« 図書館の「重ね地図」 | トップページ | 台東区立図書館 »

2013年6月 9日 (日)

浄閑寺と吉原神社弁天池

 南千住から浅草に向かう途中に三ノ輪があります。国道4号から明治通りに曲がる角、その少し奥に浄閑寺があります。ここは吉原の遊女たちが葬られた場所でした。寺のHPによると、例の安政地震のとき、多くの遊女が逃げ遅れて無縁仏となり、それ以来「投込寺」と呼ばれたとあります。

 「風雲児たち」にも捕縛された高野長英の娘が売られ、安政地震で犠牲となりここの過去帳に記録されたというエピソードがありました。(未検証)

 だから一度来ようと思っていた場所でした。その供養塚を昭和になって立て替えた総慰霊塔は寺本堂の真裏にあります。
Irei_jokanji

 その足で、吉原を抜け、吉原神社に移動しました。廓の中のいくつかの神社を明治になってまとめたものです。さすがに祭神は弁財天。
 すぐ近くに弁天池跡があり、もとあった池には関東大震災で多くの遊女が逃げ場を求めて水に飛び込み圧死・溺死したといいます。
 その供養の観音像が、埋め立てられて縮小された池の跡地に建てられています。
Irei_benten

 梅雨の中休みで、妙に天気がよく時々吹き抜ける風に、供養のためなのかいくつも吊るされた風鈴が音を立てていました。

|

« 図書館の「重ね地図」 | トップページ | 台東区立図書館 »

コメント

 snob先生は十分にマイラー^^じゃないですか(^ω^)

 でも考えてみると、江戸や明治の歴史を辿る時にはその実際の記録として残っている「墓」を調べるのが手っ取り早いですよね。谷中の全生庵の圓朝の墓の右横には何故、初代から四代目の圓生までしか刻印された墓石しか無いのか? とかね(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2013年6月 9日 (日) 14時49分

 寺・神社が比較的そのまま残っているからだと思います。個人のお墓を探して歩くのがマイラーなので。

 今、狙っているのは、芝離宮・戸山公園箱根山訪問と榮太郎のきんつばを食べてやろうということです。

 あと、菖蒲園さんとこも、昔から行こうと思っていながら行ってない場所です。自転車ですぐなんですが…

投稿: snob | 2013年6月 9日 (日) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浄閑寺と吉原神社弁天池:

« 図書館の「重ね地図」 | トップページ | 台東区立図書館 »