« ありました | トップページ | 時代劇の背景 »

2012年3月26日 (月)

予約で検証

 昭和の名人アンコール3号ですが、圓生の「百年目」は予測が外れ、うれしいことに新音源だそうです。豊島区で予約して、今度は2番目になりました。

 それというのは、ちょっとした実験をして失敗したからです。「昭和の~」は書籍です。書籍なので購入のリクエストができるので、タイミングを見計らって入庫を確認して予約するのではなく、図書館に行ったときにこの圓生と次の金馬の巻を予約してみたのです。在館していない資料の予約は、ネットではできず館内のリクエスト用紙に記入して行います。
 提出して数日すると、「図書をお探しています」と表示されました。この時点でまだ図書館には納入・登録されていません。リクエスト用紙の反映は、どの時点で行われるのか。

 図書館に登録される日が過ぎました。検索すると圓生の巻が入っています。貸し出し中になっていました。気づいたら自分の予約はまだ「探しています」で、資料とのマッチングがされていないようです。そして他の人の予約が有効になっていたと。紙のリクエストは優先されないことがわかりました。このままいつになったらリクエストが反映されるかを試すべきでしょうが、待ちきれずに検索から予約を入れてしまいました。数時間後に「探ししています」は消えました。
 やっぱり予約の早道はなし。次の金馬の時はまたネットで地道にタイミングを計りましょう。

|

« ありました | トップページ | 時代劇の背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予約で検証:

« ありました | トップページ | 時代劇の背景 »