« 年明けの誤り | トップページ | 地図塗り分けのVBA »

2013年1月17日 (木)

値段と生産量

 年が変わって受動態の指導を始めましたが、並行して比較表現も深めています。moreのための、もう定番となったネタばかりなのですが、いまも子供たちにウケたのは、値段比べです。ネットから採った写真をみて、どれが高いか英語で言うのです。教科書では出てこないexpensiveを使うことになりますが、私はこういう単語こそ日常にあうものだと考えて導入します。
 まず、高級チョコ。子供たちは見たことがありませんから色とデザインで自分の考えを決めます。この自分の考えを言うことが私の授業の骨子です。次は指輪とペンダントの宝飾品。宝石店のサイトから写真をお借りしますが、商売上とても美しい写真です。こどもの思いがけない値段がうれしい。そして回らない寿司。大トロが高いという知識はありますが、活けクルマエビがそれに勝るのは意外です。最後は数年前なら身近であったはずの駄菓子を見せると自信たっぷりに the most expensive を使います。値段を覚えてますか?
Dagasi

 more, most を長めの形容詞と組み合わせてばかりだと、本来の”多い”という意味での比較ができないままです。
 そこで用意してあるのは、ちょっとお堅いですが、県別の農作物生産量です。小学校の社会科ではわりととりあつかうんですが、中学校ではあまり重視されません。左ペインに並んだ野菜をクリックすると右ペインに5位までの県が数値・グラフと一緒に表示されます。英文は Fukushima grows the most peaches. のようになりますが、子供たちはかすかに残った記憶をたどって熱心に答えようとします。米の生産は新潟というアテが外れて、北海道が一番だったりするのです。
 次回に続きをやるというと、調べてくるという反応も返ってきました。

 これはマズい。
Products

 このフラッシュは現役だった時に作ったもので、もう数年前のものです。グラフと地図を提供しているサイトがあったので、利用したものです。子供が調べてきたらその当時のデータと変わっているかもしれません。
 授業が終わった後、元サイトを探しましたが見つかりません。どうも”事業仕分け”でなくなったようです。
 農水省の公表データをもとに自分でグラフを作らなくてはならないかも。グラフはすぐできますが、ExcelでA1のセルが北海道なら、地図の北海道を赤で自動的に塗ることは可能でしょうか?

|

« 年明けの誤り | トップページ | 地図塗り分けのVBA »

コメント

おやりになりたいことが「EXCELのセルの値によってフラッシュを操作したい」ということなら、私には分かりません。
フラッシュの知識が全く有りませんので。

そうではなくて、地図もEXCELで作って良いのであれば何とかなりそうです。
ぱっと浮かぶアイデアは条件付き書式の機能でなんとかならないか…ということ。
ところが地図をオートシェイプ(図形)で書いて、図形の色を条件付き書式で設定出来れば良いのですが、残念ながら図形に条件付き書式は使えないのです。
(VBAでゴリゴリとコードを書けば似たようなことは出来そうですが)

条件付き書式はセルにしか使えないことが分かれば、セルで地図を描けないか?となります。

ネットで探してみるとセルで描いた日本地図をアップしてくれているサイトが。
http://chie.yakudachidata.com/cpdata/cpi/isikucyouson/%E5%9C%B0%E7%90%86%E3%81%A8%E3%81%8B/EXCEL(%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB)%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E5%9B%B3/

かなり長いURLで正しくコピペ出来ているか心配ですが、Googleでサイトを限定してキーワードを「EXCEL 日本地図」とすれば見つかると思います。

かなり簡略化された地図なので、教材に使えるのか分かりませんが…

各県に県名が入っているので、「セルの値がA1と一致すれば、セルを赤く塗りつぶす」といった要領で条件付き書式を設定すればお望みに近いことが出来るのでは?

※時間が無くて実際には試して無いのです。ごめんなさい。

投稿: nam | 2013年1月17日 (木) 20時44分

 ありがとうございます。記事をアップしてすぐにエクセルにベクトル地図を読み込みました。県をクリックして色を付ける作業をマクロ化してみたら、県の図形に適切な名を付けることで上位5つの県に色づけするVBAはできそうです。
 そうやってできた図とグラフをキャプチャしてフラッシュに貼りつければ目的はなんとか達成できそうです。
 …でもグラフが美しくない…まだ試行錯誤が必要なようです。

投稿: snob | 2013年1月17日 (木) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 値段と生産量:

« 年明けの誤り | トップページ | 地図塗り分けのVBA »