« 実体験とことば | トップページ | 老ぃ »

2012年11月11日 (日)

英検・面接

 今日は、英語検定の2次試験、面接の日です。希望者を募って、英検クラスを設けて練習してきました。1次をぎりぎりで受かってこの日を迎えました。
 本人たちも意欲が出たらしく、昨日は面接の特訓をしてくれというので、過去問を何問もやりました。英検の価値はこの2次試験にあるので、いくら1次試験で高得点でも「英語を話せるかどうか」は別物です。ただし、2次試験で使われている英語の難易度は1次試験のものより数段簡単になっているので、3級合格でやっと4級の会話力に値すると考えています。しかも5分程度の時間では短すぎるのと、2次の採点基準が下に抑えられている傾向がある(=受かりやすいとの評がある)ので、どうしても会話力向上には直結しません。
 TOFLE・TOIECは私が社会人になる前には知名度がなかった?ので全く受けたことがありませんが、スピーキングの能力の比率は高くないようです。

 さて、猛特訓の甲斐あって、練習が終わるころにはスムースに答えが口から出るようになりました。雑談で試験のことを質問しました。学校外でテストを受けるのは初めてなのでしょう。

 「会場はどこ?」「S高校」
 「一人で行くの?」「友達と行きます」
 「どこの駅で降りる?」「A駅です」   (本当はN駅)
 「何時に集合?」「来た順に試験をやるって」  (ンなことはない)
 「受験票に書いてあるでしょ」「見てません」   (おいおい)
 「N駅って行き方わかる?」「知りません」
 「O駅でK線に乗り換えて…」「T線じゃないんだ、O駅の西口で降りれば行けますか」「ダメです、駅の中でX番線に行って…」

 試験の前日にこんなトンチンカンなやりとりで、中2って”こども”なんだなーとつくづく思いました。

 ところで文科省のうしろだての英語検定に対抗?して、外務省の管轄の「国連英検」っていうのが何年も前から学校にチラシを送って来るようになったことがあるのですが、たくさん受けているのかしら?

|

« 実体験とことば | トップページ | 老ぃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英検・面接:

« 実体験とことば | トップページ | 老ぃ »