« 教育と体罰(2) | トップページ | スキー教室 »

2013年2月20日 (水)

桂文落名演集(ソニー)

 文京区小石川図書館には、他にも文楽のレコードがあります。タイトルがポニーの現行CDとかぶっています。
 この中にもCD未収録の高座が収録されているのです。全巻揃いではなく、1・2・3・5・10巻ととびとびに残っているだけなのですが、「明烏・王子の幇間・心眼・松山鏡・夢の酒・穴泥」と各巻に散っているので、LP5巻とも必要です。
 どれも音質が良かったとメモに記しています。

 欠巻がなければ、「寝床」などいくつかを聞くことができたはずです。(国会図書館には全10巻が揃っています)

Sony_2

 このレコード室にはキングや東芝のものなど何枚か文楽のレコードはありますが、そちらはCDとして発売されているものばかりになります。

|

« 教育と体罰(2) | トップページ | スキー教室 »

コメント

 文京区の図書館に分散していたレコードをすべて小石川図書館の二階の右側のレコード室に集めたのですが、CDのコンパクト性に慣れちゃうとなかなかレコードを手にする気になりませんね。いつ見ても部屋に誰もいない。時々備え付けのレコード・プレーヤーで聴いている人がいますが、ほとんどがクラシック音楽ですね。

投稿: 藪井竹庵 | 2013年2月22日 (金) 14時19分

 何度か訪問してるんですけど、確かに人がいない…

 レコードが増産という報道を見ましたが、落語はあり得ないですね。
 でもまだ見落としがあるかもしれませんし、再訪するつもりです。

投稿: snob | 2013年2月22日 (金) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文落名演集(ソニー):

« 教育と体罰(2) | トップページ | スキー教室 »