« ポケモンラリー | トップページ | フラッシュカードが完成しました »

2011年8月16日 (火)

柳家小さん落語全集(小学館)

 収録の53席が他の音源とまったく重ならず、お買い得です。「看板のピン」、それに放送では繰り返し聞いた覚えがありますが、「本膳」はこれでしか聴けません。他に「落語協会分裂について」などの資料音源をはさんであります。

 この全集は人気のある小さんなのに、東京で目黒区が貸しているのみです。全10巻を分けていますが残念なことに5・9巻が欠損です。
 JRの駅に近い図書館が目黒区にはありません。だいたい目黒駅も目黒区ではないのですから。だからというわけでもありませんが、都内各地の図書館で借りだす時に、自転車で縦断を何度かしました。上中里で自転車を降ろし、北区滝野川図書館・豊島区駒込図書館・文京区本駒込図書館・千代田区昌平図書館から東京タワーわきを通って目黒通り、そして目黒区民センター図書館へと。

 他には唯一、流山市が全巻をそろえています。目黒区で欠けたぶんはこちらで聴かせてもらいました。その日、試聴卓をたまたま使う人がいなかったので、一度で聴き終えることができました。
 これは余談ですが、ここでは「柳屋」小さん落語全集として登録されていたため、検索では引っかかりませんでした。「CDブック柳家小さん落語全集」なので、分厚い解説本がついています。それだけは正しく「柳家」で登録されていたので、CDもあるのではないかと思って、近くに行ったときに寄ってみたのです。視聴する際に指摘すると、聞き終わるころには訂正をしてくれていました。検索にはそんなこともあるということで。

Kosanzenshu


|

« ポケモンラリー | トップページ | フラッシュカードが完成しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小さん落語全集(小学館):

« ポケモンラリー | トップページ | フラッシュカードが完成しました »