« 千字寄席(PHP研究所) | トップページ | たばこと塩の博物館 »

2012年12月 1日 (土)

幕末太陽傳が放送

 図書館から帰って、TVをつけたら、スカパーが無料の日(毎月1日)で、「幕末太陽傳(リマスター)」をスクランブルなしでやっていたので、ついつい見てしまいました。左下に「表示消去の手続き」の表示がでてうるさいので、B-CASカードを抜かなければなりませんでしたが、また楽しめました。

 今日は、いつも見に行っているブログのプロフィール欄からYoutubeの映画の映像にジャンプしました。良き時代のハリウッド映画の、佳品で、子供のころサントラLPを買って楽しんでいた、「5つの銅貨」の映像だったのです。

 DVDの時代に折に触れては、探したのですが、ずっと市販されずにいましたが、今度検索をかけると、先月に発売になっているではありませんか。
 いまやDVDも千円あまり、今日は映像に縁のある日でした。

|

« 千字寄席(PHP研究所) | トップページ | たばこと塩の博物館 »

コメント

「5つの銅貨」は、映画もジャズも全く分からなかった中学生の頃、何気なしに見ていたテレビで見て感銘を受けた作品です。この時代のジャズ奏者の伝記映画といえば他に「ベニー・グッドマン物語」「グレン・ミラー物語」がありますが、いずれも秀作です。1960年代なると混迷期に入るアメリカですが、その直前のキラリと輝く時期だったと思います。youtubeでダニー・ケイの歌う主題歌を久々に聴いてみましたがやはり素晴らしいですね。

投稿: mirach | 2012年12月 1日 (土) 19時57分

見てジャンプしたのは藪先生のプロフィールからでした。

この年代のハリウッド映画の歌詞は、学校文法的にとても正しくて、中高生にも分かりやすいものでした。
在職中にDVDが出ていたら、授業の一環で見せていたかもしれません。

投稿: snob | 2012年12月 1日 (土) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕末太陽傳が放送:

« 千字寄席(PHP研究所) | トップページ | たばこと塩の博物館 »