« 正蔵 古典落語の巨匠たち(テイチク) | トップページ | 11月のキットカット »

2011年11月27日 (日)

Bぐる

 ふだんは歩いてまわる、本駒込エリアを普段と違う順番で巡りました。田端駅から本駒込に下ったあと歩いて駒込駅に向かいました。自転車も電車に持ち込むには結構重くて直前にやめました。次に谷中方面に向かうのに初めて文京区のコミュニティバスを使ってみました。

 どの循環コミュニティバスも一方通行なので、駒込-千駄木は遠回りになりますが、夕方からの授業を気にしながら乗りました。いつもは開いていない六義園の染井門(駒込駅そば)が開いていましたが、乗り場はすぐそばです。六義園は12月4日までライトアップ期間で、その間はこちらの門も開けているそうです。
 バスは他のコミュニティバスで見たことがないくらい混んでいました。駒込-千石-白山-後楽園-白山-千駄木(駒込にもどる)と大回りしました。

Bus

 千駄木で降りると、団子坂下。谷筋から団子坂上まで登りました。登りきるあたりが目の前が開けてとてもいい感じでした。そこを右に曲がると本郷図書館。初めて足を運びましたが、新しいきれいな施設でした。左に折れると、森鴎外記念館が建設中。そちらに曲がる道は江戸時代から上富士(駒込方面)に抜けるものだったそうです。また、かつてはそのあたりから品川の海が見えたと案内板にありました。

 寄り道はそれくらいにして、坂を戻って台東区の図書館に返却に行きました。


|

« 正蔵 古典落語の巨匠たち(テイチク) | トップページ | 11月のキットカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bぐる:

« 正蔵 古典落語の巨匠たち(テイチク) | トップページ | 11月のキットカット »