« 大江戸鳥瞰図(朝日新聞出版) | トップページ | 何しに日本へ »

2013年5月28日 (火)

太郎稲荷神社

 先日、地図も持たずに目指して行き着かなかった浅草の太郎神社に、今度はちゃんと行きました。もちろん落語「ぞろぞろ」の舞台になったところ(江戸で)です。

 もともとは大名屋敷の祭神で、九州柳川のものです。人形町の水天宮と成り立ちは同じですね。違うのは、何度かの流行り廃りをくりかえし、今は路地の片隅にひっそりとたたずんでいることです。
Taroinari

 その大名の別の屋敷にも同じお稲荷さんが祭られていて、そちら御徒町近くにも太郎神社はありますし、分社が亀戸にもあるそうです。

 東京都立図書館のデジタルライブラリに、小林清親の光線画「浅草田甫太郎稲荷」を見ることができます。もちろん今とは全く違って、吉原田んぼの中に太郎稲荷だけが据わっているようです。
 今は建物の間にちんまりしていますが、地元の人には愛されているようです。1本だけご神木なのか立派な木が往時をしのばせます。
 記録によると、1800年ごろに参詣客が行列をなすほど繁盛し、2年ほどでさめた。そして幕末から明治にかけて再び盛って飲食店も立ち並んだけれど、またさびれたとあるそうです。

 その太郎稲荷の盛衰を、上方の「ぞろぞろ」を移植するときに、うまくあてはめたのでしょうか。

 今も各地にパワースポットと称して大勢が集まる社寺があります。落語時代の昔からブームはあり、それがうまく続いたところも、太郎稲荷のようにそうでないところもあるというのが気を引かれます。

|

« 大江戸鳥瞰図(朝日新聞出版) | トップページ | 何しに日本へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太郎稲荷神社:

« 大江戸鳥瞰図(朝日新聞出版) | トップページ | 何しに日本へ »