« きれいになりました | トップページ | 落語研究会DVD »

2012年11月 2日 (金)

三世 桂三木助

 リカバリしたPCがさっそく不調です。直後に保管したバックアップから書き戻してもみましたが、同じ不具合が発生します。うまくスリープに入れないのです。
 定めです、仕方ありません。バックアップはもう捨てて、またリカバリです。これでだめならハードの故障か…

 だから、またパソコンのそばについて、再起動やシリアル番号の指示待ちで、読書がはかどりました。山本昌代「三世 桂三木助」(新潮社・1997年)です。
 描きやすい人とそうでない人がいるのでしょうが、これまで読んだのは圓朝と志ん生でした。自伝・エッセーは結構出ていますが、圓生では芸談ばかりで小説になりにくいのでしょう。文楽や志ん朝も難しいかも。
 以前「三木助歳時記」を読みましたが、この人は小説の題材になるんですね。繰り返し取り上げられているとは知りませんでした。

 確かに博打に生活をむしばまれ、踊りの若い弟子の仲子との出会いにより立ち直って、名声を得る、波の多い人生です。話題には事欠かないでしょう。
 でもこの本はそのあたりは予想したよりさらりと流しています。初めのうち作者は何を描きたいのだろうといぶかしく思いました。239ページの短めの書き下ろしなので一気に読み進めて、途中三木助の高座姿の美しさを描写する文に納得をしました。この本は三木助が求めた美について描いたのですね。
Sannsei

 アンツルが予定して完結しなかった、三木助の死で物語は閉じられます。あれも三木助の美学なんですね。熊谷直実の故実から生まれたとは知りませんでした。この部分もよかった。志ん生が呼ばれ、文楽が呼ばれ、ちゃんと柳橋も来ていました。

 三木助の高座の映像はないはずですが、ぜひ見たいものです。

|

« きれいになりました | トップページ | 落語研究会DVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三世 桂三木助:

« きれいになりました | トップページ | 落語研究会DVD »