« 筆記体 | トップページ | 落語の参考書 »

2012年11月21日 (水)

外に出るときは落語を持って出よう

 東京まで出るときに、電車の中のお供はもっぱら録音したラジオ放送の落語です。

 ipodやウォークマンなどの携帯音楽プレーヤーを持っていないので、数か月前までは職業柄所有しているICレコーダーにwmaやmp3を落として携帯していました。外国人の声を録音して授業やリスニングテストに使うものです。
 ICレコーダーは4機種買い換えました。初めのころのものが使いづらかったからです。最初は外部メモリが使えませんでした。音質も圧縮が強く、満足できないものもあったのです。録音した音声はPCで処理します。リスニングでは2~3度繰り返します。それをまたレコーダーに戻して学校の放送機器にイヤホンジャックでつなぎます。
 外部メモリもメモステ・スマートメディアなど。次々新規格カードが出て、デジカメなどとも共用できずに困りました。

 保存も音質が悪いだけでなく、独自形式なのもあり、PCにはいったん変換して取り込む操作性の悪いものも。

 そして、最初のものは音楽をプレーヤーに移動できませんでした。かなり後までかたくなにmp3を使える機械は出ませんでした。展示会にでかけて、要望を伝えたこともあります。SONYには、(若い社員は知らないでしょうけど)ICのデンスケを出してくれと言いました。

 今は学校にいないので新しいものは不要で、最後のICレコーダーをそのまま使っています。それでもUSBでつなげるし、mp3もwmaもそのまま放り込めるから、落語音声をPCから移動して電車の中で楽しんでいました。
 携帯プレーヤーのほうが見てくれはいいでしょうけど、使えるものがあるのだから。

 それがここ数か月で携帯に変更になりました。接続ソフトのバージョンが上がって、できなかったmp3の取り込みができることが分かったからです。mp3が取り込めればダウンロード配信の妨げになるのは理解します。
 CDからPC経由の取り込みはできるので、mp3を集めてCDに焼いて、あるいは仮想CDを作って、携帯に持って行けるのは知ってました。でも面倒じゃないですか。

 それにキャリアも気づいたのでしょう、数年前からできるようにしたようです。大学生の息子もこれを知りませんでした。専用ソフトを使って形式を変換しなければなりませんが、これで携帯電話も使えるものになりました。(本当はそのままmp3で放り込みたい)

 BTヘッドフォンで繋いで、荷物も減って快適です。ときどき吹き出すのをこらえるのがつらいこともあります。

 このユーザーの使いにくさがガラケーが世界に通用せず、スマフォを作る体力を失わせたのではないでしょうか。

 本当は、音楽取り込みもBTでできたほうがいいです。そしてブログに使う写真も携帯で撮影しますが、BTでパソコンに持ってくるときは1枚単位で転送操作を繰り返します。だからBTが普及しないんです。

     「角を矯めて牛を殺す」…こんな諺を思い出します。

|

« 筆記体 | トップページ | 落語の参考書 »

コメント

携帯の音楽の使いにくさは相変わらずですね。
今はマイクロSDで記録容量が増やせるのだから、mp3をそのまま聴ける様にして欲しいです。
まあ、私の携帯は2年前のですがww

普段は私は携帯mp3プレイヤーを持って出かけます。これはリンゴの会社のではなく、ごく普通の得体の知れない会社のです。
SDカードタイプなので、演者別やその日の聴きたい演目ごとにSDカードを作り、その日の気分でチョイスして出かけます。
最近、秋葉で買ったのは4.5x3x1という小ささで液晶画面がついてるやつです。
但しイヤホンはいいものを使います(^^)

投稿: hajime | 2012年11月21日 (水) 23時32分

私も電車やバス、それに喫茶店で暇つぶしをする時などにi-pod等の携帯プレーヤーではなくICレコーダーを使って落語や音楽を聴いています。これで充分なので再生専用の機器はあえて買わず、また、もちろんスマフォでも聴けるはずなのですが使い方が分からず、相変わらずICレコーダーを使用しています。落語は15分から20分程度の短い噺を中心に入れ、時間に合わせていつでも切れるようにしています。

投稿: mirach | 2012年11月21日 (水) 23時36分

 おやmirachさんは、レコーダー使いでしたか。あまり持ってないですよね。
 hajimeさんはプレーヤー。私がプレーヤーを買わなかったのは、PDAを持っていたからでした。PCのデータは閲覧できるし、音楽・映像もOK、レコーダーでもあり、GPSをつないで、簡易カーナビにもなったので便利に使ってました。
 PDAもすたれちゃいました。今だったらスマホを買ってたでしょうけど、家にいてPCが常にあればスマホはいらないんです。
 mirachさん、スマホを使うべきですよ。持っていればスマホ用の音源比較アプリづくりに挑戦していたことでしょう。

投稿: snob | 2012年11月22日 (木) 00時00分

 昔はウォークマンに落語を入れて電車の中で聴いたりしてましたが、どうしても笑ってしまうので具合が悪い。落語は寝ながら聴くのが一番です。いろんな事をしながら聴くと落語に集中できないので、目をつぶって昼寝しながら聴く事が多いです。

 ブログ以前にHPで落語の記事を書いていた頃は、同じ落語を連続して五回くらい聴いて完全にすべての用語を聴き取ってました。だから、落語ドレミファドンなら誰にも負けない自信はあります。判別が可能な部分なら、30秒も聴かないで演題は判ります(^ω^)

 昔誰かがやっていたマクラで、世界中の小噺に番号を付けて、何番! と云っただけで笑うってのがありました。

投稿: 藪井竹庵 | 2012年11月23日 (金) 19時49分

 今日も車内で落語を聞いていて、つい顔がゆるんでしまいました。傍から見るときっと怪しいんだろうなぁ。でももうどう見られたっていいや、と。
 寝ながら落語を聞いて、そのまま落ちちゃうのはしょっちゅうです。

投稿: snob | 2012年11月23日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外に出るときは落語を持って出よう:

« 筆記体 | トップページ | 落語の参考書 »