« 志ん朝 平成狸合戦ぽんぽこ | トップページ | 脱帽です »

2012年10月29日 (月)

英語のノート

 WORDでは四線の英語ノートを作ることができない、といったら同意いただけるでしょうか?

 WEB上にテンプレートもあったりするんですが、白紙の四線ノートを印刷するだけなら簡単です。

 しかし、薄い文字を印刷してそれをなぞる、初心者指導を行おうとすると、その四線上に文字を入力できなくてはなりません。たいていのサンプルでは1行に1本の線を書き込んでいるので、四線上に文字入力ができません。PDFの四線ノートと同じことです。

 36ポイントのアルファベットを使うと大体1ページに15行の英文が書けます。そのアルファベットに合わせて、ベースラインは実線、他の三線を破線で1行分描いて、グループ化。それを15行の文字とずれないようにコピー・ペーストでできたように見えます。
 しかし、文字を削除するとすべての四線が1行に集まってしまうので、15行分でグループ化しておくことを忘れてはいけません。
 ところが、2ページ目を増やすと、そこには四線がありません。1ページ目の15行グループをコピーして貼り付けます。文字に合わせて作ったのに、微妙に斜めにずれてはりつきます。かろうじて目的に近くなっても、文を修正してページが減ると、その罫線は1ページ目に重なります。

4lines

 Windows8がリリースされて、UIは進歩しているはずだし、マシンの処理スピードはワープロソフトの処理を超えたところに達しています。でもこんなことが、ニーズはわずかとはいえ、できないので困ります。

 10年以上前の古い、ロータス・ワードプロというソフトを捨てられないで使っています。このワープロはページのスタイルを保存できるので、同じスタイルのページが増えると一緒に罫線が増え、減るとページと一緒に消えます。それでも英文ノートとして最適とはいえない面があります。
 Win95以降、一太郎を使ったことがないですが、今の一太郎ならどうなのかなぁ。

追記:協力いただいてできたので、左のペインからダウンロードできるようにしました。

|

« 志ん朝 平成狸合戦ぽんぽこ | トップページ | 脱帽です »

コメント

図形をヘッダーに置くとどうなりますか?
図形のアンカーをヘッダーに置くと言ったほうが良いかもしれません。

投稿: nam | 2012年10月29日 (月) 08時41分

なるほど!ヘッダ!考えもしませんでした。これで数年来の懸念が解決しました。
 ありがとうございました。やはり世に達人はいるものですね。

投稿: snob | 2012年10月29日 (月) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語のノート:

« 志ん朝 平成狸合戦ぽんぽこ | トップページ | 脱帽です »