« W再生 経過まとめと展望 | トップページ | 志ん生 落語名人撰(アポロン) »

2012年6月16日 (土)

W再生 再び迷走

 Windows Media Player SDKでいけるかと思った、W再生ソフトですが、サウンドの長さが取れません。長さが取れないと、位置の表示やクリックしてジャンプができません。速度計算のための位置合わせが、音の記憶頼りになります。
 でもそれは対策として長さの取得だけにAudiioVideoPlaybackなどを復活させればいいのです。

 しかし次に、バランス調節ができないという致命的な欠陥にぶちあたりました。自分の環境だけかもしれませんが、VB.NETが理由かもしれません。マイクロソフトのサンプルはすべてC++ですから。

 左右の音を聞き分けられないと作業に大きな齟齬をきたします。もうこれ以上、W再生ソフトを追及するのをいったんやめて、なにかブレイクスルーを待つことにします。落語音源調査や仕事にも響いてしまっては本末転倒ですから。

 この場合のブレイクスルーとは。SDKがバージョンアップして機能が復活する あるいは はずみで自分にC++を使う能力が身についてしまう…

|

« W再生 経過まとめと展望 | トップページ | 志ん生 落語名人撰(アポロン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W再生 再び迷走:

« W再生 経過まとめと展望 | トップページ | 志ん生 落語名人撰(アポロン) »