« 三木助のお墓にお参りしてきました | トップページ | 外に出るときは落語を持って出よう »

2012年11月20日 (火)

筆記体

 もう20年以上前から筆記体は教えません。当時授業数が週3時間に減ったので、大文字・小文字で四苦八苦する子供もいるので、現代に不要と思うものは省きました。ALTに聞いてみると、「おじいちゃんが使ってた」というような反応です。さらに世代が変わればいずれそれもなくなるのでしょう。

 教わった時代の人たちから懐かしむ声が聞こえます。でも使わないものは無駄。その人たちには余裕があって負担にならなかったというだけの話です。

 テレビ放映を録画しておいた「きみに読む物語」(2004年)をみたら、やはり「祖父の時代」なのでタイプライターでさえもなく、確かに筆記体です。

Notebook

 この映画は公開時に見ています。若い二人の恋愛模様の部分は、きれいだなという程度。ギリギリまで肉体関係を持たないのがその時代でしょうか。二人が認知症に悩む老夫婦であることを明かしてからも、若い時代の男性どちらなのかを最後まで迷わせるのは監督のテクニックでした。老人パートは胸を打つものがありましたが、もっともショックだったのは…

 老人がどこかで見た人だなーと思いつつラストシーン直前で、中年時代の写真が老優のそれを合成したもので、ジェームズ・ガーナーだと分かったときでした。

 あの「大脱走」などでの颯爽とした俳優に、元気な姿でまた会えたなんて。大感動でした。ストーリーに関係ないですね。

 「ナイト・ミュージアム」(2006年)で、「メリー・ポピンズ」のディック・ヴァン・ダイクに再会した時も心の中で大騒ぎしましたけどね。

|

« 三木助のお墓にお参りしてきました | トップページ | 外に出るときは落語を持って出よう »

コメント

今は筆記体を使わないと知ったのは、今年二十歳になった娘が中学の時に英語の宿題を教えていて、答えを書いたのですが、娘から「読めない!」と云われて知りました。
時代は変わるものですね。
筆記体と云えば、アニメ「氷菓」でこの「氷菓」の意味をくだらないダジャレだ。と主人公が言い、説明するのですが、Icecream→I screamと紙に書いて説明するのですが、現代の高校生の話なのに、アニメのスタッフが筆記体世代だった為に主人公も筆記体で書いていました。
「今の高校生は筆記体書かない」とクレームが付いたそうです(^^)

投稿: hajime | 2012年11月20日 (火) 15時19分

 中学でそうなっても、進学した先の高校の先生にその意識がなく、黒板に筆記体のみを使っていて困ったという話を卒業生からしばらく聞きました。
 教育現場はかくに変化への適応が遅い代物なのです。

 筆記体っぽいのはサインくらいで、それもみんな自己流です。

投稿: snob | 2012年11月20日 (火) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筆記体:

« 三木助のお墓にお参りしてきました | トップページ | 外に出るときは落語を持って出よう »