« 可楽 NHK落語名人選(ポリドール) | トップページ | 圓生ほか 古典落語の巨匠たち(ゲオ) »

2011年11月18日 (金)

こまを作ってHow long?

 このところ記事が落語中心でした。塾の授業の方も、手を抜いたわけではないけれど面白みのないものが続いてしまいました。因果関係はありません。

 もともと「行動」と英語を結びつけて、観念的な教授を避けることをモットーとしているのに、定期試験対策もあって「説明」と英語を結びつける傾向に寄っていました。だから子供たちの表情もちょっとさえなかったし、ここに上げるまでもないことばかりだったのです。

 だから今回は発奮しました。How longの質問を使うのに、このままだったら各自のテレビ視聴時間やゲーム時間・睡眠時間・入浴時間を題材にしたところでした。今回のメインアイディアは、ボール紙紙片爪楊枝を与えて、こまを作らせることです。フリーハンドで円を切り抜いて、楊枝を刺して作るこまですから、不安定です。
 で、回す前にHow long does your top spin?と質問すると、子供たちは大喜びで予想秒数を答えました。出来のいいこま・悪いこまがあるのはもちろん、出来が良いのに緊張して机から飛び出たり、子供たちはおおはしゃぎでした。うれしそうな表情で英語で答えさせることができたので、ほっとしました。このあとテレビ時間などに移行できます。

 単語stayも教える時間だったので、こまつながりでレビトロンが宙を浮く映像を見せると、食いついて練習ができました。(レビトロンを目の前で実演すればもっと良かったでしょうが…)

Levitron


|

« 可楽 NHK落語名人選(ポリドール) | トップページ | 圓生ほか 古典落語の巨匠たち(ゲオ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こまを作ってHow long?:

« 可楽 NHK落語名人選(ポリドール) | トップページ | 圓生ほか 古典落語の巨匠たち(ゲオ) »