« 人形町具足屋 | トップページ | 柳田格之進(6・前) »

2013年3月31日 (日)

圓生 首提灯ほか(ソニー) 

 取り上げようと思ったレコードの調査が足りないことがわかって、記事を書くのに、図書館で再び借りるのを待って、ペースが乱れました。
 早咲きの桜も週末までは何とかもって、柔らかな葉が混じってはいるけれど、上野の山は花見客であふれていました。梅はすっかり新緑に変わり、小さな実さえふくらみはじめています。

 圓生が、東横落語会で、期せずして芸術祭文部大臣賞受賞を受賞した音源は、CDが通信販売のセットでソニーから「圓生ライブ名演集」とユーキャンから「ザ・ベリー・ベスト・オブ圓生」で出ています。いつも参照している”落語はろー”の情報によると、両者は微妙に音源がかぶっていて、落語コレクションをしている人には悩ましいセット商品となってます。

 何度も記事にしたように、通販商品は図書館にはめったに入りません。その「首提灯」を含むレコード音源が、例によって文京区小石川図書館レコード室にありますので、そこで聞きましょう。
 ここのは、ソニーのレコード5枚で、シリーズタイトルはありません。圓生・レコード・ソニーで検索すると百席のレコードが多量に検索されますので、埋もれて見つけにくいです。

 それぞれの収録音源は、「塩原助一代記-青の別れ」「緑林門松竹-またかのお関」「操競女学校-お里の伝」「蒟蒻問答・首提灯」「しの字嫌い・くやみ」です。
 このうち、「蒟蒻問答」は、アポロンのテープと同じ音源です。
 昔は、レコードが返却されると貼り付けた返却日付表にスタンプが押されました。それが古くなって透けて見えるデータには1980年の発行とあります。没後すぐですね。そして、「蒟蒻問答・首提灯」のジャケットには、「この二つの噺は仕草が非常に大事な要素となっているので、百席からは外れた。しかし圓生亡き今は、ぜひ記録に残しておきたい」とあります。

 小石川図書館には他にもう1枚、圓生のレコードがあるのですが、これはあとでカセットと一緒に取り上げることにしましょう。

 

|

« 人形町具足屋 | トップページ | 柳田格之進(6・前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圓生 首提灯ほか(ソニー) :

« 人形町具足屋 | トップページ | 柳田格之進(6・前) »