« やってる! | トップページ | プレーヤーに機能見落とし »

2013年4月25日 (木)

可楽 落語の蔵(テイチク)

 すぐにやるつもりのことが、多く手を付けてほっといてありました。可楽のCDを借りなおして、重なる音源をチェックするのもそのひとつで、ようやく終わらせました。

 昔の記事をひっくり返すのも面倒ですから、経緯をもう一度書いておくと、「悋気の見本」は、エニーの可楽全集に収められた新作落語です。
 夫が妻にもう少し、妬いてほしい、その焼きもちの見本の夫婦を見に行こう。行くと夫婦げんかが始まるので、よく覚えておきなさい。しかしだんだんエスカレートして奥さんが旦那に食いつくまで行くので、「あれほどには及ばない」。

 文楽の「かんしゃく」や今でも演じられる「堪忍袋」と同じ益田太郎冠者の新作です。他愛のない噺ですが、売れる前の志ん生も演って、その速記が戦前、雑誌に掲載されたのが落語で生活ができるきっかけになったそうです。その速記は、「別冊歴史読本・落語への招待2」に復刻されたのを読んだことがあります。

 冒頭のあいさつの中に、”ただ今はまた大変きれいなご婦人でございまして”と前の演者を受けた言葉が入ったのを削っただけです。ラジオ放送の録音を紹介していただいて、そこで元を聞き、探すと「落語の蔵」の音源には残っていた、というにすぎません。

 全然大したことじゃないですし、単独の話として残すには不要といってよいでしょう。でもCDのカットには、言葉狩りもありましたし、クスグリをバッサリ切っているのもあります。だからとりあえず、テイチク・落語の蔵の全音源を確認してみたというわけです。

 2009年発売、落語の蔵:可楽CDは8枚、24高座ですが、同年にキング「昭和の名人」も出て、すべてが重複音源となりました。だからこの件がなければ扱わなかったでしょう。
 うち、大部分が2006年のエニー「可楽全集」との重複、いくつか過去のコロムビアやポリドールとの重複です。比べてみると、音声レベルがやや高いことに気づきます。
Kurakaraku

 しかし、意味のあるカットは「悋気の見本」のものだけでした。「品川心中」でも”昔”と一単語切ってありましたが、カチン!という雑音と重なっているからです。
 並行再生すると、ずれていくのですが、あとは、「らくだ」で”味秋、いや味覚の秋”、「巌流島」で”その武士をさむ、島に残し”と言い間違えたところや、言葉がつまった箇所、どもり、伸びた間を修正したものばかりでした。
 そんな理由なので、エニーにはそちらにしかない音源もあって欠かせないですから、重要性は下がるといえるでしょう。

 東京では、北区・板橋区・大田区・品川区・新宿区・世田谷区・文京区・港区・稲城市・立川市・八王子市・羽村市です。我孫子市、さいたま市・草加市・伊奈町に数枚あります。

 落語の蔵ウエブサイトで「悋気の見本」はじめ、全24高座を購入もできます。

|

« やってる! | トップページ | プレーヤーに機能見落とし »

コメント

 ちょっと記事とは無関係で恐縮ですが・・・私はもう結構な歳になってますので「驚く」と云うか「目からウロコ」のような事が最近はほとんどないのですが、きょうはありました。

 以前に、ちょこっと図書館のパソコンで在庫を検索した事があったのですが、慣れていなかったと云う事もあり、ソフトの使いにくさにイラついてそれ以来一切検索なんかしなかったのですが、今日は小石川図書館で職員に何度も質問しながら、検索ソフトを徹底マスターして予約も入れました。

 ウチへ帰ってきてからネットで図書館にアクセスすると、自宅からも在庫確認だけでなく予約ができる事を初めて知りました。現代は随分便利になってるんですねぇ。今までそれをまったく知りませんでした(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2013年4月26日 (金) 20時32分

 えー。ちょっと驚きです。あれほど動画編集やブログに長けた方が。
 でもそれをマスターすると落語音源で世界一の文京区の資料がすべてお近くの図書館でご利用できます!
 充実しますよぉ。豊島区、千代田区、新宿区の最寄図書館も自転車でおいでになれるのでは?

投稿: snob | 2013年4月26日 (金) 21時52分

 いつも疑問に思ってたのですが、snob先生はあちこちの自治体の図書館を利用されてますよねぇ。文京区では確か、文京区の居住者か文京区に通勤通学している人しか貸し出しカードを発行しなかったと思うのですが、他の自治体はどうなんですかねぇ? 何かの証明書の提示は求められないのか?

投稿: 藪井竹庵 | 2013年4月27日 (土) 05時57分

 実は、文京区は誰にでもカードを作ってくれるのです。居住者・通勤者・隣接地区が普通なのですが、太っ腹なのです。千代田区・北区・豊島区・荒川区・品川区・中央区も太っ腹です。
 また、カードはなくても館内で聞くだけなら、どこでもOKです。
 あとは通学の息子たちに借りに行かせるところも。返すだけなら私も行きます。

投稿: snob | 2013年4月27日 (土) 08時15分

 詰まらない与太話で恐縮ですが、私はいろんな裏技を考えるのが好きなんです。例えば特定の自治体で貸し出しカードを作れる友人がいた場合、そのID番号とパスワードを教えてもらえば、ネットでその自治体の図書館へ予約を入れる事は可能ですよね。

 ただし、受け取る場合はその自治体の図書館へ行かなくてはならないと云う不便さはありますね。と云う事は北海道にいる友人のIDで借りる事はできても、現物を借りに行ったり返しに行くのは、事実上出来ません。

 できない事を何とかできるように考えるのがイノベーション(技術革新)だと思います。音源や映像はデジタルデータ化してネットで提供する。書籍はデジタル書籍にしてネットで提供する。つまり私が現在ヤフーブログで実験している事は確かに法律に触れるのかも知れませんが、ネット技術の研究目的使用と云う事を考えると、日本の著作権法に書いてある除外事項に該当するのかも知れません。

投稿: 藪井竹庵 | 2013年4月27日 (土) 19時18分

 仮に私が図書館のCD、ネットにあげたとしたら、そしてもしみんなそうやったとすると、図書館のCD貸し出しは制限されてしまうかも。

 だからこのブログで、どこにCDやカセットが置いてあるのか知らせるにとどめています。

投稿: snob | 2013年4月27日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可楽 落語の蔵(テイチク):

« やってる! | トップページ | プレーヤーに機能見落とし »