« 酒井伴四郎日記からもう1冊 | トップページ | サザエさんで所有格 »

2011年11月23日 (水)

W再生ソフトのバグ 再アップ

 してしまったことの後始末です。W再生ソフトにバグがありました。

http://firestorage.jp/download/37255fa4eb5fbb7e9f07b61f7f47807c007d7606

上記に一週間アップしてありますので、以前ダウンロードいただいた方は入れ替えてくださいませ。

 今回は、久しぶりにカットバージョンの三木助「芝浜」をかりなおして、カット部分を確認していたらバグに気がついた、という情けない状況でした。プレーヤーを2つ持っていて、同時再生ボタンがついているのですが、プレーヤー2で停止・再生すると右左のチャンネルが入れ替わるというバグでした。プログラムのコードの中で+と-を書き間違えていました。

 ご承知のように、以前はコロムビア版だけがノーカット版(35'15'')で、ほかのポリドール・ポニー・キング・クラウンの音源はこのカット版(31'57)だったわけです。あまりにもバッサリやっているので、「落語はろー」のページで気づく前は別の音源だと思っていたくらいです。
 最近出た小学館の三木助全集では同じ音源をきちんとNHKのマスターから採録したそうです。出囃子がありません。テープが貴重だった時代なのでしょうか、原本には出囃子は存在せず、それまでのCDでは別に継いであるものだと書かれていました。それなのに小学館版の時間が36'22''とコロムビア版より長くなっています。内容は全く変わらないのに、コロムビア版のピッチがかなり速いからです。

 ピッチ違いの音源を比べるときは、速いほうのプレーヤーでポーズをかけながら調整します。それがとても面倒なので、ソフトにピッチ調整機能を持たせたいのですが、楽に実装できる方法がまだ見つかりません。

|

« 酒井伴四郎日記からもう1冊 | トップページ | サザエさんで所有格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W再生ソフトのバグ 再アップ:

« 酒井伴四郎日記からもう1冊 | トップページ | サザエさんで所有格 »