« 志ん生復活!落語大全集(講談社) | トップページ | 大須演芸場の番 京橋・築地・有楽町 »

2012年8月24日 (金)

テレビの英語

 テレビの情報なので、どこまであてにできるか。フィンランドでは自国テレビ番組があまりなく、幼児のうちから英語のドラマを吹き替えなしでみているので、英語が得意になるといいます。ちょっと前ならフィンランド人に本当かどうか確かめられたのですが。

 子供を教えていると、思春期に急激に英語をしゃべらなくなるのが気になります。ふたつ理由があって、自分について主張することがなくなること。ここのところ”Who do you respect?”と質問を続けたのですが、答えがない。あとは間違えることへの恐れです。

 間違えたって平気だと教えたいのですが、テレビであんまりでたらめな英語を使ってほしくないですね。Let's cooking. とか、”ボリューミー”とか、英語の放送をしなくたっていいですが、あえて誤用を用いる必要はありましょうか?放送局も考えてくれるといいんですけどね。

Letscooking


|

« 志ん生復活!落語大全集(講談社) | トップページ | 大須演芸場の番 京橋・築地・有楽町 »

コメント

以前はNHKでセサミストリートを英語で放送してましたね。
たまたま視たらスティービー・ワンダーがゲストに出ていて凄いなと思ったような。
吹き替えになって、副音声が英語だった時期も有ったと思うのですが記憶が曖昧です。

今は放送してないのかな?

セサミストリートを見て笑えれば中々の英語力ではないのかな?

投稿: nam | 2012年8月24日 (金) 12時44分

 英語だったと思います。セサミストリートの”アク”には、どうも私はなじめませんでした。

 幼いころはテレビもアメリカ番組ばかりでした。「ポパイ」も「マイティーハーキュリー」「バットマン」、「ララミー牧場」「ローハイド」…占領から十数年しかたってなかったわけですから、あれが全部英語で流れていたとしたら?

投稿: snob | 2012年8月24日 (金) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビの英語:

« 志ん生復活!落語大全集(講談社) | トップページ | 大須演芸場の番 京橋・築地・有楽町 »