« TVの映像の利用 | トップページ | 事故でほんとに起きたこと »

2011年10月29日 (土)

TVの映像を利用するときは

 この間、思いついて使える、と思った映像があります。CMで、サッカー選手が飛び込み、水泳選手がゴルフをし、ゴルファーがフットサルをするやつです。今教えている3単元のsでは有名人やスポーツ選手を引き合いに出して、He plays soccer.などと例示することが多いのですが、この映像は、現在形の「(ふだん)します」という動作ではなくて、「(今)しています」の進行形の動作の例に使えると気づきました。こういうのはCMのサイトに行けば映像がダウンロードできるので、授業で使いやすい。

 さて、テレビ映像についてですが、今朝見るつもりなく流していた番組で、ナレーションで「でじる」ときこえてはっとしました。鍋物の「出し汁」のことです。そのときはいい間違いを、スタッフ全員編集作業中にも見落としたのか残念な時代だと思ってしまいました。授業で使うときは気をつけなければ。
 つづけて別チャンネルの番組でも鍋物(季節ですね)を取り上げていて、アナウンサーが「でじる」といいました。さすがに間違いの連続もおかしい、もしかしたら自分の知らない料理業界用語なのかもしれないと思って、ググりました。
 するとジャニーズ人気グループの番組での「でじる」発言が問題になった件がいくつかみつかりました。そして中にひとつ、「でじる」はプロがつかうという報告もあったのです。

 ネットの報告をそのまま鵜呑みにはできませんが、そうだとしたら自分の感覚で判断したらまずいですね。言葉は難しいものです。

|

« TVの映像の利用 | トップページ | 事故でほんとに起きたこと »

コメント

こんにちは (^^)

私は一応、日本料理の世界の人間ですが、「出汁」と書いて「だし」と読むと、しつこく教えられました。
若い頃書いた、料理のレシピノートにもちゃんとそのことが書いてありました。
また、私も若い子にはそう教えてきました。
何処の業界人が使うのでしょうね・・・????

投稿: hajime | 2011年10月29日 (土) 17時21分

 識者の見地ありがとうございます。

 プロからみてもそうでしたか。たぶん「出汁」という原稿をナレーターやアナウンサーが「でじる」と読んで、編集スタッフは誰も気づかないというおそろしい事態かと一瞬危惧し、ウエブのコメントで、ちょっと待てよと自制したのですが。所詮ウエブのまたぎぎ情報です。

 言葉は変わるもの(だから落語も演者にとって難しくなる)とはいえ、将来は「でじる」が一般的になったりして…

投稿: snob | 2011年10月29日 (土) 20時43分

 追記:お返事いただいてさらにググってみましたら、「だし汁 読み方:だしじる 「出汁」(だし)の慣用読み。「でじる」などとも言う。昆布や鰹節といった食材から抽出される、うま味成分を多く含んだ液。」(実用日本語表現辞典)に出会ってびっくりしてしまいました。

 しかし、実用日本語表現辞典の使い方に「一般的な格式ある国語辞典では見出し語として解説されていないことが多い言い回しでも積極的に取り上げて参ります。また、いわゆる誤用や誤記だとしても、あえて見出し項目として追加した上で、利用者の皆様の理解が深まるように努めて行きます。」
 とあったのでほっとしました。
 

投稿: snob | 2011年10月29日 (土) 20時53分

こんばんは
私もあれから調べたら、某TV番組で木村拓哉が「でじる」と言ったのが、始まりとか・・・・
影響の強い人がマスコミで言うと広まるのですかね?
でもアナウンサーは一応プロなのですから、勉強してほしいなぁ~と感じました。

ところで、業界(料理)では、ボールに作った塩水の事を「たて塩」と言います。こういうのは「符丁」ですけどね。(^^)

投稿: hajime | 2011年10月29日 (土) 21時02分

 おっしゃる通りの記事を私も見ました。そして別メンバーも「でじる」というそうです。

 ファンや放送業界人も「でじる」というようになり、やがて国民に広まっていく、という歴史的な瞬間に立ち会っている…のかもしれません。

投稿: snob | 2011年10月29日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TVの映像を利用するときは:

« TVの映像の利用 | トップページ | 事故でほんとに起きたこと »