« Wサウンド再生ソフトをつくる 完成 | トップページ | 志ん生 NHK落語名人選 »

2011年9月24日 (土)

志ん生全席落語事典

 調査が一段落したので、志ん生についても記録していきます。まず参考資料から。落語はろーのページにはまだ志ん生のデータがありません。作成の予定については言及されていますので完成を楽しみにするとして、今のところ拠り所はこの書籍です。

 タイトル通り、志ん生の残された音源についてCD、DVDを主に、それが未発売であればレコード・テープのデータをそれこそ全席について丹念に記録されています。演目ごとにお勧めの音源を紹介してあり、解説も楽しく読みごたえがあります。著者は志ん生研究の第一人者保田武宏氏。
 末尾の資料が大変に貴重で、各音源ごとに区別するための「しゃべりだし」とその音源が収録されたCDを網羅してあるので、すべてを聞こうという当方の企てには最適です。この時代の音源は志ん生に限らず、同じものが各社から発売されていることが分かります。そして一部分カットの情報もあるので助かります。
 書籍なので、出版後(2008)のデータが反映されないのはともかくとして、多くのクラウンの音源が意図して省かれているのは残念です。問題のある音源であることはわかりますが、すでに世にあるものなので「全席」にしてほしかったです。1点誤記があり、出版社を通じて問い合わせをしたら、著者よりていねいなお返事をいただいて恐縮しました。再版の折には訂正をするとおっしゃっていただきました。ただこういう類の本のニーズから考えて、版をあらためるかどうか。チャンスとしては電子化されるときですか。

 なお、クラウン音源については草柳氏のHPに詳細に記述がありましたがページが削除されているのがかえすがえすも残念です。

 この書籍は各地にあり、今なお続く志ん生人気を反映してます。たとえば東京23区内で17区+都立図書館にありますので、お近くで借りることができるでしょう。

Zenseki


|

« Wサウンド再生ソフトをつくる 完成 | トップページ | 志ん生 NHK落語名人選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志ん生全席落語事典:

« Wサウンド再生ソフトをつくる 完成 | トップページ | 志ん生 NHK落語名人選 »