« 変わる言葉 | トップページ | Wikipedia »

2012年11月 7日 (水)

初台から新宿

 天気が良いのに誘われて、志ん朝のDVDがおいてある渋谷区本町図書館に行ってみました。山手線から西側というのはあまり行ったことがありません。初台(新宿区)の駅も以前に降りたことがありません。

 初台は地名通り緩やかな頂点になっているようで、渋谷区に入ると下り道でした。静かな住宅地の中のこじんまりした図書館です。図書館そのものについては、東京都内図書館全部制覇(島嶼部を含む)というものすごいサイトがあります。うちのブログではあくまで落語関係だけ。
 渋谷区のDVDは映画もこの図書館にまとめてあるようです。だから渋谷区のDVDはみんな貸出禁止。ここに来館して鑑賞することになります。
 借りたテープを返却して、あわよくば志ん朝DVDを見て帰ろうと思ったのですが、5台ほどあるTVはすべて埋まっていて、壁のタイムテーブルを見ると、2時間ほど待たなければならなそうなのであきらめました。日によっては朝から並ばなくてはいけないそうです。
 ここはDVDを閲覧者が操作することはなく、カタログから選んで係員に申し込むと、貸し出しデスクの裏手の再生機に入れてくれて、席で鑑賞する方式です。国会図書館と似ていますが、国会図書館では手元で再生・停止をコントロールできます。こちらは流しっぱなしなので、落語を研究するには向きません。
 レーザーディスクの再生機、そして圓生のLDもあったりします。いまどきLDを借りようという人はないでしょう。渋谷区が他の区のようにDVDを貸すようになれば、志ん朝の落語研究会を貸してくれるのかもしれません。

 帰りは電車に乗らず、甲州街道をそのまま新宿まで歩きました。しばらく歩くと文化学園大のあたりで、角筈の地名が見えました。ひところ圓生も角筈に住まっていたはずです。そのすぐ前には時代のかかった寺がありのぞいてみました。諦聴寺といって享保の時代の木像聖徳太子立像があるそうですが拝観はできませんでした。

 ちょいと回転寿司でつまもうと店に入りました。店内で仕込んであるという言葉に惹かれたのですが、とんでもない代物で2皿食べて帰りました。隣の席に外人カップルがいて、これを食べさせるなんてかわいそうと思いながら店を出ました。
 甲州街道は新宿駅南口に直結です。そのまま電車に乗りました。

|

« 変わる言葉 | トップページ | Wikipedia »

コメント

図書館ではDVDを「見るのを諦めて」、帰りがけに寄った寺が諦聴寺「聴くのを諦める」とは、ちょっとした縁でしょうか。

投稿: mirach | 2012年11月 8日 (木) 05時32分

! 偶然ですね。気付きませんでした、漢字変換するときそうやって漢字を出したのに。

 視聴の予約もできないで当日受付なので、近くの人しかなかなか鑑賞に行く気になれないと思います。よそで落語研究会DVDを入れてくれるのを待つしかないようです。でもレンタルショップにも並ばないので何らかの制限がある(あるいは非常に高価に設定されている)のかもしれません。

投稿: snob | 2012年11月 8日 (木) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初台から新宿:

« 変わる言葉 | トップページ | Wikipedia »