« 小さん 古典落語集大成(AMON) | トップページ | 完了! »

2013年4月16日 (火)

聞いたことがある歌

 週に1回だけの授業なので、英文のルール・文法を教えることも必要です。しかし、文法を教えても、常に自分に当てはまることがらを英語で言わせる訓練は続けなければなりません。

 イントロクイズをすることにしました。用意したのは幼児にが耳にしたであろう曲。「お弁当の歌」や「バナナの親子」「こぶたぬきつねこ」などを用意しました。

 早いものがちでは、そんなことを言ってるヒマはないので、一人に1曲を割り当てて聞かせ、わかったら"I have heard it."と宣言して答える…

 実際やってみたら、ちょっと考えすぎでした。"I know it."のほうが適切で言いやすい。経験を英語で言わせたいなら、何曲か聞かせて、これを聞いたことがある、これは聞いたことがないというシチュエーションのほうがよかったと思いました。次の学年の子はそうしましょう。

 ポンキッキシリーズが終わってしまったのは痛いです。「納豆をおいしく食べるには」とか「働く車」とかいい曲があったのに、今の小中学生の経験にはまったくないのが残念です。

|

« 小さん 古典落語集大成(AMON) | トップページ | 完了! »

コメント

 昨日の散歩中。白山通りの蓮華寺の並びに、キッズなんとかと云う、英語の幼児教室がありました。どんな事を教えているのかと思って藪さんは開いている窓から中を覗いちゃいました(^ω^)

 先生は、ネイティブな発音の30歳くらいの明らかにメタボな外人男性で、黒板に書いた英単語を指差して何か英語で云ってました。生徒は床に座っている20人くらいの幼稚園へ行く前の幼児でした。その教室では一切日本語は使われてませんでした。日本女性のお姉さんが一人補佐に付いていて、英語だけでは判らない部分を日本語で説明すると云うスタイルだったのかも知れません。

 筆記体で黒板に書いた英単語を指差して幼児に教えると云うやり方には私は疑問を持ちました。でも林檎や犬の絵を指差してアップルとかドッグとか云ってるだけの馬鹿げた授業よりは好感が持てました。外国語なんて学問ではありません。とにかく覚える事が第一です。

 「お腹が空いた」だとか「先生はメタボ」だとかってのを幼児に英語で喋らせる事が、英語学習の最先端だと思います。

投稿: 藪井竹庵 | 2013年4月17日 (水) 11時40分

 英語という教科は、国語社会理科数学と並べて五教科といわれますが、音楽の技能といちばん近いと考えています。体育となるとまた少し離れますが、理論が必要ではあるけれど体で反射的に動けるようにしないと弾けない楽器と同じようかなと。

 そして機械的な訓練では生徒も嫌になる、何より本人がコミュニケーションを楽しめることが一番のモチベーションです。

投稿: snob | 2013年4月17日 (水) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞いたことがある歌:

« 小さん 古典落語集大成(AMON) | トップページ | 完了! »