« 圓生 古典落語の巨匠たち(テイチク) | トップページ | Bぐる »

2011年11月26日 (土)

正蔵 古典落語の巨匠たち(テイチク)

 圓生・正蔵は所蔵図書館もそりが合わないようで、一緒に書き始めた記事もこのように分けることにしました。

 私の聞き集めている昭和の名人で、「首屋」の音源が市販されているのは正蔵のこのCDだけです。小品ながらサゲも気が利いていて気に入りの噺です。圓生も得意にしていたという記述のブログもありますから聞いてみたいものです。

 立川市・文京区(5巻ずつのセット貸し)・日野市・大田区に全巻揃い、練馬区・台東区・墨田区・府中市・港区・新宿区・あきる野市には欠巻があります。
 埼玉県立と川越市が10巻揃い、越谷市・さいたま市に部分。
 松戸市に全館、浦安市に一部あります。

Kyoshosho

 そして、特典盤は圓生と同じく大田区だけがしっかり所有。大田区はこの正蔵ついては11巻そろえているのです。

 収録作品は「死ぬなら今」ですから珍品です。大阪ネタを二代目三木助から圓生と正蔵が一緒に教えを受けたと語っています。このネタは最近になってDVDにも収められましたが、それまではこれしかなかったものです。「ろくろ首」は与太郎の婿入りの噺ではなく、小泉八雲の文芸演目でこれも珍品。

 応募券をどうしたか気になりましたが、CDのジャケットを出してケース外側に貼り付けてあり、帯は確認できませんでした。というより、その作業で帯をはずしたからこそ応募に気づいたのではないかと想像しました。

Oubo2

 さて、このシリーズもアマゾンで見ると、新品の購入ができなくなっています。流通在庫がないだけでなくメーカー注文も終了に近いのかもしれません。再三テイチクがいろいろ貴重な音源を抱えていることを書いてきましたが、Web販売でもしてくれればいいのに。

|

« 圓生 古典落語の巨匠たち(テイチク) | トップページ | Bぐる »

コメント

色々とあったのですね。
葛飾は以前は揃っていたのでしょうが、私が図書館に通いだした頃は二枚くらいになっていました。私が借りた正蔵師とあとは圓窓師だったか?
ちょっと思い出せないのですが、確かもう一枚ありました。
今は廃棄されてしまった様です。
葛飾は、廃棄すると同じのを買ってくれないんですよね。
志ん朝師も小三治師もソニーから出ているCDは全て揃っていたのに、今はかなり無くなっています。現在でも購入できるのは補充して欲しいですね。
他所様もそうなのでしょうか?

「荒川」のシリーズ、とりあえず書いてみました。明日UPします。
自分の文章力の無さに唖然・・・俺ってこんな程度しか書けないのか!
と、自己嫌悪になりました。まあ、笑いながらでも見てやって下さい。(^^)

投稿: hajime | 2011年11月27日 (日) 12時49分

 CDの廃棄といっても、ユーザーが傷をつけなければ数十年では聞かないくらい持つはずです。練馬区は傷つくと買いなしている様子があります。テープ・ビデオの接触メディアは仕方ありませんが、気を使って利用してほしいです。

 荒川について。上中流域の情報は出しますね。

投稿: snob | 2011年11月27日 (日) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正蔵 古典落語の巨匠たち(テイチク):

« 圓生 古典落語の巨匠たち(テイチク) | トップページ | Bぐる »