« 五代目柳家小さん 落語傑作選(NHK) | トップページ | 体罰 »

2013年1月12日 (土)

小三治・プロフェッショナル仕事の流儀(NHK)

 ドキュメンタリーですが、部分的にいくつもの高座が垣間見ることのできるDVDです。以前に放送は録画して持っていたのですが、うちはアナログTVの時代だったのでフルサイズでみたいな、と思って探しました。NHKのドキュメンタリーは結構な数の図書館に入っているのですが、この小三治の回は下の数点しか見つかりませんでした。

 台東区・豊島区・港区・あきる野市、埼玉県立・さいたま市、匝瑳市

Prokosanji

 内容は、小さんに「面白くない」と否定されたことをバネに、落語の面白さを追求して自然体に行きついた。そして持病を抱えながら、夏の池袋演芸場の定演に臨むというものです。

 MCの脳科学者・茂木さんはほとんど落語の事情を知らないと見えて、蕎麦喰いの仕草を見せてくれだの、隠居や若旦那の演じ分けをやってくれだの、見ていてあまり気分の良くない番組でした。
 小三治が、(年のせいか)以前できていた噺がだんだんできなくなって、どうしたらよいかと聞いているのに、脳科学者が答えをはぐらかしたのが残念でした。
 「練習しなさい」(しか答えはないと思いますが)、とでも言ってくれ、誰だって衰えるのですから、あの小三治が補うべくもっと練習すれば(それはそれで常人を超えた努力になるでしょうけど)、寄席や落語会でもっともっと多彩な噺を聞くことができたんじゃないかと、放送の時に歯噛みをしながら見てました。
 少なくとも噺が減らないで済めば…。今の演目はどうも決まったものになっている気がしますから。

|

« 五代目柳家小さん 落語傑作選(NHK) | トップページ | 体罰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小三治・プロフェッショナル仕事の流儀(NHK):

« 五代目柳家小さん 落語傑作選(NHK) | トップページ | 体罰 »