありますが、同じように芸の完成を求め続けた三遊亭圓朝の生涯をたどるこちらの作品は作者の創作が大きいです。
 とはいえ圓朝の事績をていねいに追って再編成しつつ、同時代の芸人のエピソードを要所に交えて、「芸の高みを追う」とはこういうことだろうと納得します。
 圓朝を彩る女性たちが前近代的な生き方をしていますが、魅力的でうらやましくなります。まあ、その圓朝の妻に関するあたりがフィクションなのですが。

Encho1

 物語は後半で圓朝の子・朝太郎を描き、偉大な父親に対して、堕落していく姿が痛ましい。そんな彼にも献身的な女性が現れます。圓朝が病に倒れ、朝太郎が再起しそうなところで終わっているのですが、その後が気になって、図書館で探しました。

 小島の弟子である正岡容の「圓朝」(1943)は彼が芸を求めて大成するまで、上野戦争で幕を閉じます。師匠の圓生に稽古をつけてもらうとき、「エー」と口ごもるたびに碁石を投げつけられるエピソードは、圓朝の弟子の圓馬と桂文楽の稽古の様子をほうふつとさせます。青空文庫でも読めます。

Encho2

 さらにその弟子の永井啓夫の「三遊亭圓朝」(1962)を図書館で見つけました。この書は詳細な伝記と資料・作品解題。これでやっと朝太郎の消息が知れました。浮浪者・ちんどん屋・墓堀人夫と転々とし、親戚や藤浦三遊宗家に金を無心に訪れ、関東大震災で消息を絶ったのです。身につまされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

圓朝のお墓にお参りしました

 台東区で図書・CDを取り寄せるには、谷中コミュニティーセンターを利用しています。ふだんは文京区の本駒込図書館や北区の田端区民センターからよみせ通り(旧谷田川)を歩くか、日暮里駅から夕焼けだんだんを降りていきます。

 今回は鴬谷で降りてみました。高台側の出口が上野寄りの南端なので遠回りになりました。寛永寺のわきを通って谷中霊園の中を通ります。墓マイラーではないので、近くの徳川慶喜の墓所は通り過ぎました。ただ天保や嘉永などの江戸の年号を刻んだ墓石が多く目に入り、往事に思いをはせました。

 霊園を出てすぐに、「圓朝まつり」ののぼりが目に飛び込んできました。全生庵です。週末に落語協会の圓朝まつりが控えているのですが、今日はひっそりとしていました。中に入って、落語中興の祖、三遊亭圓朝の墓をおまいりして、図書館に向かいました。

Photo

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

初蔵出しにっかん飛切落語会(日本音声保存)

 セットで出ている、圓生・正蔵・小さん・柳朝・志ん朝・小南・文治・圓楽・歌丸・円蔵の計10枚のシリーズ。すべての音源が他とダブることがありません。しかも志ん朝の「錦の袈裟」と「試し酒」は他から出ていない演目です。志ん朝が「年齢を感じる」とぼやき、「こん平に酒で乱暴される」というまくらがおもしろいです。

 東京では中央区・板橋区(圓生欠)・豊島区・文京区(セット貸し)・多摩市にしかありません。埼玉県はさいたま市・ふじみ野市・草加市。千葉県は八千代市と浦安市にそろっています。

Nikkan


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »