« 江戸のおせち | トップページ | 柳島妙見堂 »

2013年1月 3日 (木)

江戸東京博物館 企画展

 いやー正月早々、おなかを壊しちゃいました。だから昨日は一日動かず、今日江戸博の無料公開に行ってきました。通常展だけだったら先月見たばかりなので必要ないとおもってましたが、入ってみてびっくり。

 日本橋を渡る前に琴の演奏がありました。橋の上から芝居小屋を見下ろすと、そのまえにからくり人形が並んでいます。一日3回の実演があるので、欄干にもたれて待ちました。儀衛門の茶運び人形、弓射り童子、文字書き人形などおなじみのからくりをじかに見られました。
 また、橋を渡った江戸ゾーンには町人(お店のおかみ・町娘・芸者・火消しなど)がうろうろしていて、会ってスタンプを集めると、次回の割引券(100円分)がもらえるラリーもやってました。
 今回の目的の企画点は、忠臣蔵の描いた浮世絵でした。義士銘々を描いたものを何種類か。最後に山崎街道の起こし絵が組み立てられて展示されてました。定九郎は仲蔵以降の型でした。

 通常展は頻繁に行くものじゃないですけど、これなら毎年無料展にいってもいいなぁ。

Edohaku_ny

|

« 江戸のおせち | トップページ | 柳島妙見堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京博物館 企画展:

« 江戸のおせち | トップページ | 柳島妙見堂 »