« システム復活 | トップページ | 板橋~千石~墨田 »

2012年3月 2日 (金)

圓生・小さん 東宝名人会 落語名人芸(クラウン)

 このシリーズ、まとめて解説している資料が見つからず、全貌がつかめません。横断検索すると圓生・正蔵・金馬・小さん・志ん生・可楽がラインナップされているようです。(さらに圓蔵・柳昇・小南・米丸・歌丸・柳朝・夢楽・助六・文治・圓歌:圓蔵は代数表記が見つかりませんが、演目が「反対俥」なので現・圓蔵でしょう)

 こうしてみると集めがいのあるシリーズに見えますが、全席事典をひいてみると、志ん生の高座すべてが他と重複していることがわかります。「落語はろー」でみても、圓生1席、小さん3枚だけが必要なことがわかります。

 検索するのが少々厄介で、東宝名人会だけだとその会の録音は他からもでていますし、クラウンと限定すると日本クラウンが網から漏れたり(荒川区!)、落語名人芸は落語名人会と登録してある図書館もあったり(千葉市!)、手間がかかりました。

 圓生のものは「花筏」の入ったCDで、「一人酒盛り」(ビクターと同音源)とのカップリングです。文京区・荒川区・板橋区・新宿区・中野区・練馬区・葛飾区(カセット)、千葉市・浦安市(カセット)、三芳町・蕨市にあります。さいたま市のカセットは内容の記述がないのですが、番号からすると該当しないと思われます。

 小さんのほうは「大工調べ/千早振る、宿屋の富/高砂や、提灯屋/ちりとてちん」と6演目CD3枚ですが、豊島区・東村山市・荒川区(カセットふくむ)に全部とそして一部は世田谷区・板橋区・目黒区・府中市・中野区・文京区・葛飾区(カセット)・新宿区(カセット)にあります。埼玉では蕨市・三芳町・春日部市に3点ともあり、さいたま市のカセット1本はやはり該当せず。千葉県は千葉市に一部という結果でした。

Tohomeijin


|

« システム復活 | トップページ | 板橋~千石~墨田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圓生・小さん 東宝名人会 落語名人芸(クラウン):

« システム復活 | トップページ | 板橋~千石~墨田 »