« 志ん生 咄家一代・続報 | トップページ | 谷中銀座 »

2012年9月29日 (土)

浅草寺プラモデルが…

 ここ何か月か、ネットで見ては考えるものがあります。フジミ模型の「浅草寺」です。以前大人買いして積みプラになっているものばかりなので、こっち方面は引退したつもりなのですが、「名所図会」でも参考に小屋掛けの仲見世を付け足して江戸時代バージョンを目指してもよいかな、と考えたりします。子供のころ、飛行機やウォーターラインにまじって「二重橋」をつくった覚えがあります。

Fsensouji

 それにしては五重塔の造形にちょっと不満を感じます。反りがなく屋根が直線のような気もするし、このスケールならやむを得ないのか。
 それとも、童友社のものの方がよいか、そちらは本堂がなく、情景を復元するのが大変です。どちらにしても場所が問題になります。

Dsensouji

 そんなことを考えて、ときどき完成図をネットで眺めていたところ、30年来探していたプラモが復刻していたのを見つけました。それは「札幌時計台」です。
 日本3大がっかり観光地ともいわれる時計台ですが、母校ゆかりのものでもあり、学生時代は折に触れて眺めに行ったものです。今はビルの間に埋もれていますが、かつては拓かれた原野の中に建っていました。卒業してしばらくして、機会があればプラモを探し始めたのですが、1970年代のキットでもう絶版になっていました。
 代わりに、いくつかペーパークラフトを買いましたが、特有ののっぺり感と紙が曲面になるのが気に入りませんでした。

 プラモの金型は高価なもので会社もおいそれと廃棄しません。倉庫に眠っていたはずです。それが数か月前に復刻したので、ポチっちゃいました。主義を曲げましたが、数十年前を思えば、勘弁してくれるでしょう<自分

 時計盤面と窓が紙なので自作し、2階の床を貼って階段をつけることでしょう。いつになるかはわかりませんが。

Ftokeidai

 が…「時計台」に化けてしまったというお話。


|

« 志ん生 咄家一代・続報 | トップページ | 谷中銀座 »

コメント

snobさんは北大御出身なのですね。
namさんと同じですね。
一度は行ってみたい北海道です(^^)

私は子供の頃から不器用でプラモデルも綺麗には完成させられませんでした。
きっと息子がいたら
「駄目なオヤジ」と烙印をおされたでしょうね(^^)

投稿: hajime | 2012年9月29日 (土) 14時05分

>子供の頃から
そうなんですよ。志だけは高いのでみんな作らずに箱の中です。だからもう増やしません!

>出身
「びんぼう自慢」の記事の時にnamさんからお話があって、筆は抑えたのですがめちゃくちゃ驚いてしまいました。

でも青函連絡船のころですからねぇ。

投稿: snob | 2012年9月29日 (土) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草寺プラモデルが…:

« 志ん生 咄家一代・続報 | トップページ | 谷中銀座 »