« いじめの構造(講談社) | トップページ | 遺髪の始末 »

2012年8月14日 (火)

”落語はろー”で落語研究会

 現在の第5次落語研究会ですが、全容が知りたいとおっしゃる方があって、私も国立演芸場で訊ねてみたことがありました。ところが毎日見に行ってる「落語はろー」のページで、演題リストが公開されました。なかなか手に入らないデータです。

|

« いじめの構造(講談社) | トップページ | 遺髪の始末 »

コメント

早速ご覧いただき有難うございます。第5次落語研究会は
TBSの主催ですので、国立劇場・国立演芸場には
資料はないと思います。TBSに問い合わせたとしても
個人ではデータを貰える可能性は低いでしょうね。
私所持のデータは、10年ほど前まで、とある方が公開していた
HPのデータに、東京かわら版などからのデータを大幅に
加筆したものです。

投稿: にしの | 2012年8月14日 (火) 23時36分

 その通りで、国立劇場は自ら開催したものの資料だけだそうです。次は隣の伝統芸能情報館でもあたろうかと思ってました。あるいは東京かわら版を拾い読んでみようかとも。

 このようなデータを見ると、まだまだTBSは音源・映像を隠し持っているようですね。また、初期の様子を思い浮かべるだけでもワクワクしますね。44光年離れた宇宙空間には微弱電波となって放送が漂っているかも。

投稿: snob | 2012年8月15日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”落語はろー”で落語研究会:

« いじめの構造(講談社) | トップページ | 遺髪の始末 »