« W再生 再び迷走 | トップページ | 公園にロケハン »

2012年6月18日 (月)

志ん生 落語名人撰(アポロン)

 志ん生は20巻29高座あるわけですが、すべての音源が他社から発売になっています。それでも万一、こちらのシリーズのほうにノーカット音源があるかもしれないと、確かめました。
 結論からいうと、必要ありません。ビクターとポニーで聞いていれば十分です。こちらのほうにカットのある音源も見つけました。

 ほとんどの音源が他社より速いので、W再生の時2~5%遅らせて比べました。速度を計算するのですが、それでぴたりと合って手を触れる必要のないものもあります。しかし言葉のカットはないものの、間をつめてあったり、途中で再生速度が変わっていてポーズを加えながら比べなければならないものもあります。
 また、2点の間にカット部分があれば、当然だんだんとずれてきます。

 カットを見つけたのは7つです。「付き馬」「疝気の虫」はもともとポニーなどもカット音源を出版していて、それと同じです。
 アポロン独自のカットがあるのは、「子別れ」です。28分ごろ、金坊が父親と会った時、母親の父親評があります。「腕はいいが、明き盲だ」というもので、それがすっぽり抜けています。
 「芝浜」でも終わり近く27分ごろに、女房をぶったら「手が曲がっちまう」、「唐茄子屋政談」では22分ごろ、嫌がる男に唐茄子を売りつけて「早く行け、よいよい」と罵倒するセリフ、「文七元結」で、50両受け取って廓を出た時の「草履の音・按摩の笛」が削ってあります。
 「品川心中」で「ウー」と志ん生が考え込む声が消してある以外は、アポロン編集者の意図が見えるような気がします。
 これらカット音源はすべてビクター落語で復活しています。

 さて、CDですべてそろうのは八王子市だけです。他は20巻以上持っていても、カセットとCDでダブりがあったりします。カセット含みで20本そろっているのは、練馬区・文京区・立川市です。他に葛飾区・足立区・荒川区・板橋区・北区・江東区・品川区・墨田区・渋谷区・中野区・豊島区・国立市・国分寺市・立川市・多摩市・八王子市・東久留米市・府中市と幅広く、東京での志ん生人気がうかがわれます。

 埼玉県では春日部市に全巻CDで、他に川越市・入間市・坂戸市・東松山市・朝霞市・和光市にあります。

 千葉県では市川市に全巻CDで、他に成田市・八街市・浦安市・松戸市・我孫子市・白井市・千葉市・君津市に一部があります。

Aporonshisho


|

« W再生 再び迷走 | トップページ | 公園にロケハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志ん生 落語名人撰(アポロン):

« W再生 再び迷走 | トップページ | 公園にロケハン »