« テレビの英語 | トップページ | 「猪買い」は江戸でできるんじゃないかな »

2012年8月25日 (土)

大須演芸場の番 京橋・築地・有楽町

 本当はこないだの月曜日にリクエスト資料を取りに中央区に行くつもりでした。でも暇がなくて延期していたら、その間に「大須演芸場」の順番が回ってきたので、文京区にも寄れるのでちょうどよくなりました。資料は1週間は取り置いてくれます。
 それに月曜はちょっとメダリストのパレードもあったわけで、それも見たいなと思っていましたけれど、行かなくてよかった。あんな、永代橋だった落ちるような人数がいたのでは、のこのこでかけたのでは人ごみにもまれるだけだったでしょう。

 中央区の図書館は区役所の裏にあります。今日は朝から出かけたので、ビデオを借りた後、初めて築地場外市場というところに足を延ばしました。さすがの品ぞろえで、久しぶりに”花咲ガニ”を見ました。懐かしい。

Tukiji_2

 昼には早かったので、そこでは何にも口にせず、銀座を通って有楽町駅。アンテナショップの”どさんこプラザ”にいって、夕張メロンソフトを食べて暑さをしのぎました。

 そのあと、文京区の図書館に行って念願の志ん朝「大須演芸場」を借りました。大きい。CD30枚ですからねぇ。予約特典、初回特典は?とすぐに探しましたら、BOOK3に封入してありました。図書館は5月の発売前に予約していないはずですから、予約特典は予定までに、はけなかったに違いありません。

 現在120人待ちになってますので、できるだけ早く聞いて次の人に回したいです。まず「三年目」を聞きました。例の”葬儀の剃髪”をどう演じているか。
 聞き始めて、音の悪さにぎょっとしました。志ん生、文楽時代の音質です。でも、聴き始めると気になりません。すぐに話に引き込まれます。マクラもこれまでのCDと違う、惹句どおり、のびのびと話していて、これまでの音源と違う感じです。録音・発売を意識していないからですか。
 この「三年目」は、1996年で最後発ですが、説明なしの”泣く泣く野辺送り”に戻っていました。

* * *

 新たに小三治のDVDがでるようですね?

|

« テレビの英語 | トップページ | 「猪買い」は江戸でできるんじゃないかな »

コメント

築地の場外へ行かれたのですか。
築地は場外が面白いです。
場内は素人のかたは買い難いでしょうねえ。
量も買わなくてはなりませんからね。
以前は素人のかたと見ると売ってくれませんでした。

そこへいくと場外は誰でも買い物が出来ますね。
私が知る限り、場外も場内も基本的な値段は変わりませんね。
場内は量がおおいので単価的には少し安いかもしれませんが・・・
築地の面白い処はマニアックな店が有るという事ですね。
見ているだけでも楽しいです。
場外の建物の中に入ると迷路のような通路にそのマニアックな店が軒を並べています。
楽しいですよ(^^)

すいません、落語以外の事に夢中になって仕舞いました。

志ん朝師は寄席等でも録音を前提にしない高座のびのびとしていて、たまにトチっても余裕があって良いんですよね。
大須の録音もそんな感じなんですね(^^)

投稿: hajime | 2012年8月25日 (土) 21時17分

 場外です。今回は時間が余ってぶらぶらしただけで、知らない世界でした。石ちゃんのサインがあったり、スーパーでは見られない山盛りのマツタケとか。通りをうろついていても、奥の方にも店が見えました。なんだか海鮮丼の店がたくさんありました。
 今度、返却に行きますから、プロのおすすめのお店はありませんか。

 図書館では東京都公園文庫23「堀切菖蒲園」という本をぱらぱらめくりましたが、品種の話ばかりで、歴史はちょびっとでしたね。

投稿: snob | 2012年8月25日 (土) 21時39分

最近は千住ばかりに行っているのでご無沙汰ですが、
大分店も変わっているでしょうね。
ラーメンなら晴海通り沿いにある「井上」と言う店がお勧めです。
ラーメンと言うより中華蕎麦と言う感じですが、
昔からここの店の味は段違いでした。
良く食べました。小さなカウンターと歩道に椅子とテーブルを並べただけの店でしたが、いつも人だかりが出来ていました。
私が東京で、お勧めするラーメン屋はここと、浅草の「馬賊」だけです。
両方共さっぱりでコクがあります。
「井上」は細麺で「馬賊」は手伸ばし麺です。
「馬賊」は、その妙技を見るだけでも価値があります。

今の堀切菖蒲園はかっての私の家でもあり、「堀切園」と言う菖蒲園
でした。
歴史の本等では最初の「小高園」ばかりを取り上げますが、ここは戦前にすでに廃園になっています。
戦後まで開いていたのはウチだけでした。
そのおかげで、山の様な借金が残りましたが(^^)

でも、今に残せて祖父母もあの世で安心しているでしょうね。
江戸花菖蒲の元は堀切ですから(^^)

投稿: hajime | 2012年8月25日 (土) 22時21分

おお、ありがとうございます。ラーメンはあまり食べませんが、食べるなら今の流行と違って”さっぱり”ですので。そういえばラーメン店が3~4軒ならんでいました。

 >山の様な

 伝統を守るのはたいへんですね。

投稿: snob | 2012年8月25日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大須演芸場の番 京橋・築地・有楽町:

« テレビの英語 | トップページ | 「猪買い」は江戸でできるんじゃないかな »