« 馬生 人情噺集成(クラウン) | トップページ | SSD化 »

2012年2月 8日 (水)

大須演芸場

 続報が出ましたね。河出書房新社で42000円。初回特典と予約特典が5月10までならつくそうですが、こういうのは仮に図書館に納入されても省かれるんですよね。6月発売。演目は「明烏/井戸の茶碗/お見立て/火事息子/黄金餅/品川心中/芝浜/宗珉の滝/唐茄子屋/富久/浜野矩随/文七元結/へっつい幽霊/もう半分/柳田格之進/夢金」までは書いてありますが、全体像はまだ見えてきません。

Oosu


|

« 馬生 人情噺集成(クラウン) | トップページ | SSD化 »

コメント

ご無沙汰しています。 (^^)

大須での志ん朝さんは、のびのびと演じていたそうですから、
かなり出来が良いかもそれませんね。
欲しいけど悲しきかな貧乏人にはチョット~難しいですね。

大須演芸場と言えば、コミュFMのエフエムよっかいち(ポートウェイブ)で、
毎週金曜日21時から「らくごがイチバン!」という番組を流しており、その噺の解説で大須の席亭が解説をなさっています。
私も聴き始めたばkりですが、結構面白いですよ。
http://www.p-wave.ne.jp/
ネットで聞けますしね。

投稿: hajime | 2012年2月 8日 (水) 15時06分

「初CD化8演目」となっていますが、どのようなランナップになるのか楽しみです。CD化されていない演目となると寄席向きの軽い噺が多いように思えます。「あくび指南」「ぞろぞろ」「蒟蒻問答」「強情灸」あたりでしょうか。「錦の袈裟」は「にっかん飛切落語会」の音がすでに発売されていますよね。河出書房新社の担当者は「らくごはろー」をよく見て研究すべし!

投稿: にしの | 2012年2月 8日 (水) 23時40分

hajimeさん、にしのさんこんばんは。戻ってきたXPノートのお世話に手を取られ、お返事が遅れてすみません。

>大須演芸場
発売されたらまた図書館を探す活動が始まります。

>ご無沙汰しています
「はじめのブログ」も「らくごはろー」HPも毎日巡回しているので、お久しぶりという感じがありません。いつも楽しみに拝見していますよ。

投稿: snob | 2012年2月 9日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大須演芸場:

« 馬生 人情噺集成(クラウン) | トップページ | SSD化 »