« 落語の言語学「金明竹」 | トップページ | 落語記事の整理 »

2011年11月 8日 (火)

志ん生 極め付き志ん生(ポニー)

 長女の美津子さんが塚越アナと「三名人を語る」という対談を残しました。内容は「三人噺」などいろいろな本に書かれていることですが、中には珍しいエピソードも聞かれます。「ニッポン放送開局前」ではアナウンサーが遠慮がちに美津子さんと圓歌(2代)の息子と結婚したことがあることを口に出しています。
 圓歌は、志ん生と金馬がドサまわりで、東京に出てこいと声をかけたエピソードが残っていますから、そこからの縁だとうかがわれます。
 これは大全集セット販売の特典盤が単品発売されたのもだと思います。

 落語は「火焔太鼓」はじめとする志ん生十八番6演目ですが、「唐茄子屋政談」以外はすべて2005年の大全集に収められています。それまでのポニー全集(他社名義を含む)にはこの音源がすべて入っているのですが、それだけ別のものに差し替えてあります。「番外編」にも入っていないのは、これがあるからでしょう。古い全集のある図書館数を考えると、これを手に入れる価値があるかもしれません。

 東京では、大田区・品川区・千代田区・荒川区・文京区・葛飾区、埼玉では所沢市・富士見市・川口市・さいたま市にあります。

Kiwame


|

« 落語の言語学「金明竹」 | トップページ | 落語記事の整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志ん生 極め付き志ん生(ポニー):

« 落語の言語学「金明竹」 | トップページ | 落語記事の整理 »