« 長命寺桜餅 | トップページ | 鰻が絶滅 »

2013年1月31日 (木)

三島市立図書館

 老母のお供をして、久々旅に出ました。行先は三島市です。時間があったので、図書館によることにしました。それというのも、歴史のある街なのでもしや落語も、と考えて調べたのです。するとクラウンの廓噺・艶噺集成CDが28点すべてそろっているではないですか。都内でも府中市に26枚あるのが最高なので、これは珍しい。何しろ、圓生率が60の図書館です。

 市外の人間、旅行者であっても視聴をさせてくれる図書館は多いので、心配しないで入館しました。1階が図書、2階に視聴覚の立派な施設です。試聴をお願いしたら、カードを作るか聞かれました。東京・埼玉には住所を問わずにカードを作ってくれる場所はあります。
 まさか?と思いましたが、三島には三島の事情があるようです。会社が近隣で単身赴任で住民票を移していない住民にも貸し出しカードを作るのだそうです。
 旅行者であるので該当しませんでしたが、利用者の便を図ろうとするのは良いことです。以前にカセットで聞いて音が劣化していた作品を視聴させてもらいました。時間があればもっと聞いていたかったです。
Mishimalib

 ちなみに家族への土産は「三島コロッケ」を買って夕食にしました。

|

« 長命寺桜餅 | トップページ | 鰻が絶滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三島市立図書館:

« 長命寺桜餅 | トップページ | 鰻が絶滅 »