« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

金馬 名演集(ソニー)

 金馬のレコードは、文京区が貸出するだけです。全10枚。この中でCD化されていないのは、「くしゃみ講釈(1)、高田馬場・子ほめ(2)、雛鍔(4)、お化け長屋(5)、節分(6)、居酒屋・歳暮廻し(9)、付き馬(10)」です。

 「節分」は聞きなれないですが、「狂歌家主」です。噺家のうちに設定して、そのために節分の日に掛取りが来ます。サゲは”福は内(ふぐは口)”。他にコロムビアから異音源がありますね。
 「歳暮廻し」は新作で、登場人物に”ケチ田さん”がでてくるところが安っぽい。パチンコの景品を歳暮に廻す噺。現代でも継承されているらしい。このLPの他の音源がありません。

 録音の質は良いですが、ところどころスクラッチノイズが入るのは埃のせいかもしれません。本当は水洗いしてしまえばかなり改善するのでしょうが、自分のものではないのでそのまま聞きました。

 ソニーの未CD音源は実はもっとあって、全20巻のLP「三代目三遊亭金馬」に収められています。こちらのLPは東京都立中央図書館に存在を確認しているのですが、まだ聞きに行っていません。+1枚、特典盤にSP復刻もある立派なものです。
 レコードについての記事は見切り発車してしましましたが、いつか訪問してちゃんと聞いてレポートしたいです。

 というわけでこのLP「名演集」はそのサブセットの位置づけなのでしょう。都立図書館は貸し出しませんから、ゆっくり聞けるありがたい蔵書です。

 さて、文京区で検索をかけるとLP9枚しかヒットしません。ところが、レコード室に行ってみるとちゃんと10枚そろっていたのです。検索システムへの登録が、他社でされていたのでした。他館へのリクエスト・移送だったら気付かなかったでしょう。
 返却したときに申し出て、いちど検索リストから消えたはずですが、今に至るまで戻っていないようです。いつか再確認してみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

カバー・ソング

 何cm長い、といういい方は、少し戸惑っていましたが、子供が助力なしで、A is 5cm longer than B. ということができました。ちょっとあてずっぽう気味ではありましたけど。次は期末試験が終わってからn倍の表現を教えます。

 受動態では、小説家と小説(written)に続いて、カバー・ソングでsungを練習しました。小説には国語の教科書を参考にして、例えば「走れメロス」>太宰をはじめとして、漱石・宮沢賢治・芥川龍之介・金子みすず・村上龍なんかを設定しましたが、子供たちはこれがわからない。ラノベから選ぶべきでした。
 曲は、カバー・アーティストが多いことを基準に「いとしのエリー」を選び、谷村新司やスガシカオ、エグザイル、石井達也、前川清、福山雅治などの歌からワンフレーズだけ取り出して聞かせました。で、声でわかれば喜んで is sung by ...をいってくれるだろうという目論見です。
 しかし、これがまたわからない。「エリー」自体30年以上前の歌ですが、新しい曲ではカバー・アーティストが少ないので選びました。
 子供たちがかろうじて反応したのはエグザイルと福山くらいでした。

 次世代の生徒たちで使える活動にするには、もっと新しい曲を探す必要がありそうです。カラオケも行かない人なので、古くなくって新しい人のカバーが多いのはないですかねぇ。

 こんどはハードルを低くして、アニメキャラと声優でやってみますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

柳田格之進(4)

 先月、「柳田格之進」の原話として囲碁の棋譜と逸話を集めた本「爛柯堂棋話」を記事にしました。集めた本というからには元があるわけです。
 復帰した2chで質問を投げかけたところ、「雲萍雑志(うんぴょうざっし)」という本を紹介していただきました。

 世界大百科によると、”江戸後期の随筆。柳沢淇園(きえん)著。1843年(天保14)刊。4巻4冊。淇園は郡山藩の重臣であって,その20巻余の自筆本を,大坂の木村蒹葭堂(けんかどう)が1796年(寛政8)に入手し,これを桃花園中山某が校訂し《雲萍雑志》と題し,江戸の書肆が請いもとめて刊行したもの”だとのこと。さきの「爛柯堂棋話」が1849年ですから、出版はその6年前、書かれたのはさらに50年さかのぼるとすると、ここから来た可能性はありますね。

 もちろん私は崩し字の読めない人なので、図書館で借りたのは、岩波文庫(1936年)の読み下し文です。息の長い本で1987年に7版を数えています。”岩波文庫創刊60周年記念 リクエスト復刊”の帯がかかっていました。
Unpyo

 また、埼玉県立図書館が、原本をデジタルライブラリーにおいてPDFで公開しています。
Unpyooriginal

※前回の(2)で、「娘のほうも身請けを断った」という内容の現代文にしてしまいましたが、「娘が身請けも…」という原文なので、「娘の身請けも(父親が)断った」が正しいようです。前記事も修正しておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

スキー教室

 青森県で、歴代最高積雪というニュース映像には、雪に慣れ親しんだ者にとってもおどろきでした(酸ケ湯で515㎝)。北海道でも各地で大雪だそうです。

 スキー人口が減少の一途をたどっていたのが、ちょっぴり歯止めがかかったといいます。それでも今後の少子化を考えると安定はしないようですが。
 そこで思い出したのが、ちょうど20年前に初めて中学校でスキー教室を始めたことです。それまでは、学校の旅行行事といえば林間学校でした。群馬・長野などに宿を取り、登山がメインの活動です。登頂した時の満足感は大きいですが、疲労も半端ない。その夜は子供たちは泥のように眠ったものです。

 そのぶん、1日目のイベントには苦労しました。朝学校をバスで出て昼につく。1日目には登山はできません。宿と相談して施設を構え、飯盒炊爨をするようになりました。
 問題は天気でした。雨天でも調理できる屋根つきの炊事場が必要になります。それでも夜のキャンプファイヤーやメインの登山は雨では不可能でした。山での雨傘番組は選択肢がありません。何もすることがなく、留め置いたバスを使って、草津の熱帯園にでかけたり、郷土博物館に足を延ばしたこともありますが…

 私たちの世代の教員はスキー世代です。仲間と一緒によくでかけて自力で身に着けました。そこで目を付けたのが、よほどの猛吹雪でなければ天候が悪くてもできるスキー教室です。ゲレンデで関西の高校がスキー修学旅行に来ているのによく出会ってました。当時の校長世代には絶対反対の人もいましたが、数年かけて行事を変更しました。

 1日目から生徒たちは慣れないスキーを履いて四苦八苦。しかし、スキーの指導はレッスンプロが行ってくれますので、3日目には初心者が曲がりなりにもボーゲンで滑れるようになる。その達成感は登山の比ではありません。子供たちの感想も上々でした。
 なにより事故の可能性が格段に低い。やはり夜は物音ひとつせず眠ってくれます。
 その後、スキー教室を取り入れる中学校は爆発的に増えました。

 その子たちが今は親。家族を連れてスキー場に出かけているのもいるはずです。もしかしたら増えたスキー人口(スノボを含む)に影響を与えたのかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

桂文落名演集(ソニー)

 文京区小石川図書館には、他にも文楽のレコードがあります。タイトルがポニーの現行CDとかぶっています。
 この中にもCD未収録の高座が収録されているのです。全巻揃いではなく、1・2・3・5・10巻ととびとびに残っているだけなのですが、「明烏・王子の幇間・心眼・松山鏡・夢の酒・穴泥」と各巻に散っているので、LP5巻とも必要です。
 どれも音質が良かったとメモに記しています。

 欠巻がなければ、「寝床」などいくつかを聞くことができたはずです。(国会図書館には全10巻が揃っています)

Sony_2

 このレコード室にはキングや東芝のものなど何枚か文楽のレコードはありますが、そちらはCDとして発売されているものばかりになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

教育と体罰(2)

 録音した演芸番組を電車の中で聞いていたら、漫談に「雀の学校」がでてきました。すっかり歌詞は頭から抜けていましたが、”鞭をふりふりチイパッパ”は体罰だというクスグリです。この鞭は教鞭のことだそうです。
 二十数年教鞭をとった私も教鞭って見たことがありません。

 教育とはなにも学校の場だけで行われるものではありません。職業の場でもプロフェッショナルになるためにという理由で、かつて暴力は振るわれました。徒弟制度の中ではげんこつで叱られるのは通常だったそうです。調理の世界にもちょっと調べただけで、ちょっと前は「毎日、殴られ蹴られた」といった話がごろごろしてます。
 もちろん全部じゃありませんが、お稽古事だって、昔は体罰で仕込んでました。文楽の「あばらかべっそん」には、間違ったときに煙管でたたくおばあさんの思い出が綴られています。

 そういう環境も当然、時代の変化に応じて、暴力を排除していきます。

 残っているのが、スポーツの育成。大阪の高校の事件以前は、スポーツ指導者が「体罰を行う」と公言している例はいくつも見られました。しかも効果的だとしています。プロ野球の監督で鉄拳制裁で知られた人もいます。

 なぜかというと、人間は暴力にはすこぶる弱いからです。反社会勢力はその力を暴力に依存します。どんな国家も国内向けには警察機構という実力行使期間を持ちます。国際関係でも最終手段としてどの国も兵器を常備しています。

 だから、体罰で技術が上がることはあり得ないにもかかわらず、行われるのは、モチベーションが下がった選手に、一見そうじゃない姿勢を取らせることが簡単にできます。図らずも柔道のヤワラちゃんが、体罰指導はなかったといっていましたが、トップレベルの選手にそれがないのは、自分でモチベーションを保っているからです。

 結果が出なかったとき・レベルの低い時・初心者など、簡単にモチベーションが下がります。それを、話し合いで高めるのはとても難しい。そして時間がかかります。短絡的に体罰指導をしてうまくいくことだってあります。
 そのたまたまの成功体験は、自らが指導者となったときに繰り返されるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

志ん生 落語特選(キング)

 志ん生の新しい音源は、もう世に出ないでしょうか。もしかすると残っているのは、病後のものしかないのかもしれませんね。

 でも一番人気なのか、CD化されていない既存音源はほとんどありません。このLP「落語特選」は文京区小石川図書館に、金馬・米朝・小さん・春団治などとともに志ん生が2枚ラインナップされています。記録されているレコード番号を見るとこのシリーズも抜けが多いことがわかります。
 この志ん生の2枚には、「ふたなり」だけ未CDで取り残されました。「塩原助~四つ目小町」「茶金」のほうは、一昨年同じキングの「昭和の名人」シリーズに加わったので、不要となりました。傷があるのでしょう、途中にスクラッチノイズが入ります。これもCDに入れてほしかったなぁ。
 
 コロムビアからの「ふたなり」も同じ音源だそうですが、そちらは冒頭~猫なで声の舅の小咄までカットされているようです。(by落語はろー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

散歩番組で雪の大名庭園

 ずいぶん前から、宿や風景・習俗を紹介する紀行番組ではない、もうちょっとテーマ性のない散歩番組が増えてきました。

 散歩ではないですが、そんな目線のある「アド街ック天国」は初回から見ているはずです。

 古くは「元祖でぶや」、「ぶらり途中下車の旅」や亡くなってしまった「ちい散歩」と後継の「ゆうゆう散歩」、「通りの達人」「モヤモヤさまぁ~ず2」「正直さんぽ」などを定期的に見ています。中にはその情報から、青森でフジツボを食べる、九州でイソギンチャクやヒトデを食べるなど授業の小ネタとして使ったものがあります。

 最近になって、「TOKIO散歩」という土曜の朝番組のコーナーも見るようになりました。ロバート・キャンベルがガイドに加わるときに、このところ東京の庭園をめぐることが増えてます。さすがにキャンベルさんで、自前の江戸関連の情報を入れてきます。

 今朝は「小石川後楽園」を訪問していました。秋に行ったばかりですから興味深く視聴しました。ロケが大雪となった先月14日で、そのあとすぐ放送された「増上寺から芝離宮庭園」と二本撮りのようで、雪の大名庭園という珍しい光景を短期間に見せてくれました。
Tokiosanpo

 雪だと背景のビルもかすんで、100年以上前の景色がよみがえるようでした。

 そして、番組ではこのあと、ゲストにちなんで八丁堀に移動しましたが、キャンベル先生が切絵図よりもっと細かい、同心の個人名まで記載された珍しい資料を出してくれました。
Tokiosanpo2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

文楽・小さん 落語名人全集(ソニー)

 プレーヤーが使えるようになったのを記念して、図書館の落語LPについてまとめてしまいましょう。いまやLPを置いてある図書館も限られているし、多くはCD化されていて、数回でまとめ終わるでしょう。すでに、志ん朝・柳橋のレコードを1枚ずつ、それに筑摩書房のソノシート付き「古典落語」全集についての記事は済んでいます。

 今回はCD化から漏れたレコード音源のうち、CBSソニーの「落語名人全集」から文楽と小さんの2枚です。
 もちろん国会図書館にも7巻そろっているのですが、内容が演者をふくめて記載がありません。
 落語の商品はタイトルがどうしても似通ってしまいます。”古典”や”名作”・”名人”・”江戸”などの限られた言葉に組み合わせになります。このタイトルで多くの図書館にあるのはジェイ・ミュージックの廉価版CDです。

 八王子市立中央図書館に3種4巻あって、第5巻が文楽、第6巻が三木助、第7巻が小さんであることがわかります。1巻にレコードが3枚。このうち文楽・小さんが未CDなので、ぜひ聞いておかなければなりません。
 ところが、八王子市のレコードは市民にも貸し出ししません。館内の聴取のみです。係員が内部で再生して、椅子のジャックにヘッドフォンを指して聞き取ります。ここでは文楽をきかせていただきました。「愛宕山・素人鰻・船徳・富久・締め込み・尿瓶」と3枚組だけあって充実していました。

 小さんの巻だけ、新宿区立中央図書館にありましたので、これは借りて聞きました。「うどん屋・お化け長屋・三人無筆・湯屋番・子別れ(中)・粗忽長屋」ですが、音質が悪かった。のちにCD化されなかったのはそのせいかなと思いました。
 子別れが(中)だけ独立して収録されるのは珍しいですね。弟子のさん喬はその流れを引き継いだのでしょうか、「浮名のお勝」と題をつけてます。
Meijinzen7

 プレス代を投入してCDとして商品化するのが難しいのなら、こういう音源もソニーはダウンロード販売をしてほしいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

レコードプレーヤーの復活

 アンプが壊れたために、使用できなくなっていたレコードプレーヤー。先日フォノイコライザー内蔵のUSBオーディオキャプチャーを購入しました。2機種検討しましたが、プレーヤーのアース端子をつなげるので、IO-DATA機器のAD-USBというものにしました。
Adusbbox

 この機器はWindows7対応なのですが、32bitまでです。私は7(62bit)を2台常用して、外出用にXPノートを使っています。プレーヤー自体があとどれくらいもつか、XPマシンがいつ壊れるか、その兼ね合いです。レコードをいつまで使うかを考えると間に合うという判断です。

 だから64bitWindos7で使えるかどうかを人柱になることにしました。
 2010年発売でOSの動作保証をしていないけど、メーカーは「ウィンドウズ標準ドライバ」で動作としてあるからには64bitでも?

 そんな意気込みを裏切るように、64bitマシンにつないでみまるとあっさり認識し、”IO-DATA AD-USB”というオーディオポートが加わりました。プレーヤーからの出力とアースをつないで、手持ちのソフトでしっかり録音できます。
 これで、可楽の「悋気の見本」のレコードが新宿区にあることも思い出したので、借りて聞くこともできるようになりました。

 もしかすると、付属の録音・編集ソフトが32bit専用なのかもしれませんが、インストールしないので、これで、XPの寿命を超えてプレーヤーが使えることになりました。ただし、対応はMMカートリッジだけです。あと、私の環境だけかもしれないことはご留意ください。

 Jasracに留意して、10秒だけレコードから64bitWin7でキャプチャした音を載せます。

 <<おまけ>>
Photo

 さて、この機器を見ると、本体に出力端子がついています。USBケーブルで電源を取るとして、中のアンプにはドライバは必要なはずがありません。PCから離して、USBに充電するACアダプタから給電すると、ヘッドフォンでレコードの音を聞くことができました。つまり今式のフォノ入力なしのアンプでもプレーヤーがつなげるというわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

確率のちがい

 受動態の学習を続けながら、比較表現もだらだらと続いています。基礎的なことは教えたし、使えるようになっているはずですが、足りないことがたくさんあるんです。

 例えば、学校では5cm長い・10g重いというごく普通に使う表現を学習しません。2倍の長さとかもです。
 だから実際に目ではからせて長さの差を言わせます。説明だけで済ませるなんてもったいない。説明の前に言わせてみましょう。偶然正しくいえる子がでるかもしれません。

 基本的なことも、like better のbetterは、質問の時に落ちやすいです。日本語から考えたら、Which do you like, A or B? でいいような気になります。実際には今回の1年生の教科書にはその質問文での会話もあります。これだと、一方を好きでもう一方は嫌い、というニュアンスがにじみます。だから2年生では、何度か間違えても定着するまで使わせます。

 more expensive も日常でよく使うので、教科書に出ないけど何度か取り上げます。子供はすぐに忘れて、意味とルールを教えただけでは不足するのを実感します。
 テレビでバラエティを見て…再三で申しわけないですが…、次の授業で使ってみようと気付いたものがありました。バラエティ制作チームの発想は侮れません。映像ごと使わせてもらうことにします。
 「裁判員に選ばれる確率」と「プロゴルファーがホールインワンをだす確率」どちらが高いかなどと、私が思いもよらない確率を組み合わせて、ひな壇回答者に選ばせてました。難しいからA・Bでいいでしょう。まわりに中高生がいたら既知の英語をつかって言えるかどうか試してください。

 私はつい、A happens oftener than B. と俗語にしちゃいましたが、正しくは more oftenですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

湯島天神

 湯島に行きました。可楽の残りと、なんと行っても柳枝のCDを借りるためです。今回は図書館3つをめぐって柳枝のほとんどを入手しました。
 いつも行かない湯島図書館にリクエストを集めたのは、墨田区から自転車で移動するからです。蔵前橋を渡って、同じ名前の通りをまっすぐ進めばよいのです。
 ただし、湯島は本郷台地のはずれに位置するので、最後にゆるく長い清水坂があります。ギアを変え、息絶え絶えに登りきりました。清水坂上を少し入ったところに文京区の施設の4階に図書館はあります。体温があがり、ウォータークーラーを探したけれどここには備えてありませんでした。

 用事を済まし、近くの湯島天神に行きました。8日から梅祭りが始まったと教えていただいたからです。隣のサッカーミュージアムを越え、右に曲がって三組坂上交差点を左に曲がる。坂上から坂上へ移動しますが、一度谷に下ります。台地のはずれで輪郭が入り組んでいます。
 三組坂は先ほどの坂と違って、短く急です。見下ろすと崖の上というのがよくわかります。すぐ先にもう湯島天神が見えます。広重江戸百景に、鳥居から不忍池を見通す図があります。今はビルに囲まれていますが、その時代の眺望はすばらしいものだったでしょう。

 休日で、梅祭りの人出はなかなかのものでした。本殿までの参道には二十数件の屋台が埋めています。肝心の梅は見ごろまであと二週間ほどだそうです。代わりに合格祈願の絵馬が花盛りでした。医師免許、慶応大学、司法試験、上尾鷹の台高校・・・。境内には地元の老舗の出店、モヤさまか何かで見た電動ミニ獅子舞が引くおみくじ。携帯を充電でおいてきたので写真を撮れませんでした。

 帰りは上野に向かうので別の道です。急坂はノーブレーキで下るのは不可能でした。
 ヨドバシから修理に出したプロジェクターの修理完了の連絡がありました。購入後1年1ヶ月で基盤交換、タイマー発動でしたが、メーカーが気を利かせて無料でした。感謝。うれしくなってフォノアンプつきUSBオーディオキャプチャを買いました。帰宅して試すのが楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

地球の食卓

 テレビを見て、授業で使えるねたが見つかると得をした気になります。だからバラエティもゴシップねたの番組よりは情報系のほうがあたりになりやすい。
 録画した番組を見ていたら、「地球の食卓」(TOTO出版・2006)という本がとりあげられました。
Us Japan Chad

 記事と共にこのような写真が載っています。ここに写っているのは、各国の1週間分の食料です。左からアメリカ・日本・チャドです。日本で魚が多いのも、アメリカで冷凍食品が多く占めていることもわかります。そして、チャドの食材との差が地球の現状を一目で理解させてくれます。24カ国が取り上げられているそうです。
 英語の授業では日本語で外国の実情を説明して英語にするのでなく、画像を見せたいと常々考えていますが、テレビ番組でそれが見つかりました。
 1年生にWe eat fish.とかAmerican people don't eat ...などのように使えそうです。1週間分の食費も載っているので、また別にも。

 この本は各地の図書館で見つかりましたので、早速予約を入れました。

 江戸川区だけは英語の原書を持っているので、それを使ってみたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

可楽 花形落語特選~落語の蔵~(テイチク)

 なんだかバタバタしてしまいましたが、可楽「悋気の見本」について、決着がつきました。問い合わせとアドバイスをきっかけに、まだ借りていなかったテイチクの落語の蔵CDを確認したところ、この音源はノーカットであることがわかりました。このシリーズ、可楽はすべて重複かと思って一部分しか借りてもいないし、記事にもしませんでした。

 エニー全集版のカット部分は”落語はろー”にある通りの冒頭の一言。その他に、2か所、言いよどんだ部分が欠けています。テイチクのが完全版ですね。ダウンロード販売が同一か保証はできませんが、購入は中止でいいでしょう。レコードも確認の必要性は低くなりました。

 ブログで紹介いただいた音源は別なカットが入っているので、また別物ということになります。文楽もよくやっていた、女は嫌いだが女房は好きだというくだりが省かれています。おそらくは時間制約のあった放送音源なのではないでしょうか。

 となると、テイチクの音源は他にもノーカットがあるかもしれません。とりあえず今日借りてきただけを比べてみました。可楽の音源は短いのばかりでこういう時助かります。「芝浜」では、「三年前、芝の浜でひろ、拾ってきた」と、言い間違いが残っていました。この程度なのでどっちでも。
 「品川心中」はポリドール版にカットが見つかりました。品川の説明で「吉原ほど結構な花魁はいませんで、…女がおりました」など3か所です。エニー全集版には間を詰めた個所がありました。詰まった言葉のカットも2か所あります。

 この後さらに見つかれば、遠くないうちにこの記事に追加するつもりです。
Rinki

 可楽のCDは8枚ありますが、該当音源を持つのは、北区・品川区・文京区・新宿区・千代田区・港区・羽村市、さいたま市・伊奈町です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

教育と体罰(1)

 大阪の高校体育科を始まりに、いろいろな学校、果ては柔道日本女子代表など体罰が思い出したようにクローズアップされています。

 私は既に傍観者であるのに、これはまた困った状況になったなと思いました。教育現場がまた萎縮するからです。
 よく、学校しか世の中を知らないのに、と教師が批判されることがあります。でも世の中のすべてを経験した人というのはあり得ない。同じように外部の人は学校の中を、生徒でいたにもかかわらず知らないのです。

 こういう書き出しだと誤解を受けるかもしれないので、あらかじめ書いておきますが、教育の場から一切の暴力はなくなるべきです。今はそこへ向かっている過程かもしれません。できるだけ早くそういう社会を実現できるといいですね。

 なぜ、指導の場に暴力があるのか。遠回りしつつも考えたいと思います。

 日本は遅れているのは間違いありません。英語のことわざにSpare the rod, spoil the children. というのがあります。欧米でもかつては教師は、鞭を教室に持ち込み、罰を与えていました。彼らはそれを先に卒業したのでしょう。

 人間が文明を発達させえたのは、おばあさんの存在だったといいます。動物にしては異例の長寿命を持つ人類は、生殖と生産の役割を終えた人が、知識を伝えたり育児の補助をしたことで子どもが増えたそうです(NHKスペシャル)。

 実は”教える”ということは、特殊な技能ではなくて、誰にでもできることです。というか、誰でもしている。幼稚園の集団で5歳児が3歳児にものを教えるシーンはよくあります。わからない子に、わかる子がつい教えてしまうのは普遍的ではないでしょうか。

 うちの塾は、私が英語しか話しません。で、わからないけどわかろうとするのが大切だよと最初に伝えてあります。先に聞き取れるようになった子は、怪訝な顔で私の英語を聞いている子に、訳してしまうことがままあります。それじゃ困るんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

レコードプレーヤー復活の道筋

 いつも行くブログで可楽「悋気の見本」が紹介されていました。これは音源が一つしかないのですが、CDに収録されているものは、冒頭にわずかですがカットがあります。「只今はまた大変綺麗なご婦人でございまして」。この次に「女性てぇものは…」と続くので、寄席か落語会で前の演者から続いていることを、不要部分として抜いてしまいたかったのでしょう。
 しかし、紹介された音源では別の部分に50秒ほどカットがあるので完全ではありません。落語はろーHPで、レコードはノーカットと記載されているのは知ってましたが(この表現は不正確でした。CDにカットがあるとの情報なので、レコードは類推)、”我慢”してました。でも改めて認識させられると、レコードも聞いてみたくなります。該当の可能性のあるレコードが文京区小石川図書館にあります(内容がWEBでは不明)。

 しかし、おととしレコード針を新品にしたレコードプレーヤーは、アンプが壊れてしまって使えないままです。
 対策としては1.アンプを買い替える。2.レコードプレーヤーをフォノアンプ付きに買い替える 
 2は使えるプレーヤーを捨てることになるので、却下。アームの自動リターンモーターは止まってますけど。

 すると1の方法? でもプレーヤー本体に寿命が来たら…
 チューナーも生き返りますが、FMアンテナは撤去予定で不要です。ネットラジオのおかげですね。
 それに聞いてみたい落語レコードは、これから数が増えるとは思えません。1も2も…

 誰かが困っていることは、他にも困っている人がいるということ。

 私は持ってませんが、昨年MDプレーヤー製造停止が決まって、多くのMDディスクを保有している人は困ってるはずです。ヘッドホン端子からダビングでは時間もかかるし、いったんアナログになるのも嫌です。光端子を使う手もありますが、時間は変わりません。

 探してみると、MDをUSB接続でリッピングするMDウォークマンがあったんですね。廃盤ですが、それをレンタルする業者も。6泊7日で3500円なら、連休をフルにつぶせば数百枚のMDも吸い出すことは不可能じゃありません。レンタルなら不要な機械が終了後残らないですしね。

 さて、レコードプレーヤーレンタルを探してみました。6泊7日で2900円であります。しかし、図書館でレコードを探している身としては、突然聞きたいレコードが見つかるかも。

 すると、フォノアンプ内蔵のUSBオーディオキャプチャ―を2機種見つけました。5千円以下ならこのあとプレーヤーが死んでもあまり悲しくないです。
 しかし、ひとつはWindows7 64bitが対応OSに含まれてない。XPマシンはありますが、これだっていつまで持つか。…人柱になろうか、別なほうにしようか。
Phonocap1 Phonocap2

 でもプレーヤー復活のめどは立ちました。まず、図書館で目的のレコードかどうか確認してから決めます。

※2/10追記:新宿区に「悋気の見本」を含むLPがあることがわかりました。って以前に記事にしてました。いつか借りてみたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

MADE IN

 もう2月です。新年から学校や他の塾に先駆けて受動態を教えています。新しいアイディアは生まれてこないので、自分の定番から始めているのですが、今回は教科書の様相が変化していました。

 以前の教科書で最初に示される受動態の例文は、It was written by ...でした。もちろん、「教科書を」教えるのが目的ではなく、「教科書で」教えるわけですから、そんな例文より前にトレーニングしてました。受動態という形式は、動作主の重みが軽いわけですから、私はいつもmade inを初めに示しました。教室で制服やジャージ、カバン、文具、上履きのあちこちに表記があるので、生徒たちは次々に発見して英語で報告してきます。My bag is made in Taiwan.などこれなら日本語に訳す必要はありません。滑らかに言えるようにしてから、~されるという意味を教えます。
 by ...で動作主を表すのはその次の時間です。受動態と能動態の変換は日常生活ではありえないのですが、試験のためにさらにあとに練習します。
 今度の教科書ではそれにそった形になっていました。最初の例文はmade inで、by ...は次のページ。

 だから以前の教材をそのまま流用。それだけでは面白みがないので、次にミカンを配って半分食べさせて、取り戻してThis was eaten. 写真にとっておいて、翌週にはThis orange was eaten by ...と当てさせました。似たような活動ですが、2年前に描かせた絵を保管しておいて、誰に描かれたか was drawn by ...で当てさせました。もちろん今の小学生にもその時のために絵を描かせてとっておいてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

新たな候補

 先日、八代目柳枝の「元犬」を紹介する記事に行き当たりました。その演出では、口入屋の主人が、犬のシロの変身を知っていて身のたつように仕事を紹介するというもので、たしかにそれもいいなと思わせてくれるものでした。

 関係ありませんが、今朝、テレビで孫弟子の春風亭百栄の「弟子の強飯」を聞きました。これは、というか百栄がかもしれませんが、好きな新作です。この人古典もまずくはない。

 柳枝は、語り口が端正で聞きやすいし、 図書館での落語聞き集めがほぼ完了して、次にどうしようかと考えていると、別に次がなくてもいいのですが、柳枝をターゲットにしようかなと思いました。落語はろーのリストで見ると、遺された音源も多くなく、入手不能なものも少ないです。図書館に数回足を運べばほぼコンプは難しくなさそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

鰻が絶滅

 ニホンウナギがレッドリストに載ったそうです。絶滅危惧種ということで早く完全養殖への切り替えを実現しないと、庶民の到底口にできない代物になるかもしれません。

 落語の食べ物も噺のなかだけになってしまったものがたくさんあります。幾代餅やおかめ団子は落語であれだけ宣伝しててもなくなってしまいました。名前だけで、ものはありふれた食べ物だっただと想像します。百川もいまはありません。百川と一緒にペリー饗応の役目を担った八百善も店舗としてはなくなっています。食の多様化・簡便化などの変化に抗しきれなかったのでしょう。
 特定の店舗ではありませんが、目黒のさんまや池田のイノシシは地域のイベントとしてにぎわいますから、残っていれば落語ファンの聖地になったかもしれませんね。

 鰻も文楽の「素人鰻」には、店舗ではなくそこの鰻職人の金がでてきますから、名店だったら前川や伊豆栄もすばらしいでしょうけど、神田川に行けたらなあと思います。
 「鰻の幇間」でも、初めはおいしそうな鰻によだれが出ますが、後半ひどい代物だとあかされても「おいしそう」という記憶が残ります。もしそれが食べられなくなって、マダガスカル産とかばかりになったらさみしい。そうすると鰻という食べ物はもう現実ではないから落語で演じられない、という噺家も出てくるかもしれません。
 深海のダイオウイカの映像もわくわくしましたが、マリアナ付近の深海を解明して、落語世界を少しでも長生きさせてほしいです。

 三島で鰻入り三島コロッケなるものを食べたので写真を撮ればよかった。店のHPからお借りします。
Unagicoro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »