« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

馬生 落語歳時記(日本音声保存)

 日本音声保存ももう一枚。オムニバスの落語歳時記は春夏秋冬それぞれ2枚ずつ、文生や歌丸など季節の落語が組まれています。小さんも金馬、可楽も他で収録されている音源なのですが、Disk3夏・馬生の「お初徳兵衛」はビクターのものと違う音源で、他で手に入らないものなので、これだけ借りました。

 日本音声保存は、他社のCDセットも販売しているようですが、図書館では、グループの一員となっているエニーで登録してあるところが多いです。

 このセットを確保しているのは、多摩市・瑞穂市・東久留米市・府中市に8巻。目黒区が1本だけ持っているカセットには、この馬生が入ってません。都心部にはないのです。
 埼玉県立・滑川町・春日部市・幸手市・東松山市・さいたま市・志木市、そして市原市に8巻全部。

 Saijiki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

文楽 名演集(ポニー)

 ポニーの名演集、昭和の大名人のうち、桂文楽をまだ記事にしていませんでした。
 新編・古典落語名人全集、決定版!特選落語などのオムニバス商品にも文楽の高座が含まれていますが、すべて音源は同じものでスタジオ録音(客なし)です。「明烏・船徳・素人鰻・寝床・つるつる・富久」で、名演集3枚のCDに収められています。ジャケットのイラストは新しくなっていません。

 板橋区・葛飾区・渋谷区(カセット)・新宿区・墨田区・世田谷区・千代田区・練馬区・文京区・八王子市・狛江市・東久留米市・府中市・福生市(カセット)に3巻がそろって、荒川区・江東区・中央区・豊島区・港区・国立市・多摩市・武蔵野市に一部が存在します。
 埼玉県立・蕨市・日高市・幸手市・春日部市・深谷市に3巻と鶴ヶ島市・三芳町・草加市で一部を借りることができます。志木市と新座市には他シリーズで何点か。
 千葉県では千葉市と白井市に3巻です。

 ポニーの音源は実は録画の音声部分で、図書館にある落語映像資料については現在調査中ですのでまとまりましたらアップします。

Pony_bunraku


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

ハリー・ポッターが飛んでいる

 メインのデスクトップは再初期化のあと、環境を元に戻すのに時間がかかりました。たとえばCドライブに保存されるテンプレートなどは作り直しになります。できるだけDに保存するようにしているんですが。おかげでシステムはきれいになったはずで、ブルーレイも焼けるし、DLNAサーバ機能も不具合が消えたような。

 さて、塾のほうはそんな中、~している、という進行形を教えました。これは十年前から定番の手順があるので、あまり準備がいりません。
 まず、ハリーポッターのDVDからいくつかのシーンを見せます。たとえば放棄に乗って飛んでいるところでポーズをかけて Harry is flying. とか、チェスの場面でクイーンがキングを破壊するところで止めて They are playing chess. とか練習します。進行形は「動作している」映像を見て英語を言わせたいものです。大昔はこれを「絵」を見せてやったものです。同じ絵を過去形の練習にも進行形、はては未来にも使ったのだから乱暴でした。

 動作を見ながら口慣らしをしたあと自発的な発言を促す段階です。一人1枚カードをひきます。カードには動作が書かれていて順にそのジェスチャーをします。たとえば「バナナを食べる」「お茶を飲む」で、ジェスチャーしている間に「 You are eating a banana.」といえたらポイントになります。
 子供たちは大喜びでした。

Flying


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

落語の言語学「二十四孝」

 いやぁ恥ずかしい。テレビで見るまで知りませんでした。「真綿」って絹だったんですね。綿:コットンだと思っていました。「真綿で首を絞めるよう」はこれなんですね。
 だから言葉はわからなくなる。古い言葉のわからない若い人を笑えません。

 もう更新をやめてしまった、いーふろん亭で柳家の二つ目の人の「二十四孝」を聞いていてはっとしました。クスグリのなかに「天勝」と聞こえたのです。かすかな記憶がありすぐにググると、明治期の大人気女性奇術師、松旭斎天勝のことです。
 具体的には「この人はやまかつだ。手品師だね。なんだいそら。天勝の弟子でしょ、松旭斎。そうじゃねえよ、やまかつってな樵のこった」
 で、なぜ今頃「天勝」なんだろう。これを聞いてクスリとでも笑う人は皆無でしょう。「二十四孝」で扱ってる心学は江戸時代のものなので、明治の人じゃ噺の点景にもならず中途半端です。明治から大正にかけてはウケたのじゃないかと想像される程度。いま入れる意味がありません。
 二つ目さんですから、噺をさらってもらったそのままに演じているからとしか考えようがありません。昭和の名人たちの音源を探ってみました。志ん朝1点・金馬5点・圓生4点・小さん3点・正蔵1点、CDを残していますが、そのクスグリを使っているものはありません。

 一点だけCDになっていない小さんの放送音源に「天勝」を見つけました。結局、柳家の系統のクスグリだったわけです。「これはやまかつだ。へぇ天勝の弟子かい。そうじゃない、樵だな」
 その音源とは微妙な違いがあるので、小さん本人のものからとは限りませんが、柳家秘蔵のテープでも伝わっているのかなあ。なくなって当然のクスグリが平成の世に若い人にひょいと顔を出したということです。この人が成長していくうちに自分で消すはずです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

1年目のPC

 修理から帰ってきたパソコン、ちゃんと接触不良は直っていました。しかし、ブルーレイの書き込み障害はOSの不安定と診断されたのですから、厄介です。もう他のことをすべてやめて、リカバリに時間を費やしました。塾の補講をそのあいまにする有様です。
 システムのイメージは2世代保存してありましたので、一世代前に戻してみました。これはPCにやらせればいいので楽です。そこから録画書き出しソフトを最新にして…。しかしだめです。ディスクをまた無駄にしました。

 もうどこでOSに異常があったのかわかりませんから、完全初期化することにしました。WIN7のアップデートが生半可な量ではありません。また録画ソフトをアップデート、最低限の仕事のソフトをいれてアップデート。ブルーレイに書き出してみると大丈夫のようです。いつになったらPCの世話をしなくてよくなるのでしょう。

 同時期に出した5年前のノートも1日違いで帰ってきましたが、こちらは起動しません。でも修理に問い合わせる時間もありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

5年前のノーパソ

 昨年は故障続きでした。XPデスクトップが春に不調になり、買い換えました。そのマシンはHDDが不調のようだったので、以前の小さなHDDに戻してみても起動したりしなかったり。ところがコネクタに圧力を加えると安定したので、マザー故障ではないかもしれません。内蔵TVがアナログで、アナログビデオ入力が使えるのでご用済みになったビデオデッキを繋いでいます。落語ビデオを借り終えるまで生き延びてくれれば。

 新しいほうのデスクトップもディスプレイが不調で年が明けて修理に出しました。パネルを触るとディスプレイがON/OFFするので、これは無償修理。もうひとつ、ブルーレイが焼けない問題もあり、それはOSが不安定になっているからではないかという判断でした。メーカーではHDDを購入時に戻すというので、自分でやることにし、もうすぐ帰ってきます。

 暮れに5年前のXPノートパソコンも起動しなくなり、マザー交換の金額を考えて、ダイナブックに買い替えてしましました。その新しいノートもブルーレイが読めない状況に陥り、修理に出したらソフトの問題と診断。初期化からやり直して復調。その後、壊れたほうも薄くてドライブも内蔵、外に持ち出すにはこちらでなくてはと思い直し、修理に出してみました。
 問題なしと診断され、家で試すと起動しません。再度修理に出してメーカーでも症状を確認、なんとACアダプタが規定の電圧を出していないというのです。このACアダプタ、昨夏に新品に買い替えたものだったのですが。新品といっても保管されていたもののはずで、経年劣化は免れなかったのかもしれません。で、無償交換という電話が、今朝来ました。これももうすぐ戻ってきます。点検でHDDにエラーが見つかったそうなので、いずれゼロスピンドル化するかもしれません。

 暮れから新年にかけての修理はすべて無償で済みました。OSから再インストールの手間は半端ではないですが、今年はいいことだらけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

圓生ほか 東西名人揃いぶみ(ポニー)

 ポニーからときおりオムニバスものがでます。「国立演芸場開場三十周年記念 東西名人揃いぶみ 1979年3月 こけら落し公演」という長いタイトルの製品は、そのとおり壮大なこけら落とし公演の記録を2009年に10巻のボックスで発行したものです。

 演者は、文治(10)・圓歌・正蔵(8)・扇橋・圓蔵(7)・小さん(5)・遊三・小圓馬・馬生(10)・圓蔵(8)・小圓遊・圓窓・志ん馬・小せん・助六・柳好(4)・歌丸・文朝・金馬(4)・圓生・五郎兵衛・小南・圓右・柳昇・米丸とそうそうたる落語家が。漫才・漫談はWけんじ・牧伸二・三球珠代・千代若千代菊・いとしこいし・てんやわんや・玉川スミ・吾妻ひな子・圭子好江。名跡は当時のものではありません。
 1979年といえば落語協会分裂騒動の翌年です。出演者に影響はあったのでしょうか?

 正蔵は「火事息子」、小さん「蜘蛛駕籠」、馬生「妾馬」、圓生「鹿政談」を演じています。

 初めにボックスで出たときは、港区と文京区だけが収蔵しました。港区はバラで、文京区はセットで貸し出しています。港区が11件ヒットするのは、解説書もCDとして登録してあるからです。
 改めて検索したら、翌年にポニーがバラで発行したものがいろいろな図書館に入ってました。大田区・新宿区・練馬区・稲城市に10巻あります。世田谷区は落語だけを8巻持っています。
 埼玉県立・蕨市、八千代市・匝瑳市も2010年版を手に入れました。これからも増えるかもしれません。

Engeijo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

都立図書館から返事

 ちょっと前にチラと書きましたが、東京都の公立図書館の横断検索に「視聴覚資料検索」の機能が消えてしまいました。都立図書館のシステム変更によるものでした。

 それで公立図書館の落語CDについての記事を書くのが面倒になり、停滞しています。各区立図書館では視聴覚だけの検索ができるのですが、以前のように横断でざっと見られなくなり手間がかかります。
 そこで、暮れのうちに、視聴覚検索復活の要望を出してみたのですが、都立図書館から前向きな返事をいただきました。「視聴覚検索」と「地図で近隣図書館の選択」機能を追加するそうです。作業は春ごろ完了を予定だそうで、楽しみです。
 都民でない者にも門戸を開いてくれていて聞き集め作業がおかげで劇的に進んだのですからさらに便利になってくれれば最高です。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

10年前のノーパソ

 家族がメールとウエブだけするというので、10年前のXPノートのリカバリに取り掛かりました。機種はVAIO SRX7E/Pで、先に子供たちのために内蔵無線LANカードを上位交換したやつです。バックライトも壊れたのでジャンクの蛍光管をオークションで手に入れて、復活させたこともありました。子供たちも自分のWIN7ノートを持ったのでお蔵入りになっていました。
 それというのも、数々のソフトインストールや設定変更で起動・動作がすっかりのろまになっていたのです。先日自分のノートが壊れたときも再度使用する気にならなかったほどでした。

 で、思い切ってリカバリですっきりさせることにしたのですが、リカバリすると無印XPで、SP3が直に当たらないのです。SP1aを入れろと言い張りますが、ネットワークインストールが何度やっても失敗します。しかたなくSP2から当て、SP3にしました。おかげで夕べ一晩寝ずに完了を待ちました。アップグレードドライバをそのあとで入れたのは失敗でした。BTの切り替えアイコンが出なくなってしまったので、使うことはなかろうとそのままにしました。また一からやり直しはご免です。

 でも、目的の用途には多少きびきび動くようになったようで、喜ばれました。作業中HDDが雑音を出していたので寿命も長くないと思いますが、しばらくはまた働いてくれることでしょう。

 おかげでふだんのテーマの記事を書く余裕がありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

作れる

 ガチャピン・ムックで can を示した後、実際に子供たちにやらせてみて「できる・できない」を言わせたいものです。手近に実演することができて、即結果が出るもの。暮れの内から探し始めたのはジグソーパズルでした。うんと簡単・達成感が少しはある・5分程度しか時間がかからない・単語が易しいという条件を付けると見つかりません。幼児用のもっとも簡単なものは簡単すぎ、一瞬で完成します。一般のもっともピースの少ないものは時間がかかりすぎそうです。だいたい絵柄を英語で言えるほど単純ではありません。「作る」で表現したいので「パズルを作る」では意味合いが違います。

 せっぱつまって日本地図イラストを印刷して県別に切り抜きました。まず関東地方だけ7ピースを渡しました。思ったよりも中1の子はのってきました。まずピースがなんだかわかりません。気づいた子から2,3分で関東地方を組み上げていきます。間に合わなかった子は一人だけでした。で、I can make Kanto.

 次の時間は、全県47ピースを渡します。さすがにこれを組み上げられる子はいません。懸命に完成させようとしている途中できりあげ、I can't make Japan.

 これ以降は実演抜きに、泳げるとかスキーができるとか各自の能力について英語で表現していきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

落語の言語学「船徳」

 噺家の工夫はいろいろな演出になって現れます。しぐさや表情は昭和の名人たちのCDを聞くことではわかりません。独自のクスグリを加え、サゲや入れごとを変える演出もありますが、そういうことは評論家に任せて、「ことば」について考えています。 

 そこで、以前話題にした「舫う」の一件、調べてみました。志ん朝以前の大御所たちは躊躇なく「舫う」を使っています。
 徳三郎が舟をこぎだそうとして動かない場面。文楽「出るわけがねえじゃねえか。まだ舫ってあるよ」、可楽「いくらいきんだって、お前、舫いを解かずに竿はったって出やしないよ、舫いを」、小さん「寝ぼけちゃ困るぜ、おい。まだ舫ってあるじゃねえか」といった具合です。

 志ん朝は「何してんだよぉ、まだ繋いであるじゃねえか」「舫ってあるとなかなか船ってぇもんは出ねえもんで」と「舫う」を「繋ぐ」で補っています。

 「おい、何してんだよ。舫い、舫いが解いてない。縄を解くの。解かないうちはいくらやったって離れない」と「縄を解く」と馬生は言い換えています。兄弟で相談したりがあったのでしょうか。馬生も「船は出ないよ。舫いが解いてない、舫いが」「舫い…なるほど」という高座ものこしています。

 少し下の小三治は「ようようようよう、いくら突っ張らかったって出るわけねえよ、おい。まだ舫い解いてねえじゃねえか」と「舫ってある」を「舫いを解いてない」としています。

 「舫う」ははたしてどの年代までなら通じるのか。不明ですが、わかりづらい言葉であることは間違いないでしょう。でも全く使わず、全部「繋いである」に取り替えてしまうのも味がないと思うのです。「舫う」がわからないままでもキズにはならないと思いますが、話者は高座で「舫ってあるよ」でウケなければ工夫を考えるのでしょう。

 さて、時代が下がって、菊之丞の音源では「ようようって船出るわけねえじゃねえか。まだ舫ってあんじゃねえかよ」(略)「わかりました。この舫いを解いちまえば…」としています。さらに将来に「舫う」が残っていくのかどうか。

 言葉にこだわってみるわけ:
 「お見立て」について「落語ファン倶楽部」で、昇太が次のように書いています。「お見立てという言葉は死語なのでそれを使わずにワーッと盛り上がったなかで終わりたい」

 求めるものが異なるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

福笑い

 目を隠した相手の前にはおかめの顔の輪郭があります。隣の生徒が目のパーツをとって渡します。そこで何というかしばし考えました。"This is an eye."をいえばよいのです。それに合点がいけばあとはスムースに進みます。顔が完成したらアイマスクを外して次の生徒に回し、今度はパーツを渡す役になります。

 先生がチョークを手に取って"This is chalk."と言い生徒がそれをまねる。そういう授業はしません。福笑いを英語でやれば"This is ..."もコミュニケーションになります。次の段階ではパーツを2つ取って渡します。"These are eyes."をいえるようなら力がついたと判断できるでしょう。

 でも対象年齢が微妙です。中学生でやったら盛り上がりに欠けました。小学5年生は盛り上がりすぎちゃいました。すぎると日本語が出てきてしまうのです。

Fukuwarai


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

江戸城三十六見附を歩く(わらび書房)

 タイトル通り、外堀に沿って江戸の痕跡を見つけながらあるくためのガイドです。スタートは両国橋で、柳橋・浅草橋とジグザグに渡って柳原土手。柳原土手といえば「三方一両損」で財布を拾う場所ですね。他にもあったと思います。
 「右側は日本橋女学館やオフィスビルが立ち並び、その向こうが外堀(神田川)になる。この一帯は江戸切絵図を見ると土塁と道になっていて、それもかなり幅のあるスペースがとられていたようだ」
 こんな記述が場所ごとに続くのですがから、「江戸明治東京重ね地図」を起動して江戸と昭和を行ったり来たりするのがぴったり合います。

 「重ね地図」ももともとは「黄金餅」のいいたてを辿るために買ったソフトですが、折に触れ眺めていると楽しいものです。

Mitsuke


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

ガチャピンは何でもできる

 ガチャピンの絵、そして説明。He is a dinosaur. He is five years old. 次いで動画。He can climb. He can ride a motorcycle. He can dive.

 ガチャピンはほんとにいろいろなことができるので、can を導入するのにちょうどいいのです。だから現役教師だったころに「ガチャピン チャレンジシリーズ」DVDを買いました。上手とかそういうレベルではないので、「できるっ!!」と思わせてくれます。

 授業内で使う効果としては2本くらい動画を見せて、あとは静止画で十分です。動画はフリークライミングとスノーボードを選びました。

Gachapin

 そのガチャピンもテレビの番組がなくなってもう何年になるでしょう。イベント番組に出てくるくらいでしょうか。今の子たちもかろうじて知っているようです。使えなくなる日もやがて来ます。それまでは、「トビウオは飛行可能」よりは面白いと思うのです。
 ドラえもんも3年生の授業で使いますが、これは原作者が亡くなったあと継承されたので安堵したものです。作品としては反対の気持ちもありましたが。

 ところで、次はムックにでてもらって、He can ski. の映像を見せます。他には食べるしか能がないので can't に活用します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

図書館は今日から

 たいていの図書館が今日から開館のようで、暮れにリクエストしたものを取りに行きました。ついでに江戸に関する本もチラ見しました。今回は地名の語源をたどる本「江戸・東京の地名を歩く」(アステ新書)を借りました。日比谷が「ヒビの入った谷」という話で始まります。中で、発掘された室町頃の江戸の人骨が梅毒にかかった跡がある、などのエピソードにも括目しました。
 アメリカ大陸の風土病の梅毒がコロンブス発見から20年たたずに日本にも到達したのです。それが強毒性で急速に命を奪ったとは知りませんでした。そして宿主を殺す強毒性は50年ほどで、梅毒自らを弱毒性に変えたというのです。これから残りをゆっくり読みます。

 時間がちょっとあったので秋葉原から総武線で亀戸駅に行きました。改札を出ずにホームから亀戸大根の畑をながめたくなったのです。10年ほど前に息子と見に行ったものですが、今年もちゃんと植わっていました。まだ双葉でしたね。

Kameido_2

 駅内のNEWDAYSに目をやると、せんに見つからなかったキットカット「ストロベリータルト」が大量に置いてあるではないですか。後発の「抹茶ラテ」しか発見できなかったのであきらめたのに。サクラサクキャンペーンで増産したのでしょう。しかも二つ買うとファイルがもらえるという…

 年末年始は、テレビ・ラジオの落語放送がたまってしまい、聞くのが精いっぱいで調査までは至りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

キットカット届きました

 暮れから12月発売のキットカットを探していましたが、「桜抹茶ラテ」はコンビニに入りましたが、「ストロベリータルト味」がなかなか見つからないのでつい通販に頼っちゃいました。送料はサービスですが価格が少し高めなので相殺でしょう。この年始に発送になり今日到着しました。
 パッケージが大きめの変則形なのが不本意ですが、授業で使う日まで空箱は待機です。

Tart

Latte


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

あけまして…雑記

 おめでとうございます。

 年末から、「下戸でも飲みたい時がある」で、一口飲んじゃひっくり返ってました。昨年末は小さんの珍しい高座が放映されて、望外の喜びがありました。
 そして今日は1日なので映画に行きました。「MI4」で、途中で地震があり、30分ほど中断しました。この映画、「3」より出来が良かったです。続いて「山本五十六」のチケットを買ってありました。上演時刻は5分重なっていましたが本編には間に合いました。そちらのシアターも同じだけずれたのです。暮れにNHKの日本海海戦のCGのすごさを見て、もしかしたら映画の真珠湾やミッドウエイの映像はすごいかもと期待したのです。CGの時間は短すぎで期待はずれでした。ブレの映像も多用していました。ま、あのストーリーのどうでもいい「パール・ハーバー」もCG目当てで行ったわけですから。ストーリーは「トラ!トラ!トラ!」に勝るものはできないでしょう。

 そんなこんなでブログもほおってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »