« 圓生 廓噺・艶噺集成(クラウン) | トップページ | めぐりん »

2012年2月17日 (金)

正蔵 廓噺・艶噺集成(クラウン)

 このシリーズ、絶版なのにアマゾンで検索がかかる、と不思議に思ったら、新古品・中古品の出品でした。一本12,000で出ていますから他の出版社で何とかすればいいのに。

 さて、正蔵の廓噺はともかく艶噺は珍しい。バレがかかっているのは「天狗の鼻」と「艶笑小咄五題」くらいで、「廓の穴」「煙草の火」「羽織の幇間」は遊郭が舞台というだけのこと。もっともバレといっても現代のネットで何でもアリの状態から見ればなんともないわけで。そして「小咄五題」も張形・男根の噺ばかりで、男女の絡みがありません。

 正蔵のCD・カセットは荒川区・大田区・江戸川区・江東区そして揃っている府中市にあります。埼玉では圓生と同じく鶴ヶ島市・北本市にカセットが2本だけ置いてあります。今回は千葉県の横断検索が働きました。市川市にCDが1枚でした。

Kuruwa_s

 正蔵と話はずれますが、露の五郎が「鼠の耳」や「赤貝猫」「健礼門院」などバレ度の高い噺をこのシリーズに残しています。26枚揃えている府中市やカセット24本ある荒川区にこれがあるのは、まあ当たり前ですが、7枚のCDのうち6枚が露の五郎であるという川越市はどういう意図があったのでしょう。

|

« 圓生 廓噺・艶噺集成(クラウン) | トップページ | めぐりん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正蔵 廓噺・艶噺集成(クラウン):

« 圓生 廓噺・艶噺集成(クラウン) | トップページ | めぐりん »