« 落語の言語学「あたま山」 | トップページ | TVの映像の利用 »

2011年10月27日 (木)

Whichで質問できる

 英語で私が質問して、生徒が答えるのは割とすぐにできるようになります。難しいのは生徒が質問することで、これを英作文でやったのでは身に付きません。質問を促す状況を作ることが大切です。

 状況を作ることが最も難しい作業で、たいていの先生はこの辺をないがしろにします。ある程度の疑問詞を学んだ、9月から毎回、互いに1問ずつ質問する時間を設けていますが、Whichの質問が先にできるようになりました。

 まず3回ほど、テレビ番組の映像を使ってこちらから質問しました。番組は料理の対決をするもので、毎回2,3分で双方の料理を紹介するプレゼンテーションがあって、その部分をたくさん保管してあるのです。ハンバーガーとフィッシュバーガーの対決など見るだけで食べたくなる=答えたくなることを狙っています。
 答えるのに慣れてくると、映像を見せて質問させました。その質問 Which do you eat? はすんなり出てきましたから、だんだんと動作を変えた質問ができるように誘導していきます。

 ほかの疑問詞でもうまい手が見つかるといいのですが。

|

« 落語の言語学「あたま山」 | トップページ | TVの映像の利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Whichで質問できる:

« 落語の言語学「あたま山」 | トップページ | TVの映像の利用 »