« 志ん生・馬生 廓話・艶噺集成(クラウン) | トップページ | 入門期のフォント・ダウンロード »

2012年4月 8日 (日)

金馬 落語名人撰(アポロン)

 このシリーズは全90巻のカセットで、ラインアップは志ん生(1-20:CDも)・文楽(21-24)・馬生(25-26)・今輔(27,28,49,50)・金馬(29,30,41-48)・圓生(31-40,81-90)・可楽(51-55)・百生(56-58)・文治9(59-60)・圓菊(61-65)・小南(66-70)・小さん(71-80)です。

 アポロン音楽工業>アポロン>バンダイミュージックと変遷して清算、このカセットもすべて廃盤です。すべてが他社から再発売されているわけでなく、図書館が強い味方となります。

 金馬10本をそろえている図書館は東久留米市以外にありませんが、必要なものは29たがや・46道灌・48やかんの3つです。これなら練馬区・文京区にもあります。また荒川区・品川区・墨田区・国立市・立川市・大田区・渋谷区にも1~2本あるので組み合わせて借りてください。
 埼玉県立図書館に金馬10本がそろいます。志木市には2本だけ。
 千葉県は流山市以外は見事に志ん生CDだけを所蔵します。流山市はいろいろな噺家のカセット26本が入っていますが、目的のものは1本のみです。その道灌は「道潅」とタイトルを間違えられてます。

Ap_kinba

|

« 志ん生・馬生 廓話・艶噺集成(クラウン) | トップページ | 入門期のフォント・ダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金馬 落語名人撰(アポロン):

« 志ん生・馬生 廓話・艶噺集成(クラウン) | トップページ | 入門期のフォント・ダウンロード »