« 林家正蔵はなしの世界(東芝) | トップページ | 江戸の震災 »

2013年3月12日 (火)

落語はろー 祝!柳橋リスト

 落語はろーのページに柳橋のリストが追加になりました。図書館での柳橋探索は、たぶん、数か月前に終わったはずでしたが、リストを参考に見直す必要があります。

 なにしろ、この世の中にこれだけ網羅したリストは世に存在しません。演者と出版社の組み合わせで検索して、どれだけの音源を発見できたことでしょうか。
 おまけに、ラインナップが自分の趣味と一致している、というか、聞き集め対象の噺家が、今回の柳橋で小三治以外そろいました。
 告知だけされて公表されていない柳好と円歌がありますが、柳好はカップリングされて聞いた限りは食指をのばすかもしれません。円歌は声質が好きになれません。
 このラインナップが趣味と一致したというよりも世間にいう”名人”は共通であるという事実の反映でしょう。

 落語ファンに戻ったとき、圓生から始めました。「圓生百席」をまず聞いて、入ってない演目を他のCDで聞けばいいかなくらいに考えてました。ところが「百席」には「百席」なりの価値がありますが、ライブのほうがずっと楽しい演目もあることに気付きました。
 次いで同じライブでも、寄席や放送では制約がかかったり、そのときどきの出来もあることがわかってきました。そうなると必要なのがどんな音源があるのか、です。

 これだけの音源を揃える…私はもとより競うつもりもないし、肩を並べることさえもできないでしょう。でもどこの図書館にあるかを調べると、違う意味で役に立つかもしれません。

 それに今回、柳橋先生が加わったわけです。落語はろーは、私と違って、ラインナップの音源全制覇を目指しておられますから、放送されたっきりで発売されていないものもあります。そういうものも、TBS音源であればラジオ寄席で再放送されるのも待つ楽しみもあります。
 ざっと見た限りで、未知の市販ビデオがいくつかあります。丹念に図書館を当たれば見つけることだってあるかも。

|

« 林家正蔵はなしの世界(東芝) | トップページ | 江戸の震災 »

コメント

今回の資料作成で、snobさんの図書館情報が
役に立ちました。過去の事物を調べるには、やはり
図書館の蓄積されたデータが有用ですね。

一つの作業を終え、次は何をしようかとあれこれ
考えを巡らせています。

投稿: mirach | 2013年3月12日 (火) 20時49分

 ここ数年お世話になるまで、図書館のありがたみを知らずにいました。

 今はマンガも大量にあるということも新しい発見でした(「孤独のグルメ」を予約しましたが数か月待ちです)。通俗から学術まで、知を大切にする国であってほしいです。

投稿: snob | 2013年3月14日 (木) 09時33分

 はろーさん。柳橋さんのデータ作りご苦労様でした。
 今後、使う機会がありましたら資料を使わせていただきます。と云うか・・・私は柳橋さんの音源ってあんまり持ってなかったと思います。でも柳橋さんは戦前戦後を通じて東京落語の大御所でしたから、可楽や三木助以上に音源が残っていてもおかしくないはずですよね。

投稿: 藪井竹庵 | 2013年3月17日 (日) 13時32分

 Wikiにある柳橋の晩年はさびしい限りですね。芸もあるところまで行って、早くに経済的に満足してしまった結果でしょう(+合わない入れ歯:by Cavanさん)

 放送にはたくさんかかったはずなので、音源はストックがあると推測しているのですが、売れないでしょうね。

投稿: snob | 2013年3月17日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語はろー 祝!柳橋リスト:

« 林家正蔵はなしの世界(東芝) | トップページ | 江戸の震災 »