« Wサウンド再生ソフトの膠着 | トップページ | 落語の言語学「金明竹」 »

2011年11月 5日 (土)

見えるものを英語で

 テレビのバラエティ番組で、1枚の写真に写りこんでいるものをどれくらい英単語でいえるか、というコーナーがありました。つねづね塾で同じような遊びをしたいと思っているのですが、写ってるものと子供の英単語の知識がつりあわないとおもしろくならないでしょう。

 ちょうど山手線に乗り換えたところで親子連れがドア際に寄って来ました。若いお父さんが娘たちに、「何が見える?」と持ちかけると、就学前後くらいの子が「電車・テニス・草…」などと喜んで言ってました。言葉を覚えるときにきっとそういう状況があるんだろうなあと改めて思いました。

 なかなかちょうどいい「雑多なものが写ってる写真」って見つからないしそういう検索もできないので、見かけたらこつこつ貯めていくしかありません。そんなイラストのある知育本でもよいと思って図書館でも探しています。

|

« Wサウンド再生ソフトの膠着 | トップページ | 落語の言語学「金明竹」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えるものを英語で:

« Wサウンド再生ソフトの膠着 | トップページ | 落語の言語学「金明竹」 »