« 志ん生 ベストコレクション追補 | トップページ | 根津 »

2012年3月17日 (土)

昭和の名人アンコール(小学館)

 決定版・完結編各26巻の後にアンコールとして4巻が刊行中です。すでに志ん朝・志ん生が発行済みであと金馬・圓生が出ます。新しい音源に関してはあまり期待をしていませんでした。これまでの音源監修の草柳さんのHPに情報が載っていないからです。記事もいまさら新しい事実は出てこないでしょう。

 でも、何があるかわかりませんから、決定版・完結編セットのある豊島区図書館を検索するとたまたま登録が終わったところだったらしく、一番で借りることができました。第1巻志ん朝はおなじ小学館の東横セットと同じ音源です。

 発売から登録のタイムラグから、予約したころに落語はろーのブログにに第2号の志ん生情報がのりました。それによると「鰻の幇間」がノーカットバージョンだというではありませんか。これは早く実物を手にしたい。今度は登録日を予想して何度かアクセスのうえ、これも一番の予約ができました。それを今日受け取りに行きました。

 真っ先に次号の予告を見ると圓生の「百年目」が初出し音源であると書かれています。これは楽しみ。思いがけない宝物に出会った気分です。ひょっとすると昨年の春TBSらんまんラジオ寄席で放送されたものかもしれないとあたりをつけていますが。

Anchor

 このシリーズ、豊島区のほか日野市で購入しています。(決定版のあった)埼玉小川町と千葉県立にはこれも入らない様子です。


|

« 志ん生 ベストコレクション追補 | トップページ | 根津 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の名人アンコール(小学館):

« 志ん生 ベストコレクション追補 | トップページ | 根津 »