« カバー・ソング | トップページ | 拳(けん) »

2013年2月27日 (水)

金馬 名演集(ソニー)

 金馬のレコードは、文京区が貸出するだけです。全10枚。この中でCD化されていないのは、「くしゃみ講釈(1)、高田馬場・子ほめ(2)、雛鍔(4)、お化け長屋(5)、節分(6)、居酒屋・歳暮廻し(9)、付き馬(10)」です。

 「節分」は聞きなれないですが、「狂歌家主」です。噺家のうちに設定して、そのために節分の日に掛取りが来ます。サゲは”福は内(ふぐは口)”。他にコロムビアから異音源がありますね。
 「歳暮廻し」は新作で、登場人物に”ケチ田さん”がでてくるところが安っぽい。パチンコの景品を歳暮に廻す噺。現代でも継承されているらしい。このLPの他の音源がありません。

 録音の質は良いですが、ところどころスクラッチノイズが入るのは埃のせいかもしれません。本当は水洗いしてしまえばかなり改善するのでしょうが、自分のものではないのでそのまま聞きました。

 ソニーの未CD音源は実はもっとあって、全20巻のLP「三代目三遊亭金馬」に収められています。こちらのLPは東京都立中央図書館に存在を確認しているのですが、まだ聞きに行っていません。+1枚、特典盤にSP復刻もある立派なものです。
 レコードについての記事は見切り発車してしましましたが、いつか訪問してちゃんと聞いてレポートしたいです。

 というわけでこのLP「名演集」はそのサブセットの位置づけなのでしょう。都立図書館は貸し出しませんから、ゆっくり聞けるありがたい蔵書です。

 さて、文京区で検索をかけるとLP9枚しかヒットしません。ところが、レコード室に行ってみるとちゃんと10枚そろっていたのです。検索システムへの登録が、他社でされていたのでした。他館へのリクエスト・移送だったら気付かなかったでしょう。
 返却したときに申し出て、いちど検索リストから消えたはずですが、今に至るまで戻っていないようです。いつか再確認してみましょう。

|

« カバー・ソング | トップページ | 拳(けん) »

コメント

私もブログで書いていますが、ソニーは
金馬のTBS(ラジオ東京時代を含む)音源をほとんど
CDとして発売していません。早期のCD化が望まれます。

投稿: mirach | 2013年2月27日 (水) 01時44分

 CD化はCD化で悩ましいですね。セット販売で重複する不要な音源を買わなければならなかったり。(通販専門で図書館に置かなかったり…)

投稿: snob | 2013年2月27日 (水) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金馬 名演集(ソニー):

« カバー・ソング | トップページ | 拳(けん) »