« 志ん生 廓噺・艶噺集成(クラウン)追加 | トップページ | 江戸のススメの新CG »

2012年10月 4日 (木)

比較の準備2

 いろいろの復習や、新文型の練習もしながら、比較にはじっくりと取り組んでいます。というのも、既知の形容詞の数が足りません。不規則動詞の過去形など、もっと重要なことに時間を割いているので、これは小学生のうちにもっと教えておくべきでした。
 初めての単語よりは、知っている単語にerをつけるほうが話は簡単です。

 さて、前回2本の長さの違うヒモを引っ張って、longer, shorterを言いあいましたが、次はヒモを握っている方が、長さを指定して引かせます。
"Which is longer?"
"this is longer."
 同じように勝ち負けがかかっているので、大騒ぎで遊びます。

Bigger_pump
 さらにその次の段階。本当はビー玉くらいの大きさのおもちゃがあればいいと思いましたが、見つからなかったので、カードを2枚ずつ渡します。季節のハロウィンかぼちゃの大きさ違いがそれぞれに印刷されています。

 また2人が向かい合って、カードを一方が伏せ、もう一方が1枚のカードを当てます。まず、デモンストレーションで私が大きいかぼちゃを指さして、
"This is ..."
 と水を向けたところ、
"bigger"
 と、応じた生徒が現れました。予想外の成果です。大いに褒めました。こうなると小さいかぼちゃを指せば、
"smaller"
 全員が声をそろえます。

 相手を変えながら楽しく遊べました。2回戦では"Which is bigger (smaller)"でカードを指定させました。

 

|

« 志ん生 廓噺・艶噺集成(クラウン)追加 | トップページ | 江戸のススメの新CG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比較の準備2:

« 志ん生 廓噺・艶噺集成(クラウン)追加 | トップページ | 江戸のススメの新CG »